本文へジャンプ

Our Voices 「発達障害 苦手なことは克服すべき?vs.ありのまま受け入れる?」前編

  • 2012年10月8日(月曜)
  • アンコール放送2013年2月6日(水曜)再放送2013年2月13日(水曜)

放送内容

あらゆる人の人生に深い関わりがあるテーマを、さまざまな“マイノリティー”が語り合うシリーズ、「Our Voices(アワーボイス)」。第4回は、発達障害の人たちによる徹底トークでお送りします。
今回のテーマは、「“苦手なこと”とどう向き合うか」。発達障害の人たちには、「片づけや整理整頓ができない」「他人の気持ちを読み取るのが難しい」「読む、書く、計算するといった特定の能力だけに困難がある」など、人によってさまざまな特性があり、それらがコミュニケーションや日常生活に支障をきたすことも少なくありません。脳の機能障害が原因とされ、その現れ方はさまざまですが、“苦手なこと”とどう向き合っていけばいいのか悩んできたという体験は、多くの当事者が共通して抱えています。 そんな発達障害の人たちがスタジオに集合し、「苦手なことは克服しようとする派」と「ありのまま受け入れる派」の二手に分かれて、熱いトークを展開。そう考える理由や体験談を、互いに熱く語り合いました。
自分の“苦手なこと”とどう向き合っていけばいいのか。悩んでいるすべての人にさまざまなヒントを与えてくれる熱い議論を、2日間にわたってお届けします。

※性暴力被害、摂食障害、LGBT、HIV、統合失調症、薬物依存など、“マイノリティ”とされる人たちの思いを、自分たち自身の声で伝えてもらい続けた番組「ハートをつなごう」。「Our Voices」は、その後を継ぐ番組でもあります。

関連情報

みなさんから寄せられたメッセージ

「苦手なことは克服すべき?ありのまま受け入れる?」みなさんから寄せられたメッセージ(募集は終了しました)

「発達障害」についてまとめた特集ページがあります

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • 石田 衣良さん
  • 作家。2003年直木賞受賞。「ハートをつなごう」に続き、番組のMCを務める。

  • エリイさん
  • アート集団「Chim↑Pom」(チンポム)の紅一点。原爆が炸裂する悲劇の瞬間を描いた岡本太郎の壁画「明日の神話」に福島原発事故の絵を付け足すなど、現代社会に全力で介入するメッセージの強い作品で評価を得、世界的にも注目を集めている。
    現在、Chim↑Pomキュレーション展「ひっくりかえる-turning around-」がワタリウム美術館で開催中。

  • 杉山 文野さん
  • 性同一性障害の当事者。女性から男性に性別を移行。「Our Voices」の前身番組である「ハートをつなごう」から出演。今回、テレビ番組の司会に初挑戦。

  • ナレーション:AIさん
  • 1981年、アメリカロサンゼルス生まれ。父が日本人、母が日本人とイタリア系アメリカ人のハーフ。4歳で、父の都合で鹿児島へ。中学卒業後渡米し、アートスクールでダンスやパフォーマンス、音楽を学ぶ。2000年、日本に帰国しデビュー、2005年「Story」のヒットで紅白歌合戦の出場を果たす。現在、アメリカと日本を行き来しながら、音楽活動をしている。

  • ナレーションを担当したAIさんからのメッセージ

カレンダーにもどる