本文へジャンプ

Our Voices 「親と子」 発達障害×虐待(1)

  • 2012年7月9日(月曜)再放送2012年7月16日(月曜)

放送内容

“生きづらさ”を抱える人たちの声を伝える、全く新しい福祉番組、「ハートネットTV Our Voices(アワーボイス)」。「愛」「夢」「友情」…。第3回のテーマは「親と子」。発達障害と虐待を受けた経験がある人たちによるクロストークでお送りします!
「言われた言葉をそのまま受け取ってしまう」「相手の感情を読み取るのが苦手」「努力をしても、どうしても出来ないことがある」…。愛している/愛されているのに互いの愛情を感じられず、発達障害があるがゆえにすれ違っていく、親と子。親から暴力やネグレクト(育児放棄)などを受けて育った女性は、“家族”が欲しいという一心で子を産み育てていますが、我が子とどう向き合えば良いのか悩み続けていました。

それぞれの当事者を取材したVTRを見て、発達障害のある人、虐待を受けた経験のある人が番組MCと語り合う。熱を帯びるトークの中で見えてきたのは、「発達障害」や「虐待」といった属性を越えて、親と子が互いにどうつきあっていけばよいのか(あるいは、どうやって距離を置き、時には離れればよいのか)についてのさまざまなヒントでした。

※性暴力被害、摂食障害、LGBT、HIV、統合失調症、薬物依存など、“マイノリティ”とされる人たちの思いを、自分達の自身の声で伝えてもらい続けてきた番組「ハートをつなごう」。「Our Voices(アワーボイス)」は、その後を継ぐ番組でもあります。

関連情報

番組に寄せられたメッセージ

情報まとめページ

出演者情報

  • 石田 衣良さん
  • 作家。2003年直木賞受賞。「ハートをつなごう」に続き、番組のMCを務める。

  • エリイさん
  • アート集団「Chim↑Pom」(チンポム)の紅一点。原爆が炸裂する悲劇の瞬間を描いた岡本太郎の壁画「明日の神話」に福島原発事故の絵を付け足すなど、現代社会に全力で介入するメッセージの強い作品で評価を得、世界的にも注目を集めている。
    現在、Chim↑Pomキュレーション展「ひっくりかえる-turning around-」がワタリウム美術館で開催中。

  • 杉山 文野さん
  • 性同一性障害の当事者。女性から男性に性別を移行。「Our Voices」の前身番組である「ハートをつなごう」から出演。今回、テレビ番組の司会に初挑戦。

  • 大橋 広宣さん
  • 地方紙の記者をへて、フリーのジャーナリストに LD(学習障害)
    “勉強が出来ない”として子どものころ激しいイジメを受ける 4児の父親

  • 広野 ゆいさん
  • NPO法人「発達障害をもつ大人の会」代表
    ADHD アスペルガー症候群 2児の母

  • 元村 祐子さん
  • 広汎性発達障害 4児の母
    長女はアスペルガー症候群と診断されている

  • エドワードさん
  • 物心ついた時から児童擁護施設で暮らす。そのため親や家庭といったイメージがない。
    その虚無感に悩む。子育てを通じ、“家族”というものを実感

  • 渡井 さゆりさん
  • 両親から愛されたという実感がなく育ち、一時児童養護施設で暮らす。
    児童養護施設出身者をつなぐNPO法人“日向ぼっこ”代表 一児の母親

  • 佐野 優さん
  • 実父から身体虐待、義父からは性的虐待を受けた体験を持つ一児の母親

  • ナレーション:佐藤 良成さん
  • ハンバートハンバートのヴォーカル
    AC『あなたはあなたでいいのだ』のナレーションを担当