本文へジャンプ

シリーズ 貧困拡大社会(5) 漂流する路上生活者

  • 2012年6月18日(月曜)再放送2012年6月25日(月曜)

放送内容

シリーズ貧困拡大社会。6月は、2日連続で「住まいの貧困」を取り上げます。厚生労働省の発表では調査開始以来、全国のホームレス数は初めて1万人を下回りました。しかし、この調査で把握されているホームレス以外に、ネットカフェや街をさまよい歩くなど家がない状態の、働き盛りの“住まいの貧困層”が数多く存在すると、支援者たちは指摘します。彼らは住所がないため定職につけず、心身ともに厳しい状況に追い込まれているにもかかわらず、実態の見えにくさから支援の手からもこぼれ落ちる悪循環に陥っているといいます。

1日目は、夜の街を漂流するひとりの路上生活者の密着取材を通して、住まいの貧困の知られざる実態を伝えます。

関連情報

新宿連絡会

新宿で路上生活者のための炊き出しなどの支援を行っています。

VTRで取材した炊き出しは、ボランティアも受け入れています。毎週日曜日午後6時に新宿中央公園「水の広場」集合。

TOKYOチャレンジネット

VTRで取材した、東京都の支援事業。生活相談全般、住宅、仕事などについての相談・支援が受けられます。
対象は、東京都内に直近6か月以上継続して生活をしている方で、現時点で住居(自己保有・賃貸等)がない方。

住宅手当

スタジオで紹介した、公的な住宅施策の一つ。住宅を喪失または喪失するおそれのある離職者に対する、賃貸住宅の家賃のための給付制度です。利用条件には、平成19年10月1日以降の離職者であるほか、いくつかあります。

申請方法など、詳細については下記ページをご覧ください。

出演者情報

  • 湯浅 誠さん(反貧困ネットワーク事務局長)
  • 倉田 真由美さん(漫画家)
  • ナレーション:遠藤 憲一さん

カレンダーにもどる