本文へジャンプ

放送内容

12/5

会話が見える!―人をつなぐ音声認識アプリ―

  • 2015年12月5日(土) [Eテレ] 午後8時45分~9時
  • [再放送] 2015年12月11日(金) [Eテレ] 午後0時45分~
    ※放送時間は変更される場合があります
内容

今、企業から国立大学、自治体など、様々な現場が利用し、注目を集めているアプリケーションがある。人の声を認識し、文字に自動変換する、「音声認識アプリ」だ。
これまで議事録作成などに使われてきた技術を、聴覚障害者とのコミュニケーション支援に応用したもので、2年前に開発された。アプリが入った、スマートフォンやタブレット端末に向かって話しかけると、その音声がリアルタイムで文字になり、画面に表示される。認識率が大幅に向上した為、以前のような変換ミスが格段に減り、ストレスなく使える。さらに、文字となった情報は複数の端末で同時に見られるので、大人数での会話も可能だ。
都内の企業では、聴覚障害のある社員のために、朝礼や会議などで活用。これまでは同僚の手を借りて、書き起こしてもらっていたものが、瞬時に文字に代わり、かつ、聞こえる人と同じ情報を共有できるため、好評だ。
番組では、音声認識アプリを活用している現場を取材、その可能性を伝える。

会話が見える!―人をつなぐ音声認識アプリ― の番組ダイジェストを見る

出演者

アプリ開発者 青木 秀仁さん(Shamrock Records 株式会社 代表取締役)

関連情報
■音声認識アプリについて

・番組で紹介したアプリ「UDトーク」は、無料でダウンロードできます。
iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Play Storeからどうぞ。
・詳細は、「UDトーク」のホームページをご覧下さい。

【メッセージ募集】

ファックス:03-3465-8010
メール:メールフォームからお願いいたします。
Twitter:@nhk_rounan

放送一覧に戻る

※NHKサイトを離れます