本文へジャンプ



放送内容

シリーズ・可能性を切りひらく
障害者と企業をつなぎたい ―人材コンサルタント会社・初瀬勇輔さん―

2014年2月16日(日) [再放送]2月23日(日)

初瀬 勇輔さん

みずからが就職活動の厳しさを味わった経験から、障害者の就労を支援する会社を興した初瀬勇輔さん。
職業紹介や企業向けの雇用計画の策定、講演会やセミナー開催などに日々奔走している。
設立からの2年間で、顧客企業はおよそ20社に増え、就労した障害者は9人になった。
初瀬さんのモット―は、「障害者と企業を現実的につなぐ」こと。
障害者は、障害の種別や程度、経歴や希望する職種などを登録する。
一方企業側は、仕事の内容やバリアフリー設備の状況など、どこまで受け入れ可能かを明確に示す。
双方の条件に合った人材を提案することで採用率を高めているという。
また、自身が視覚障害者柔道でパラリンピックに出場した選手でもあることから、障害者アスリートの就職支援も積極的に行っている。
昨年4月、障害者の法定雇用率が民間企業で1.8%から2%に引き上げられた。
初瀬さんは、「雇用率達成のためだけの雇用は意味がない。会社の戦力として障害者をとらえてもらえる、新しい障害者雇用を創造していきたい。」と、意欲に満ちている。
初瀬さんに、これまでの軌跡と障害者雇用にかける思いを聞く。


出演者

ゲスト:初瀬 勇輔さん(人材コンサルタント会社代表・柔道家)
司会:遠田 恵子


関連情報

【初瀬さんの会社 株式会社ユニバーサルスタイル】
メール: info@universalstyle.co.jp

戻る