本文へジャンプ

これからの放送

これまでの放送

  • カレンダー表示
  • リスト表示
  • 8月
  • 9月

2016年8月

月 火 水 木

29

2016 リオパラリンピック ―第1回 車いすバスケットボール 藤澤 潔― の番組まるごとテキストはこちら

アンコール放送 2016 リオパラリンピック ―第1回 車いすバスケットボール 藤澤 潔―

30

2016 リオパラリンピック 第8回 卓球 別所キミヱ の番組まるごとテキストはこちら

アンコール放送 2016 リオパラリンピック 第8回 卓球 別所キミヱ

31

アンコール放送 2016 リオパラリンピック 第13回 ボッチャ 杉村英孝 藤井友里子

2016年9月

月 火 水 木

1

シリーズ 熊本地震(9)被災地で語る“災害と障害者”の現在

5

ブレイクスルーFile.58 “笑われる”より“笑わせろ”―ミゼットプロレスラー・プリティ太田―

6

“AYA世代”のがん(1)闘病・進学・就職

7

“AYA世代”のがん(2)恋愛・結婚・出産

8

生きるためのテレビ2 死にたいと折り合う

12

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

13

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

14

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

15

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

19

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

20

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

21

アンコール放送 アンコール放送

22

公開すこやか長寿 石川県 能美市

26

2016 リオパラリンピック メダリスト凱旋インタビュー(1)

27

2016 リオパラリンピック メダリスト凱旋インタビュー(2)

28

2016 リオパラリンピック メダリスト凱旋インタビュー(3)

29

アンコール放送 アンコール放送

放送予定

Eテレ 毎週月曜から木曜 午後8時00分から午後8時29分 再放送は翌週月曜から木曜 午後1時05分から午後1時34分

  • カレンダー表示
  • リスト表示
  • 8月
  • 9月

2016年8月

放送日 放送内容
29日
(月曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

NHKハート展 詩とアートの展覧会 「オオカミ男」「てんてん」

障害のある人がつづった詩と、その詩に寄せたアート作品との組み合わせ「NHKハート展」。第21回目を迎える今回は、3387編の応募された詩の中から50編の詩が選ばれました。ひとりひとりの世界がみずみずしい感性で表現され、抱える生きづらさや伝えきれない思いが表現されています。

Eテレ午後8時00分~

アンコール放送

2016 リオパラリンピック ―第1回 車いすバスケットボール 藤澤 潔―

第1回目は、車いすバスケットボール。番組では藤澤選手の高度な技術に注目し、車いすバスケの魅力を余すことなく紹介。車いすバスケットボールのルール、リオパラリンピックを楽しむポイントや、2020年東京大会に向けたパラリンピックをとりまく環境の課題も伝えます。

2016 リオパラリンピック ―第1回 車いすバスケットボール 藤澤 潔― の番組まるごとテキストはこちら

30日
(火曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

NHKハート展 詩とアートの展覧会「出ない」「シンデレラ再び」

「第21回NHKハート展」は、障害のある人が作った詩をもとに、アーティストやイラストレーターなどがイメージを膨らませアート作品を寄せるアートのコラボレーション。今回は、失語症の齋藤里恵さん(43)の作品「出ない」と小林キヨ子さん(68歳)の「シンデレラ再び」を紹介します。

Eテレ午後8時00分~

アンコール放送

2016 リオパラリンピック 第8回 卓球 別所キミヱ

細かく編み込んだ金髪のロングヘアに、色とりどりの蝶がキラキラと舞う。それが、車いす卓球世界ランキング7位、日本の不動の女王、別所キミヱ選手(68)。普段は、周囲を笑いの渦に巻き込む「関西のおばちゃん」ですが、ラケットを持てば鬼のような形相に…。普通に考えれば、世界の一線で戦い続ける事は難しい年齢。それでも、なぜ、別所選手は挑戦を続けるのでしょうか?番組では、女優・広瀬アリスさんとの白熱のスタジオトークも交えながら、その想いに迫ります。

2016 リオパラリンピック 第8回 卓球 別所キミヱ の番組まるごとテキストはこちら

31日
(水曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

リハビリ介護を生きる 認知症の親とともに 盛田隆二・父との長いお別れ

いつか突然やってくる親の介護、誰にでも訪れる親との別れ。そしてやがて来る自らの老いへの備え。盛田さんの経験を追いながら、認知症の親と生きる意味を考えてみたい。

Eテレ午後8時00分~

アンコール放送

2016 リオパラリンピック 第13回 ボッチャ 杉村英孝 藤井友里子

パラスポーツの魅力を伝え、アスリートの熱き思いに迫る「2016リオパラリンピック」。 第13回は、「ボッチャ」。重度の脳性まひや同程度の四肢運動機能障害のために考案されたスポーツです。目標となる白いジャックボールに、赤と青のボールを投げ、いかに近づけるかを競うという競技。パラリンピックでは、障害の程度によってBC1~4の4クラスに分けられ、個人・ペア・団体(3人)での試合が行われます。誰でもどこでもできるシンプルな競技でありながら、何球も先を読み合う、奥深い戦術の世界が広がる“頭脳戦”です。

2016年9月

放送日 放送内容
1日
(木曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

リハビリ・介護を生きる 認知症の親をおくって 母から教わったこと・女優 秋川リサ

認知症の母との絆と葛藤、その介護経験から得たものを聞きます。

Eテレ午後8時00分~

シリーズ 熊本地震(9)被災地で語る“災害と障害者”の現在

番組では東さんへのインタビューを通じて、災害時の障害者支援に何が欠けているかを明らかにするとともに、災害前からの孤立を防ぐために必要なことを考えます。

5日
(月曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

アンコール放送

2016 リオパラリンピック ―第1回 車いすバスケットボール 藤澤 潔―

第1回目は、車いすバスケットボール。番組では藤澤選手の高度な技術に注目し、車いすバスケの魅力を余すことなく紹介。車いすバスケットボールのルール、リオパラリンピックを楽しむポイントや、2020年東京大会に向けたパラリンピックをとりまく環境の課題も伝えます。

2016 リオパラリンピック ―第1回 車いすバスケットボール 藤澤 潔― の番組まるごとテキストはこちら

Eテレ午後8時00分~

ブレイクスルーFile.58 “笑われる”より“笑わせろ”―ミゼットプロレスラー・プリティ太田―

低身長の人同士がその小柄な体格を活かして戦う「ミゼットプロレス」。ミゼットプロレスは存亡の危機を迎えている。かつての人気は影を潜め、レスラーはプリティさんを含めた2人だけ。小さな体を武器に変える舞台を守ろうと活動するプリティさんの姿を追う。

6日
(火曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

アンコール放送

2016 リオパラリンピック 第8回 卓球 別所キミヱ

細かく編み込んだ金髪のロングヘアに、色とりどりの蝶がキラキラと舞う。それが、車いす卓球世界ランキング7位、日本の不動の女王、別所キミヱ選手(68)。普段は、周囲を笑いの渦に巻き込む「関西のおばちゃん」ですが、ラケットを持てば鬼のような形相に…。普通に考えれば、世界の一線で戦い続ける事は難しい年齢。それでも、なぜ、別所選手は挑戦を続けるのでしょうか?番組では、女優・広瀬アリスさんとの白熱のスタジオトークも交えながら、その想いに迫ります。

2016 リオパラリンピック 第8回 卓球 別所キミヱ の番組まるごとテキストはこちら

Eテレ午後8時00分~

“AYA世代”のがん(1)闘病・進学・就職

番組では、スタジオに、「AYA世代」のがん経験者を招き、これまで語られてこなかった彼らの悩みや苦しみ、望むことなどについてとことん語らってもらいます。

7日
(水曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

アンコール放送

2016 リオパラリンピック 第13回 ボッチャ 杉村英孝 藤井友里子

パラスポーツの魅力を伝え、アスリートの熱き思いに迫る「2016リオパラリンピック」。 第13回は、「ボッチャ」。重度の脳性まひや同程度の四肢運動機能障害のために考案されたスポーツです。目標となる白いジャックボールに、赤と青のボールを投げ、いかに近づけるかを競うという競技。パラリンピックでは、障害の程度によってBC1~4の4クラスに分けられ、個人・ペア・団体(3人)での試合が行われます。誰でもどこでもできるシンプルな競技でありながら、何球も先を読み合う、奥深い戦術の世界が広がる“頭脳戦”です。

Eテレ午後8時00分~

“AYA世代”のがん(2)恋愛・結婚・出産

番組では、スタジオに、「AYA世代」のがん経験者を招き、これまで語られてこなかった彼らの悩みや苦しみ、望むことなどについてとことん語らってもらいます。

8日
(木曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

シリーズ 熊本地震(9)被災地で語る“災害と障害者”の現在

番組では東さんへのインタビューを通じて、災害時の障害者支援に何が欠けているかを明らかにするとともに、災害前からの孤立を防ぐために必要なことを考えます。

Eテレ午後8時00分~

生きるためのテレビ2 死にたいと折り合う

続編である今回のテーマは、「死にたいと折り合う」。「死にたい」という気持ちを抱えながら、いかに生き延びるか?番組にメッセージを寄せてくださった方々の声から、ヒントを探っていきます。

12日
(月曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

ブレイクスルーFile.58 “笑われる”より“笑わせろ”―ミゼットプロレスラー・プリティ太田―

低身長の人同士がその小柄な体格を活かして戦う「ミゼットプロレス」。ミゼットプロレスは存亡の危機を迎えている。かつての人気は影を潜め、レスラーはプリティさんを含めた2人だけ。小さな体を武器に変える舞台を守ろうと活動するプリティさんの姿を追う。

Eテレ午後8時00分~

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

13日
(火曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

“AYA世代”のがん(1)闘病・進学・就職

番組では、スタジオに、「AYA世代」のがん経験者を招き、これまで語られてこなかった彼らの悩みや苦しみ、望むことなどについてとことん語らってもらいます。

Eテレ午後8時00分~

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

14日
(水曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

“AYA世代”のがん(2)恋愛・結婚・出産

番組では、スタジオに、「AYA世代」のがん経験者を招き、これまで語られてこなかった彼らの悩みや苦しみ、望むことなどについてとことん語らってもらいます。

Eテレ午後8時00分~

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

15日
(木曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

生きるためのテレビ2 死にたいと折り合う

続編である今回のテーマは、「死にたいと折り合う」。「死にたい」という気持ちを抱えながら、いかに生き延びるか?番組にメッセージを寄せてくださった方々の声から、ヒントを探っていきます。

Eテレ午後8時00分~

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

19日
(月曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

放送未定

Eテレ午後8時00分~

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

20日
(火曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

放送未定

Eテレ午後8時00分~

放送休止
リオパラリンピック ユニバーサル放送

21日
(水曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

放送未定

Eテレ午後8時00分~

アンコール放送

アンコール放送

22日
(木曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

放送未定

Eテレ午後8時00分~

公開すこやか長寿 石川県 能美市

26日
(月曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

放送未定

Eテレ午後8時00分~

2016 リオパラリンピック メダリスト凱旋インタビュー(1)

27日
(火曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

放送未定

Eテレ午後8時00分~

2016 リオパラリンピック メダリスト凱旋インタビュー(2)

28日
(水曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

アンコール放送

アンコール放送

Eテレ午後8時00分~

2016 リオパラリンピック メダリスト凱旋インタビュー(3)

29日
(木曜)

Eテレ午後1時05分~再放送

公開すこやか長寿 石川県 能美市

Eテレ午後8時00分~

アンコール放送

アンコール放送

放送予定

Eテレ 毎週月曜から木曜 午後8時00分から午後8時29分 再放送は翌週月曜から木曜 午後1時05分から午後1時34分

「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた新しいスタイルの福祉番組

障害や病のある人、悩んでいる人、支える家族や共感する人。現代社会には、さまざまな「生きづらさ」と向き合っている人がいます。そんな「生きづらさ」を抱える全ての方々のために、ハートネットTVはスタートしました。“当事者の目線”を大切に、ほかのメディアやニュースとは違う視点で「生きづらさ」を掘り下げ、シリーズ化して放送しています。

また、「生きづらさ」を抱える全ての方々がつながりあえる場になるよう、2006年の放送開始直後からこのホームページを運営しています。番組の放送スケジュールをチェックしたり、見逃してしまった過去の放送内容をテキストで読んだりするほかにも、「カキコミ板」での意見交換・情報交換など、みなさんの交流としてご利用ください。

ハートネットTVキャスター

山田賢治アナウンサーの写真

山田賢治アナウンサー

社会に横たわる、答えが見つからない問題。

今、「生きづらさ」を感じながら、人生という時間を刻んでいる人が多くいます。苦しんでいることを外に出しても理解されず、個人の心の中に閉ざし、孤立。しかし、その心の中に今の社会の真実が潜んでいるように思います。

そうした当事者の思いを救い上げ、受け止めていきたい。
今まで「見えなかった」「知らなかった」問題を“見える化”して、個人の責任ではなく社会構造から生まれた問題だと認識できるように。
そして、小さくてもいい、誰もが希望を感じられる社会を皆で築き上げていきたい。

毎回、番組のテーマに真剣に向き合えば向き合うほど、“生きるとは何か”“幸せとは何か”、考えさせられます。
時には「アナウンサー」という肩書きを捨て、「1人の人間」としてどう考え、言葉を紡ぐのか、自らに問うて発信していきたいと考えています。

山田賢治アナウンサーのブログ

ブログ「ヤマケンボイス」はこちら

番組をつくりながら現場で感じたことを発信していきます。
名付けて「ヤマケンボイス」。