ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

ろうを生きる 難聴を生きる「デフラグビー日本代表の挑戦(前編)」※字幕

    “聴覚障害者のデフラグビーの世界大会が、4月にオーストラリアで開催されます。国内での強化合宿や練習試合に挑む日本代表チームの姿を前・後編で紹介します。ろう者と難聴者で構成されている代表チーム。主力選手として期待されているのが難聴の土田選手です。しかし手話を勉強中のため、やりとりがうまくいかずミスを連発。手話でろうのチームメイトと連携をとることができるのでしょうか?奮闘する選手たちを追いました。”

    出演者ほか

    【語り】佐田明,高山久美子

    番組ダイジェスト

    デフラグビー日本代表の挑戦 前編

    「クワイエットジャパン!」

    グラウンドに集まっているのは、聴覚障害者のラグビー選手たち。実は、ある大会に挑む日本代表のメンバーです。

    photo

    聞こえないラガーマンによるデフラグビー。選手たちは、今月(4月)オーストラリアで開かれる世界大会に出場するのです。

    監督 落合孝幸さん
    「世界大会の目標は、やっぱり優勝を目指したいと思います」

    しかし、強化合宿が始まるやいなや、課題が浮かび上がります。ろう者が主体のチームのため、手話が苦手な難聴者には戸惑いが…。

    photo
    「今の川上さんの質問わかる?土田」

    主力選手のひとりが手話を理解できず、周りから浮いてしまいます。

    強化試合では手痛いミスを繰り返してしまいました。

    photo
    「みんな気持ち入ってる?入ってる?やる気あるの?」

    番組では、国内での合宿や強化試合を3か月にわたって取材。世界を目指す聞こえないラガーマンの姿を、今週と来週の2回にわたって放送します。

    1月、初めての合同練習が行われました。代表選手は、ろう者、難聴者、合わせて12人。強豪校の大学生や高校時代に全国大会に出場したことのある社会人が中心です。住んでいる地域も職業もさまざま。そのため合同練習は月に1度しか行えません。

    photo

    デフラグビーの世界大会は、2002年ニュージーランドで初めて開催されました。ルールは健聴者と同じ。プレー中は補聴器を外します。前回、日本は7人制ラグビーに出場。見事、準優勝に輝きました。

    当時キャプテンとして活躍したのが、ろう者の落合孝幸さんです。今年(2018年)落合さんは監督に就任。これまでの監督は健聴者でしたが、聞こえない選手のことを肌で知る落合さんが選ばれました。

    photo
    監督 落合孝幸さん
    「攻める時に、自分(ひとり)だけで攻めるのではなく、チームで攻めるのでコミュニケーションが一番重要になります」

    練習初日、さっそくコミュニケーションの課題が見つかります。それは、聞こえない選手がどうやって意思を伝えあうのか、メンバーの大半がふだん健聴者のチームに所属。聞こえる選手にフォローしてもらうこともあるそうです。

    福井拓大選手
    「健聴のチームだと、僕が聞こえなくても自分から声を出せばコミュニケーションがとれる。僕が右にくれといったら味方が右にパスくれるというコミュニケーションがとれる。このチームは全員耳が聞こえない状況なので、どうやってコミュニケーションとったらいいのか、まだはっきりとは見つけられていない状況です」

    photo

    聞こえない選手同士が声を出してやり取りするのは簡単ではありません。そこで手話をチームの共通語にしてプレーの確認をすることにしました。どんな狙いで今のプレーをしたのかを伝えあい、仲間の動きを予測できるようにするためです。

    photo

    ろうの選手が多い中、2人の難聴者が代表に選ばれました。蛇目直人(じゃのめ・なおと)選手と土田将弥(つちだ・しょうや)選手です。チームにろうの選手が多いと聞いていた蛇目選手、手話の勉強を続けていました。

    蛇目直人選手
    「(敵を)抜きに行こう」

    指文字もマスターしています。

    photo

    プレー中は「手」を上げて、自分の位置を伝えるなど、ろうの選手にわかりやすいプレーを心がけます。少しずつチームに溶け込み始めました。

    蛇目直人選手
    「仲間に入れた、みたいな感覚はあります。僕は指文字しかわからないから遅いんですけど、(ろう者が)ゆっくり教えてくれる。それが嬉しい反応ですね」

    もうひとりの難聴者、土田将弥選手、23歳。健聴者で構成された強豪のクラブチームに所属。主力選手として活躍しています。持ち味は攻撃的なタックル。代表チームの核になるのではと期待されています。

    photo

    そんな土田選手が気がかりなのが、手話でのやりとりです。現在、勉強中ですが、まだまだ込み入った会話はできません。

    土田将弥選手
    「今はちょっと手話も慣れていないんで、口でコミュニケーションとっていこうかなって」

    この日の練習でも、手話がわからないために、ぎくしゃくした場面がありました。いざ練習開始、すると…。

    「なんでやねん」

    土田選手、手話を勘違いして逆の動きをしてしまいました。

    photo

    何が違っていたのか確認しようとしますが…手話なしでは、しっかり伝わりません。

    photo
    「わからない…もう一回言って」

    ラグビーの実力では誰にも負けないと臨んだ初練習。しかし、戸惑いが隠せませんでした。

    土田将弥選手
    「自分の行っているチームでは、みんな聞こえているので、口で言い合いができるんですけど、このチームだと聞こえていないので、なかなか言葉が伝わりにくいなっていうのがあって…」


    監督 落合孝幸さん
    「彼も彼なりに考えていると思うんで、そこはしつこくあまり言うよりも、自分で気づいて伝えてもらえばいいかなと思います」

    土田選手の仕事は、病院の看護助手。夜勤が多く、仕事は不規則です。深夜、ひとりで30人のお年寄りのケアをすることも。ハードな仕事のため、手話を勉強する時間が作れないのが悩みです。

    photo

    土田選手は小学生の時、中耳炎が原因で難聴になりました。右耳の聴力を失い、左耳に補聴器を付けることで会話を理解してきました。ラグビーを始めたのは高校時代。健聴者の中でプレーしても運動神経がよかったため、ひけを取ることはありませんでした。日本代表に選ばれてから、土田選手はデフラグビーに大事なことは、技術だけではないと感じるようになりました。

    photo

    代表チームの練習が始まって3日目。休憩時間、指文字を学ぶ土田選手の姿がありました。

    photo
    土田将弥選手
    「焦っています」

    チームにはもうひとつ課題がありました。それは遠征費の工面。落合監督が世界大会の行われるオーストラリアまでの資金集めに当たっていました。大学に通う選手やボランティアの負担を減らそうと、企業や団体に協賛を呼び掛けています。しかし、この日もまた断りのメールが…。少しでもいいのでお願いできないかと改めて依頼します。

    監督 落合孝幸さん
    「(企業や団体の人は)デフリンピックも知らない。さらにデフラグビーも知らない。世間の皆さんはもっと(デフラグビーを)知らない。知らないところを始めから説明して理解を頂くのは、本当に大変ですね」

    photo

    この日、初めて強化試合を行うことになりました。対戦相手は、関西の強豪チーム。全員、聞こえる選手です。世界大会を想定して、補聴器を外します。

    photo

    試合が始まりました。紺のユニフォームの代表チーム。作戦は早いパスでの攻撃。しかし、なかなかつながりません。

    photo

    白いユニフォームの相手チーム。

    「後ろ、もう一本後ろ」

    声を出し合いながらプレーすることで、パスを正確に回します。

    photo

    ハーフタイム。代表チームはこの日の作戦を手話で確認。蛇目選手、口話とジェスチャーで積極的に意見します。一方の土田選手、なかなか会話に加われません。

    photo

    代表チーム、ハーフタイムでのやりとりが功を奏し、後半、少しずつパスがつながり始めます。ようやくトライが決まりました。

    photo

    ボールを持った土田選手。ひとりで攻め込もうとしますが、敵にボールをとられてしまいました。

    photo

    日本代表、力負けでした。世界大会を目指すチームにとって、厳しいスタートとなりました。はじめての試合で実力を発揮できなかった土田選手。デフラグビーの難しさを痛感しました。

    次回は後編です。
    手話を学ぶ時間をなんとか作ろうと必死な土田選手。どこまでコミュニケーションがとれるようになったのでしょうか。来週もお楽しみに。

    新着ダイジェスト