本文へジャンプ

貧困とは

世界第3位の経済大国・日本。しかし、「一億総中流」と言われた時代は過ぎ去り、貧富の格差は拡大の一途をたどっています。厚生労働省がまとめた「国民生活基礎調査」(2014年7月)によると、日本の相対的貧困率(年収122万円以下で暮らす人の割合)は16.1%と過去最悪を更新。これは、日本人のおよそ6人に1人が相対的な貧困層に分類されることを意味しています。OECD加盟国30か国のうち、日本の相対的貧困率はメキシコ、トルコ、アメリカに次いで4番目に高く、先進国の中でも最悪のレベルにあるといえます。
背景には、バブル崩壊以降の長引く経済低迷の中、リストラや非正規雇用の増加などにより所得格差が拡大していったことがあります。さらには、働いても貧困から抜け出せないワーキングプアの出現、若者を大量に採用しては使い潰す「ブラック企業」、低賃金労働で家計を支えるシングルマザーや子どもの貧困なども問題となり、状況はますます深刻さを増しています。
もはや誰もが無縁ではいられなくなりつつある“貧困”。格差社会の進行を食い止めることは、今や日本にとって喫緊の課題の一つとなっています。

お役立ち情報・相談窓口

誰かに相談したくなった時、聞いてくれる窓口があります。
(クリックすると別ウインドウが開き、NHKサイトを離れます)

生活に困った時の情報・相談窓口

一般社団法人社会的包摂サポートセンター|よりそいホットライン
24時間どこからかけても無料の電話相談です。専門の相談員が、どんな人のどんな悩みにもよりそって、一緒に解決する方法を探してくれます。2013年から、インターネットでの相談「お悩みクラウドMoyatter」も受け付けています。
≪電話≫フリーダイヤル:0120-279-338(携帯電話・PHS・公衆電話からもつながります)
※電話がかかりにくいことがあります。
厚生労働省ホームページ「仕事・住まい・生活にお困りの方へ」
「仕事を探したい」「住まいに困っている」「生活に困っている」など、ご自身の状況から、利用できる支援や制度、相談・申請窓口が調べられます。
いのちと暮らしの相談ナビ
NPO法人 自殺対策支援センター ライフリンクが運営する「生きる支援の総合検索サイト」。多重債務や過労、いじめや生活苦など、様々な問題を抱えている人たちが、それぞれのニーズに合った支援を探し出せることを目的にしています。
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
生活に困っている人のアパート入居支援(連帯保証人の提供等)や生活相談・支援、交流サロンの開催などを行っています。

生活相談
≪電話≫03-3266-5744(火曜 正午~午後6時、金曜 午前11時~午後5時)※祝日休み
≪面談≫火曜 11時~18時 ※祝日休み 随時受付(できる限り電話やメールで予約を)
≪メールアドレス≫info@npomoyai.or.jp
NPO法人ほっとポット
家がない、お金がない、仕事がないなど、生活に困っている人の相談を社会福祉士が受けて、関係機関と協力しながら一緒に問題解決を行います。生活相談を随時無料で受け付けているほか、住む場所のない人が生活を立て直す時に入居できる、小規模の地域生活サポートホーム(さいたま市内)の運営なども行っています。
≪電話≫048-793-5160(平日 午前9時~午後6時 祝日休み)
≪FAX≫048-757-0106
≪メールアドレス≫hotpot-csw-iwatuki@river.ocn.ne.jp
※電話が込み合ってかかりにくい場合があります。
首都圏生活保護支援法律家ネットワーク
首都圏を中心とした全国の法律家(弁護士・司法書士)のネットワーク。生活保護の申請・受給手続きについて相談ができます。
※費用がかかる場合は、生活保護の受給が始まってから分割払いが可能
≪電話相談≫
048-866-5040(平日 午前10時~午後5時)
反貧困ネットワーク
貧困問題に取り組む市民団体・労働組合・法律家・学者などのネットワーク。当事者のエンパワーメントや学習会・イベント・ホームページによる発信などを通して、貧困問題の解決に取り組んでいます。
お住まいの市区町村役場の担当部署(福祉課など)、ハローワーク、福祉事務所、社会福祉協議会でも相談を受け付けています。

シングルマザー/ひとり親家庭/子どもの貧困に関する支援団体・相談窓口

「子どもの貧困」サポート情報提供ホームページ
「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークが作成・管理しているホームページです。貧困・低所得の状況に置かれた子ども・子育て家庭が活用できる支援制度を検索することができます。
※直接の相談支援は行っていません。
東京都ひとり親家庭支援センター はあと
東京都からの委託を受けて行っている、ひとり親家庭の総合的な支援窓口です。生活相談、就業支援、養育費相談、面会交流支援などを行っています。
相談内容によって対応拠点が違うため、詳しくはホームページをご覧ください。
NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ
シングルマザーが子どもとともに生きやすい社会、暮らしを求めて、情報交換・相互援助、交流等の活動を行っています。
≪電話相談≫03-3263-1519(火曜・水曜 午後3時~午後9時)
離婚と面会交流相談室アンファン
離婚後の子どもとの面会交流や養育について、相談・支援を行っています。
大阪子どもの貧困アクショングループ
見えにくい子どもの貧困を明らかにするために、子どもや家庭の生活を調査し、子ども・親・周りのおとなをサポートしています。困窮した家庭の子どものおやつ支援なども行っています。
お住まいの市区町村役場の担当部署(母子福祉課など)、ハローワーク、福祉事務所、社会福祉協議会でも相談を受け付けています。

非正規雇用・ブラック企業・過労死など「労働」に関する支援団体・相談窓口

NPO法人POSSE
労働相談を中心に、若者の「働くこと」に関するさまざまな問題に取り組んでいます。残業代、有給休暇、解雇、労災などさまざま労働相談を受けつけています。

相談窓口
(※相談が増加しているため、面談の対応等により電話に出られないことがあります)
【東京】≪電話≫03-6699-9359 ≪メールアドレス≫soudan@npoposse.jp
【京都】≪電話≫075-541-9760 ≪メールアドレス≫kyoto@npoposse.jp
【仙台】≪電話≫022-302-3349 ≪メールアドレス≫sendai@npoposse.jp
※仙台POSSEは東北地方にお住まいの方からの相談に限ります。
首都圏青年ユニオン
パート、アルバイト、派遣、契約、正社員など、どんな職業・働き方でも、誰でも一人でも入れる若者のための労働組合です。「解雇された」「休みがない」「残業代が出ない」など、仕事をめぐる悩みやトラブルを、同じ境遇の人々と一緒に解決していくための組織です。
≪電話≫03-5395-5359
ブラック企業被害対策弁護団
ブラック企業問題に対応するため、全国各地の若手弁護士を中心に結成された弁護団。長時間労働、残業代不払い、パワハラなど広く相談を受けつけています。
ホームページに各地域の相談窓口が掲載されています。
ブラック企業対策プロジェクト
労働問題や貧困対策に取り組むNPO、大学教授、弁護士、労働組合関係者など、各分野の専門家が力を合わせて発足したプロジェクトです。ブラック企業問題に関する情報や対策方法などの提供を行っています。
日本労働弁護団
労働問題を専門に扱う全国の弁護士によって組織された団体です。
ホームページに各都道府県の法律相談窓口が掲載されています。
過労死110番 全国ネットワーク
過労死弁護団全国連絡会議事務局が行っている相談窓口です。業務上の過労やストレスが原因で発病した結果、死亡したり重度の障害を負ったりした場合について、労災補償の相談を行っています。
≪電話≫03-3813-6999(平日 午前10時~正午 午後1時~午後5時)
※相談は原則として面談で行っています。電話で面談の日時・場所などをお問い合わせください。
全国過労死を考える家族の会
過労死で家族を亡くした人たちの当事者会です。全国各地で活動しています。

多重債務で悩んでいる方へ

法テラス(日本司法支援センター)
国によって設立された、法的トラブル解決のための総合案内所です。問い合わせの内容に合わせて、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を無料で案内しています。
≪電話≫0570-078374(PHS可)(利用料0円。通話料全国一律3分8.5円)
IP電話からは03-6745-5600
(平日 午前9時~午後9時 土曜日 午前9時~午後5時)
※全国各地の事務所での面談、メールでのお問い合わせも受け付けています。詳細はホームページへ。
金融庁ホームページ「お金を借りる方、借りている方へ|相談窓口」
都道府県や市町村の担当窓口、全国の弁護士会、司法書士会、財務局など各相談窓口の連絡先が掲載されています。
全国クレサラ・生活再建問題対策協議会
多重債務者を生まない社会を目指して、各自治体に対して多重債務対策を指導したり、さまざまな宣言や決議を行っています。ホームページには、全国各地の被害者の会、相談窓口の一覧が掲載されています。

奨学金の返済で悩んでいる方へ

奨学金問題対策全国会議
奨学金返済に悩む人の救済・相談活動を行っています。
≪電話≫03-5802-7015(月曜~金曜 午前9時30分~午後5時30分)

特集

コラム・読み物

出演者インタビュー

過去の放送

このテーマに関する過去の放送をご紹介します。

ハートネットTV

このアイコンの意味は…番組まるごとテキスト

ハートをつなごう

2008年2月25日、26日放送
貧困

福祉ネットワーク

2010年9月7日放送
路上でしか生きられなかった -知的障害とホームレス-
2010年2月11日放送
春が来るまで -浜松 失業からの再出発-
2008年7月23日、11月27日放送
“ホームレス”からの脱出 -さいたま・NPO「ほっとポット」の挑戦-
2008年10月29日放送
借金苦から市民を救え -多重債務・地方自治体の奮闘-
2007年12月19日放送
この人と福祉を語ろう ―生活困窮者を支援するNPO事務局長・湯浅誠―見えない「貧困」に立ち向かう
2007年2月6日放送
借金自殺は必ず防げる ―奄美市役所・ある係長の挑戦―
2006年5月22日放送
終の住みかを求めて ―北九州・高齢ホームレスの自立支援―

お役立ち情報の一覧に戻る