本文へジャンプ

放送内容

人気広がるタンデム自転車

2015年8月2日(日)[ラジオ第2] 午後7時30分~8時00分
(再)2015年8月9日(日)[ラジオ第2] 午前7時30分~8時00分

放送を聞く

放送内容


写真 : 都盲タンデムクラブ代表 愛沢法子さん

写真 : パイロット役を務める東京サイクリング協会の藤田伸一さん

写真 : タンデム愛好家の尾台靖子さん

視覚障害者が楽しむことができる新たなアウトドアスポーツとして、タンデム自転車の人気が広がっている。
タンデムとは、2人乗りの自転車。前でハンドルを握るパイロット(晴眼者)と、後ろでペダルの漕ぎ手となるストーカー(視覚障害者)が力をあわせて走行する。パラリンピックの競技種目になっていることや、ここ数年、いくつかの都道府県がタンデム自転車の一般公道での走行を許可したことなどから、一般の感心が高まっている。
番組では、このタンデム自転車の魅力にはまっている視覚障害者を紹介。中途視覚障害の愛沢法子さんは、視力が低下するにつれ自転車に乗ることができなくなっていた。しかしタンデム自転車と出会い、再び「風を切る楽しみ」に目覚めている。一方、同じく中途視覚障害の尾台靖子さんは、見えていた時は自転車に乗れなかったのだという。視覚障害となり東日本大震災の時、帰宅難民になり移動に恐怖を感じ、外出が出来なくなってしまった時期もあった。偶然、タンデムを体験したことで、「視覚障害者のすることはなんでもやってみよう」と今は意欲的になれたという。視覚障害者のタンデムサイクリングの支援をしている東京サイクリング協会の藤田伸一さんと共に タンデム自転車の楽しみ方を存分に語り合う。

出演者
出演:
愛沢 法子さん(東京都盲人福祉協会 タンデムクラブ代表)
尾台 靖子さん(タンデム愛好家)
藤田 伸一さん(東京サイクリング協会会員)
青木 裕子
関連情報
ご意見募集

番組へのご意見・ご感想をお聞かせください。
おたよりフォームはこちら

郵 便:
〒150-8001 NHK「視覚障害ナビ・ラジオ」
メール:
shikaku★nhk.jp(★を@に換えてください)