本文へジャンプ



放送内容

読書バリアフリー最前線

2013年9月22日(日) [再放送]9月29日(日)

視覚障害者にとって活字の本を自由に読むことは、長年の課題であり、切実な希望でした。
視覚障害者の読書環境は今後どう変わり、どんな課題があるのでしょうか。
電子書籍と国立国会図書館からのデイジーデータ配信サービスという、2つの新しい動きについて、視覚障害者の読書事情に詳しい成松一郎(なりまつ・いちろう)さんと、全盲の図書館員である服部敦司(はっとり・あつし)さんをゲストに、視覚障害者の自力での読書の可能性を探ります。
番組前半では・・・
*「音声読み上げ機能」を搭載した電子書籍端末を、読み上げの音を交えて紹介。
*公共図書館での電子書籍貸出の動向は?
番組後半では・・・
*来年1月から、国立国会図書館が始めるデイジーデータ配信サービスについて。
*サービス内容やサピエ図書館との連携について、国立国会図書館の兼松芳之(かねまつ・よしゆき)さんに聞きます。

【ご意見募集】
番組へのご意見、ご感想など、ぜひお聞かせ下さい。お待ちしています!!
番組公式メールアドレス:kiite★nhk.jp(★を@に変えて下さい)


出演者

出演:成松 一郎さん(読書工房・代表)
   服部 敦司さん(枚方市立中央図書館員)
司会:高山 久美子(フリーアナウンサー)


関連情報

【青空文庫】
視覚障害者など、活字での読書が困難な人が無料で利用できるインターネット図書館

【バリアフリー資料リソースセンター】
視覚障害者など、読書が困難な人をサポートする組織
住所:〒171-0031 東京都豊島区目白3-21-6-101
電話:03-3950-5260
ファックス:03-5988-9161

戻る