本文へジャンプ

シリーズ 発達障害の子どもとともに 第1回「親を支える」

  • 2013年4月1日(月曜)再放送2013年4月8日(月曜)
  • アンコール放送2013年4月13日(土曜)午後3時~3時29分
  • アンコール放送2013年8月12日(月曜)再放送2013年8月19日(月曜)
    /特別編成のため午後1時10分~1時39分

放送内容

シリーズ 発達障害の子どもとともに 第1回「親を支える」 の番組まるごとテキストはこちら

  • 発達障害のある子と母。
    保育園で受け入れてもらえず、家で子どもを見ている
  • 親の悩みに耳を傾ける「ペアレント・メンター」

「我が子に発達障害があると診断されて、かわいいと思えなくなりました」
「何とか普通の子にしようと思って厳しく当たりました」
NHKのウェブサイトには、発達障害の子どもをもつ親から、悩みの声が数多く寄せられています。

「発達障害者支援法」の施行から8年。早期発見・早期支援が謳(うた)われ、「発達障害」という言葉だけは広がりましたが、理解や支援はまだまだ不足しており、そのしわ寄せが親に及んでいます。どうすれば親の苦しさを少しでも軽くできるのでしょうか。

鳥取県では4年前から「ペアレント・メンター」という事業に取り組んでいます。実際に発達障害のある子を育てた親が、いま悩んでいる親の気持ちに寄り添い、具体的なアドバイスもするという仕組みです。メンターの明るい姿に救われたという親も少なくありません。

発達障害のある子をもつ親の置かれた現状と、必要な支援について考えます。

関連情報

お役立ち情報

世界自閉症啓発デーとブルーライトアップイベントについて

5年前の国連総会で4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決まりました。この日は世界各国で自閉症への理解と支援を訴えるイベントが行われます。それを受けて日本では、4月2日~8日までの1週間を「発達障害啓発週間」と定め、各地でさまざまな催し物が開かれています。
世界のイベントの1つが「ブルーライトアップ」で、世界各国で著名な建物や観光地などが青くライトアップされます。

公開収録を実施しました!

発達障害の3人の子どものパパで、シンガー・ソングライターとして活躍しているうすいまさとさんが、今回のシリーズの4月15日放送回に出演されます。
番組では、収録時(3月31日)に、うすいさんのトーク&ライブが聞ける公開収録を行いました。

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • 藤井 隆さん(タレント)
  • 一児の父。2008年放送「土よう親じかん」でMCとして発達障害をとりあげた。

  • 収録後のメッセージ
  • 星山 麻木さん(明星大学教育学部教授)
  • 障害のある子どもたちの保育や教育を研究。
    今年1月に発達障害のある子どもとその親の支援を目的に「こども家族早期発達支援学会」を立ち上げた。
    おもな著作:「障害児保育ワークブック」など。

  • 収録後のメッセージ
  • ナレーション:河野 多紀さん