本文へジャンプ

LGBTとは

L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー。順番に、女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人のことを言います。トランスジェンダーは、心の性別と体の性別が一致しない人のことを指す医学上の診断名「性同一性障害」よりも広い概念で、当事者が自分達の生き方にプライドを持ち、名乗るときに好んで使われることが多い言葉です。

LGBTは当事者が自分たちのことをポジティブに語る呼称として、北米やヨーロッパで使い始められ、最近では日本でも使われるようになってきました。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーだけではなく、広く性的少数者の人たちを指す表現として用いられることも多い言葉です。なお、「セクシュアルマイノリティー」という言葉も、同様の意味で用いられています。

電通ダイバーシティ・ラボが2015年4月に行った調査によると、日本の人口の7.6%にあたる人たちがLGBTであるという調査結果が出ています。13人に1人というこの数字は、学校や職場の仲間として、あるいは家族として、当たり前に存在していることを示しています。しかし、差別や偏見を恐れてカミングアウトしていない人も多く、なかなか可視化されていないのが実情です。

お役立ち情報・相談窓口

誰かに相談したくなった時、聞いてくれる窓口があります。
(クリックすると別ウインドウが開き、NHKサイトを離れます)

電話相談の窓口

一般社団法人社会的包摂サポートセンター|よりそいホットライン

24時間どこからかけても無料の電話相談です。セクシュアルマイノリティーの専門回線があり、性別や同性愛に関わる悩みについて、専門の相談員が一緒に解決する方法を探してくれます。ご本人はもちろん、家族や友人、周囲の方々の相談も受け付けています。
≪電話≫フリーダイヤル:0120-279-338(携帯電話・PHS・公衆電話からもつながります)
音声ガイダンスが流れるので、「4」番をプッシュしてください。
※電話がかかりにくいことがあります。

NPO法人 アカー(動くゲイとレズビアンの会)
ヘルプ・ライン・サービス
同性愛者のための電話相談として、エイズや同性愛について悩んでいる人、知識を求めている人からの相談に応じています。レズビアン/ゲイの相談員、また、その家族や支援者など、同性愛やHIV/エイズについて研修を受けた専門スタッフがプライバシー厳守で対応します。
≪電話≫03-3380-2269 (火曜・水曜・木曜:午後8時~10時) ※祝祭日を除く
法律相談(予約制)
(1)ゲイバッシング(同性愛者に対する暴力や脅迫・恐喝・詐欺・嫌がらせなどのトラブル)
(2)職場や学校などでの生活上での性的指向による差別
(3)同性間パートナーシップの形成・維持・解消
に関する相談と情報提供を行う電話相談ラインです。
法的な相談や手続きが必要な場合は、予約制で専門スタッフと相談でき、必要に応じて弁護士の紹介も行います。
≪予約電話≫03-3383-5556 (月曜~金曜:午後0時~午後8時) ※祝祭日を除く
AGP(同性愛者医療・福祉・教育・カウンセリング専門家会議)

医師,心理臨床家,看護師,ソーシャルワーカー等から成る、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル(LGB)のための支援団体です。医師やカウンセラーによる無料電話相談を行っています。
≪電話相談共通番号≫050-5539-0246

こころの相談
同性愛者の悩みや心の問題について対応します。(火曜:午後8時~10時)
からだの相談
同性愛者の身体の悩みや病気について対応します。(第1水曜:午後9時~11時)
NPO法人ぷれいす東京

HIV陽性者とその周囲の人のための電話相談や対面相談、ピアサポートなどの支援を行っています。予防啓発やさまざまな調査・研究、情報発信などを通し、HIV/エイズとともに生きる人たちが自分らしく生きられる環境(コミュニティ)を創り出すことをめざして活動しています。

<電話相談窓口>

HIVの感染不安の人、HIV検査前の電話相談
■ゲイによるゲイのためのHIV/エイズ電話相談
 電話:03-5386-1575 土曜:午後7時~9時
■ぷれいす東京HIV/エイズ電話相談
 電話:03-3361-8909 日曜:午後1時~5時
■東京都HIV/エイズ電話相談(東京都委託事業)
 電話:03-3292-9090(ぷれいす東京は金夜間、土、日を担当)
 月曜日~金曜日 : 午後7時~9時  土曜日/日曜日/祝日:午後2時~5時
HIV陽性者と確認検査前の人と、そのパートナー、周囲の人のための相談窓口
■ぷれいす東京 ポジティブライン(厚生労働省委託事業)
 電話:0120-02-8341 月曜日~土曜日 午後1時~7時
■対面相談
 電話:03-3361-8964(予約窓口) 月曜日~土曜日 午後0時~7時
■バディ(ボランティア・スタッフ)派遣
 電話:03-3361-8964(予約窓口) 月曜日~土曜日 午後0時~7時
NPO法人 レインボーコミュニティcoLLabo

レズビアンと多様な女性たち(性的少数者)のための活動をするNPO法人です。レズビアン、セクシュアルマイノリティーの女性、ジェンダーやセクシュアリティーに悩みを抱える多様な女性、その家族や関係する人を対象にした相談や、各種プログラム、勉強会などを行っています。
≪電話≫03-6322-5145(第1土曜:午後12時30分~午後3時)
≪対面相談≫臨床心理士等による相談(予約制・有料・土曜日)
詳しくは、ホームページをご覧ください。

QWRC(くぉーく/Queer and Women's Resource Center)

大阪市にある、多様な性を生きる人々のためのリソースセンターです。LGBTI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス)の当事者やその家族、友人にむけての電話相談を行っています。
≪電話≫06-6585-0751(第1月曜:午後7時30分~午後10時30分)

コミュニティースペース

コミュニティーセンターakta(NPO法人akta)

新宿2丁目にあるHIV/エイズをはじめとしたセクシャルヘルスの情報センター。セクシュアリティーに関わらず、誰もが利用できるオープンスペースです。バーやクラブ、ショップなどの情報、セクシュアリティーのことやメンタルヘルスに関する情報、HIV/エイズの最新情報や検査に関する情報などが揃っています。HIV陽性者やその周りの人たちの手記集に触れることもできます。

特定非営利活動法人SHIP

セクシュアルマイノリティーの人たちのためのコミュニティースペース「SHIPにじいろキャビン」(横浜市)の運営や、 各種イベント・交流会などを行っています。

LOUD

レズビアンやバイセクシュアル女性のコミュニティーづくりを行っています。当事者とそれを応援する人たちが自由に活用できるフリースペースを運営しています。(東京・中野)

支援団体・当事者団体など

すこたんソーシャルサービス

同性愛に関する情報の発信、ワークショップ、イベントの開催などを行っています。

NPO法人 ピアフレンズ

LGBTを対象にした友だちづくりイベントを主催。10代~20代ゲイ・バイセクシュアル男性のための「ピアフレンズfor boys」、女の子が好きな女の子のための「ピアフレンズfor girls」のほか、セクシュアリティー・フリーのピクニックなども開催しています。

NPO法人 GIDmedia

性同一性障害に関する講演やイベント・交流会などを行っています。

一般社団法人gid.jp日本性同一性障害と共に生きる人々の会

性同一性障害に関するフォーラムや交流会などを行っています。

NPO法人 LGBTの家族と友人をつなぐ会

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会。ミーティングや講演会などを行っています。

NPO法人Re:bit

大学生など10~20代を中心とした団体です。「LGBT でもありのままでオトナになれる社会」を目指して、「LGBT成人式」などのユニークな活動を展開しています。

NPO法人 グッド・エイジング・エールズ

「セクシュアルマイノリティーがよりよく年を重ねられる社会」を目指して活動。LGBTもそうでない人も、あらゆるセクシュアリティーの人たちがいっしょに楽しめる「カラフルカフェ」などのプロジェクトを行っています。

ハートをつなごう学校

セクシュアリティーに悩む若い人たちに向けて、当事者やLGBTフレンドリーな仲間たちが企画・運営しているサイト。たくさんのLGBTの先輩や著名人からの動画メッセージが見られます。

イベント

東京レインボープライド

LGBT当事者&支援者とともに「“生”と“性”の多様性」を祝福し、つながる場を提供する大イベントです。毎年4月下旬~5月上旬を「レインボーウイーク」とし、各所でさまざまなイベントを開催するとともに、東京・代々木公園にてフェスタ&パレードを実施。

特集

コラム・読み物

出演者インタビュー

ピープル番組出演者などのコラムを掲載しています。

  • 「LGBT★R30 大人になれば」
    かつて「ハートをつなごう」などNHKの番組で出演したLGBTの当事者たちも、気づけば30代。今だから語れる仕事のこと、社会的自立のこと、恋愛のこと、カラダのこと…etc。30代オーバー限定のLGBTリレーコラム。
  • 杉山 文野「デコポコ凸凹日記 in the UK」
    性同一性障害である自身のエピソードを綴った本『ダブルハッピネス』の著者であり、「ハートをつなごう」にもたびたび出演している杉山文野さんによるロンドン留学記。
  • GIDmedia「修学旅行リベンジ!」
    性同一性障害当事者にとって修学旅行は恐怖のイベント!? 楽しくリベンジしてしまいましょう。

過去の放送

このテーマに関する過去の放送をご紹介します。

ハートネットTV

このアイコンの意味は…番組まるごとテキスト

ハートをつなごう

2011年2月21日、22日放送
ゲイ/レズビアン 特別編
2010年8月2日、3日放送
リメイク 性同一性障害・特別編
2010年4月28日、29日放送
ダブルマイノリティー
2009年11月2日、3日放送
性同一性障害・特別編
2009年6月1日放送
LGBT3
2009年4月27日、28日放送
ハートをつなごう4年目です
2009年1月26日、27日放送
LGBT2
2008年10月1日、2日放送
LGBT 第1弾
2008年9月29日、30日放送
ゲイ/レズビアン 第2弾
2008年6月30日、7月1日放送
性同一性障害 第5弾
2008年4月28日、29日放送
ゲイ/レズビアン 第1弾
2007年7月4日、5日放送
性同一性障害 第4弾
2007年5月2日、3日放送
性同一性障害 第3弾
2007年1月29日、30日放送
性同一性障害 第2弾
2006年10月25日、26日放送
性同一性障害

福祉ネットワーク

2004年9月14日放送
性同一性障害 ―家族はどう受け止めたか―
2004年9月7日放送
性同一性障害 戸籍の性を変えたい ―「特例法」が広げる波紋―

ETVワイドともに生きる

2008年11月1日放送
LGBT

お役立ち情報の一覧に戻る