本文へジャンプ

認知症とは

認知症とは、さまざまな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたために、記憶力や判断力が低下するなどして、日常生活に支障が出ている状態を指します。「もの忘れをする」「時間や季節感、自分がどこにいるかなどが分からなくなる」「日常行っていた家事や作業ができなくなる」などの症状が現れます。また、人によっては不安や孤独感、環境的要因などから、二次的に「うつ状態」「徘徊」「暴言・暴力」「もの盗られ妄想」といったような症状も起こることがあります。
認知症にはいくつかの種類があり、主なものとしては、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。このうちアルツハイマー型認知症が最も多く、全体の約6割を占めています。認知症の種類によって症状が異なるため、適切に対処するにはそれぞれの特徴をよく知っておくことが大切です。

日本では高齢化が進むにつれ認知症の人が増えており、現在65歳以上の4人に1人が認知症とその予備群とされています。さらに、団塊の世代が75歳を超える2025年には、認知症の人が700万人に達するという推計が出ています。これは65歳以上の高齢者の5人に1人にあたり、予備群も含めるとさらに増える見込みです。
誰もが認知症になり得る時代を迎える中、“認知症=人生の終わり”というイメージを根本から改め、“認知症になっても、住み慣れた地域で自分らしく生きられる社会”を実現することが喫緊の課題になっています。そのためには、一人一人が認知症を自分たちのこととして考え、積極的に関わろうとする姿勢が大切です。

お役立ち情報・相談窓口

誰かに相談したくなった時、聞いてくれる窓口があります。
(クリックすると別ウインドウが開き、NHKサイトを離れます)

医療機関を受診する

認知症の専門医がいるのは「精神科」、「神経内科」、「老年科」などです。ただし、病院によっては専門医がいない場合もあるため、受診を希望する場合は事前に問い合わせてみてください。
最近では、認知症の診察を専門的に行う「もの忘れ外来」「認知症外来」なども増えており、こういった専門外来を受診することも勧められます。
診察では、「問診」「全身の診察」「認知機能検査」「画像検査」「血液検査」「脳脊髄液検査」などの結果から認知症の原因となる病気の有無や種類が診断され、その後の方針が立てられます。診察の際には、本人の普段の生活を知る家族などからの情報も大変有用です。

「どこに行けばいいか分からない」「いきなり病院に行くのは抵抗がある」といった場合、市区町村の役所に設置されている「高齢福祉課」などの担当部署(名称は自治体によって異なります)、お住まいの地区を担当している「地域包括支援センター」などで相談することも可能です。また、かかりつけ医に相談して、専門医を紹介してもらうという方法もあります。

●認知症サポート医・かかりつけ医

認知症に関する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人や家族を支援することができる医師のことです。都道府県及び指定都市で養成・研修を行っています。
お住まいの地域の認知症サポート医・かかりつけ医については、市区町村の役所に設置されている「高齢福祉課」などの担当部署(名称は自治体によって異なります)にお問い合わせください。

●認知症専門医

日本認知症学会が認定している、認知症について専門的な知識を持つ医師のことです。お近くの認知症専門医は以下のサイトで検索することができます。

●認知症疾患医療センター

認知症患者とその家族が住み慣れた地域で安心して生活できるための支援の一つとして、都道府県や政令指定都市が指定する病院に設置されています。認知症の診断、地域における医療機関等の紹介、医療相談などを行っています。
受診にはかかりつけ医からの紹介、予約が必要な場合があります。

介護についての相談窓口

●市区町村の相談窓口

各市区町村の役所に「高齢福祉課」などの担当部署があります(名称は自治体によって異なります)。介護全般の相談、介護保険の制度に関する相談、お住まいの地区を担当する地域包括支援センターの案内などを行っています。

●地域包括支援センター

各市町村に設置されている高齢者福祉と介護に関する地域の総合相談窓口です。全国で約4300か所(2012年4月末現在)が設置されており、お住まいの地区ごとに担当の地域包括支援センターが決まっています。
高齢者が住み慣れた自宅や地域で生活できるように、専門の資格を持つスタッフが、必要な介護サービスや保健福祉サービス、日常生活支援などの相談に応じてくれます。
全国の地域包括支援センターの一覧は、以下のホームページに掲載されています。

●WAM NET

独立行政法人福祉医療機構が運営する、福祉・保健・医療の総合情報サイト。「介護」のページで、各都道府県の介護サービス提供機関や地域の相談窓口の案内などがご覧になれます。

●厚生労働省 介護事業所検索「介護サービス情報公表システム」

全国約19万か所の「介護サービス事業所」の情報が検索・閲覧できます。「介護サービス事業所」とは、介護保険法に基づき、自宅における生活支援、日帰りで通う機能訓練・デイサービス及び施設における入所(入居)支援などのサービスを提供する事業所又は施設のことです。

介護保険制度などのサポートについて

●介護保険制度

介護が必要になった場合、日常生活をサポートしてくれる保険制度です。介護が必要になった高齢者やその家族を社会全体で支えていこうと2000年にスタートしました。
サービスを受ける場合、まず「要介護認定」を受ける必要があります。
かかりつけ医や市区町村の介護保険担当窓口、地域包括支援センターなどへご相談ください。
なお、利用できるのは65歳以上で要介護認定を受けた人、および40歳~64歳で要介護状態の原因が特定疾病による人となっています。若年性認知症は特定疾病のため、対象となります。

●ケアマネジャー

要介護認定を受けると、サービスを利用する人の介護が必要な状態に応じて「要支援1、2もしくは要介護1~5」と区分され、その区分ごとに利用できる限度が異なります。その範囲内でどんな介護保険サービスを利用するか考えてくれるのがケアマネジャーです。「居宅介護支援事業所」と呼ばれるところに常駐していますので、市区町村でもらえる地域の事業所一覧や、近所の口コミを参考にしながら自分の思いに合った人を探しましょう。

家族の会・介護者の会など

●公益社団法人 認知症の人と家族の会
1980年結成。全国47都道府県に支部があり、1万1千人の会員が励ましあいながら、助け合って「認知症があっても安心して暮らせる社会」を目指しています。
研修を受けた介護経験者による電話相談を行っています。
また全国各地の支部で、毎月家族の集いが開かれています。
≪電話相談≫0120-294-456(午前10時~午後3時 ※月曜~金曜) 祝日は休み
※全国どこからでも無料(携帯電話・PHSの場合は075-811-8418 ※通話有料)
●介護支え合い電話相談室
社会福祉法人浴風会が運営しています。研修を受けた介護経験者による電話相談を行っています。
≪電話相談≫03-5941-1038(午前10時~午後3時 ※月曜~木曜) 金・土・日および祝日・年末年始は休み
●レビー小体型認知症サポートネットワーク
レビー小体型認知症の方々、家族、医療関係者の交流や情報交換を行うことを目的にできた組織です。交流会では活発に話し合いをしています。
●レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会
ニックネームは「ゆるゆる組」。家族同士が気兼ねなく集まり、医療や介護の情報を話し合っています。
講師を呼んで勉強会を開いたりしています。
●NPO法人 若年認知症サポートセンター
若年性認知症に関する知識、相談先、お近くの家族会の連絡先などの情報を提供しています。
≪電話≫03-5919-4186(午前10時~午後5時 ※月・水・金)
●若年認知症家族会 彩星の会
東京に本部があります。奇数月の第4日曜日に定例会を開いて、交流しています。
専門職による相談や家族による電話相談も行っています。
≪家族による電話相談≫03-5919-4185(午前10時30分~午後5時 ※月・水・金)
※他の日はFAXにて受けつけています。≪FAX≫03-5368-1956
●NPO法人 認知症の人とみんなのサポートセンター
認知症の本人、家族、その支援者たちをサポートしています。
若年性認知症や初期の認知症の支援に力をいれており、当事者交流会なども行っています。
大阪市東成区東小橋1-18-33ぱーくす倶楽部内
≪電話/FAX≫06-6972-6490
当事者のための交流の場
●3つの会@Web
認知症の当事者同士の交流サイト。投稿やコメントを通して、認知症と生きる人たちが時間や場所に関係なく、ゆるやかにつながり、伝えあう場です。
●認知症の本人交流ページ「だいじょうぶネット」
認知症の本人の声を聴いて支援やケアに活かしたり、本人や家族のネットワークを広げています。
各地域で本人交流会を支援するための研修を実施しています。

Q&A

よくある質問と回答を紹介。

チェックシート

早期発見のためにも「あれ、おかしいな?」と思ったら、まず、チェックしてみましょう。(この認知症チェック項目は、あくまでも目安です。認知症の診断をするものではありません)

特集

コラム・読み物

出演者インタビュー

ピープル番組出演者などのコラムを掲載しています。

過去の放送

このテーマに関する過去の放送をご紹介します。

ハートネットTV

このアイコンの意味は…番組まるごとテキスト

ハートをつなごう

2006年9月27日、28日放送
認知症
2006年4月24日―27日放送
認知症 私たちにできること

福祉ネットワーク

2011年12月8日放送
シリーズ 認知症 地域で生きる -第4回 反響に応える-
2011年12月7日放送
シリーズ 認知症 地域で生きる -第3回 大阪市-
2011年12月6日放送
シリーズ 認知症 地域で生きる -第2回 秋田県羽後町-
2011年12月5日放送
シリーズ 認知症 地域で生きる -第1回 千葉県旭市-
2011年10月18日放送
シリーズ 認知症と向きあう 反響に応えて(2)
2011年10月17日放送
シリーズ 認知症と向きあう 反響に応えて(1)
2011年9月8日放送
シリーズ 認知症と向きあう(4) 「太田正博さん 「本人交流会の現場から」
2011年9月7日放送
シリーズ 認知症と向きあう(3) 「太田正博さん 「本人の思いに応える医療」
2011年9月6日放送
シリーズ 認知症と向きあう(2) 「太田正博さん “働きたい”を諦めない」
2011年9月5日放送
シリーズ 認知症と向きあう(1) 「太田正博さん いつまでも自分らしく」
2011年6月21日放送
この人と福祉を語ろう 認知症の人と家族の会 高見国生代表 「新時代」を切り開いた30年
2009年11月17日放送
なるほど!なっとく介護(28) 「認知症・“妄想”への対応法」
2009年11月16日放送
なるほど!なっとく介護(27) 「認知症・“歩き回り”への対応法」
2009年9月23日放送
なるほど!なっとく介護(26) 「認知症・介護の意外な落とし穴(2)」-生活環境の変化が認知症を招く-
2009年9月22日放送
なるほど!なっとく介護(25) 「認知症・介護の意外な落とし穴(1)」-認知症と便秘の意外な関係-
2008年12月11日放送
シリーズ 認知症 私が私であるために -日本での模索-
2008年12月10日放送
シリーズ 認知症 私が私であるために -オーストラリアからの報告-
2008年9月1日放送
この人と福祉を語ろう -人形作家・高橋まゆみさん- 老いも認知症も愛おしい
2008年7月15日放送
シリーズ 認知症の介護施設は今(2) 石川 地域とともに
2008年7月14日放送
シリーズ 認知症の介護施設は今(1) 札幌“最期”まで その人らしく
2008年5月22日放送
殯(もがり)の森を支えた人々 -認知症ケアのまなざしから-
2008年5月15日放送
公開・すこやか長寿 認知症を予防する
2008年2月5日放送
認知症 反響にこたえて(2) NHKスペシャル「認知症 なぜ見過ごされるのか」より
2008年2月4日放送
認知症 反響にこたえて(1) NHKスペシャル「認知症 なぜ見過ごされるのか」より
2007年10月10日、2008年3月4日放送
ヒロさんと認知症とベトナムの空
2007年10月4日放送
シリーズ 認知症 反響に答えて
2007年10月3日放送
シリーズ 認知症 早期発見で先手をうつ
2007年10月2日放送
シリーズ 認知症 “かかりつけ医”がくらしを支える
2007年10月1日放送
シリーズ 認知症 なぜ見過ごされるのか
2007年7月10日放送
シリーズ 認知症(2) 「軽度認知障害」とは
2007年7月9日放送
シリーズ 認知症(1) 医療と介護 いま求められること
2007年6月13日放送
シリーズ 認知症(3) 映画作家・河瀬直美 “生命”をめぐる対話
2007年6月12日放送
シリーズ 認知症(2) 見過ごされてきた認知症 ピック病 レビー小体病
2007年6月11日放送
シリーズ 認知症(1) 往診専門医の現場から ―認知症と“薬”を考える―
2006年7月18日放送
認知症の“心”を知る ―ケア現場からの提言―
2006年7月11日放送
認知症を生きる 元町長と家族の300日 後編
2006年7月10日放送
認知症を生きる 元町長と家族の300日 前編
2006年6月14日放送
福岡発・地域で支える認知症 ―動き出したコーディネーター制度―
2006年5月15日放送
認知症 その人の心に寄りそう ―精神科医・小澤勲―

ETVワイドともに生きる

2008年2月23日放送
認知症 あなたも納得!
2007年1月27日放送
認知症 あきらめないで
2006年5月27日放送
いま、認知症の私が 伝えたいこと

お役立ち情報の一覧に戻る