本文へジャンプ

シリーズ 認知症“わたし”から始まる
第3回 検証・オレンジプラン―在宅支援の最前線―

  • 2013年7月3日(水曜)再放送2013年7月10日(水曜)
  • アンコール放送2013年12月25日(水曜)再放送2014年1月8日(水曜)

放送内容

シリーズ 認知症“わたし”から始まる 第3回 検証・オレンジプラン―在宅支援の最前線― の番組まるごとテキストはこちら

  • 認知症の人の在宅支援
  • チームで認知症の人を支える

第3回は、日本で今年からスタートする新たな認知症施策について紹介します。
これまで認知症の人が精神科病院や施設に入らざるをえなかった現状を反省し、「住み慣れた地域で暮らし続ける」ことを目指す計画、通称「オレンジプラン」。そのプランの柱の1つができるだけ認知症の初期から本人の思いに寄り添い、必要な支援を整えていくという「初期集中支援」と呼ばれるものです。

番組では、いち早くモデルとして取り組んでいる東京都世田谷区にあるクリニックに密着。早い段階からさまざまな支援を組み立てることで、暴言や妄想などの「不穏な症状」を抑え、これまで通りの生活を送っている認知症の人の暮らしを見つめながら、その効果と課題を考えていきます。また、現場が感じている課題を通して、どうすればこの取り組みが全国に普及するのか考えます。

関連情報

認知症についてのお役立ち情報

●よくある疑問と回答をまとめました。

●相談窓口などの情報

新しい認知症施策について

認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)

厚生労働省が、今年4月(平成25年度)からスタートさせた新しい認知症施策。
これまで「精神科病院や施設を利用せざるを得なかった」流れを改め、「本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられる社会」の実現を目指します。
計画では全国でモデル事業を5年間かけて展開し、最終的には制度化を目指しています。
プランの柱となるのが、できるだけ早い段階で認知症の人の自宅を訪れて必要な支援を整える「初期集中支援」。
今年度は全国10か所の自治体がモデルとなり、この仕組みが導入されます。

番組内で紹介した取り組み

桜新町アーバンクリニック

国がオレンジプランで目指す“初期集中支援”のモデルとなる取り組みを行っています。

梅丘地域包括支援センター

地域住民の暮らしに関する相談を受けつけ、適切な医療・介護・福祉サービス等へつなげます。
世田谷区には現在、27か所設置されています。
※地域包括支援センターは日本全国にありますので、詳しくはお近くのセンター窓口へお問い合わせください。

池田さんが通うデイサービス「DAYS BLG!」

その日の活動や食事などを本人同士が決めるなど、当事者の思いを最優先した活動を行っています。
住所:東京都町田市金森945-1

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • 遠藤 英俊さん(国立長寿医療研究センター 内科総合診療部長)
  • ※認知症関連の著書:「よくわかる認知症Q&A 知っておきたい最新医療とやさしい介護のコツ」

  • 池田 英材さん
  • 2年前に、若年性アルツハイマー型認知症と診断。(認知症の人のための)デイサービスに通いながら、一人暮らしを続けている。

カレンダーにもどる