本文へジャンプ

シリーズ 認知症“わたし”から始まる
第4回 自分らしく生きよう ―アニメ映画「しわ」が描く当事者の世界―

  • 2013年7月15日(月曜)再放送2013年7月22日(月曜)

放送内容

シリーズ 認知症“わたし”から始まる 第4回 自分らしく生きよう ―アニメ映画「しわ」が描く当事者の世界― の番組まるごとテキストはこちら

  • 認知症のお年寄りたちの姿を描いたアニメ映画「しわ」
  • 画に込めた思いを語るフェレーラス監督
  • 上映会に参加したデイサービス施設「DAYS BLG!」の皆さん

今年6月、厚生労働省の研究班は65歳以上の高齢者のうち認知症の人が2012年時点で462万人、軽度認知障害のある人も含めると862万人いると発表しました。
超高齢社会を迎えた日本。急増する認知症高齢者を支えていくためには、どのような政策が求められるのか、私たち一人一人に何ができるのか、5回にわたるシリーズで考えていきます。

第4回は、認知症をテーマにした話題のアニメーション映画『しわ』を制作したスペインのイグナシオ・フェレーラス監督のトークをお届けします。今回番組では、フェレーラス監督を日本にお招きし、『しわ』の上映会を開きました。会場は、東京・町田市にある、認知症のお年寄りたちが通うデイサービス施設「DAYS BLG!」。認知症の「本人」は何を思い、どのような世界観で暮らしているのでしょうか。フェレーラス監督と上映会に参加した認知症当事者の皆さんが語り合いました。

アニメ映画『しわ』が描く高齢者の姿を通して、認知症になっても、自分らしく生きていくためのヒントを探っていきます。

関連情報

認知症についてのお役立ち情報

●よくある疑問と回答をまとめました。

●相談窓口などの情報

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • イグナシオ・フェレーラスさん(アニメーション映画『しわ』の監督)
  • 赤木 春恵さん(女優)
  • 11月公開予定の映画『ペコロスの母に会いに行く』で認知症の母親役を好演

  • デイサービス施設「DAYS BLG!」の皆さん

カレンダーにもどる