本文へ
ここから本文です
楽ラク ワンポイント介護 2015年度の放送はこちら
1月から「三好流ワンポイント介護」をリニューアルして始まった「楽ラクワンポイント介護」。
生活の中で無理なく行えるリハビリ・介護のノウハウで好評を得てきた「ワンポイント」介護を新しく2人の「介護の達人」を起用し、一新します。
日常生活の介護の基本技術はもちろん、自立を促す介護術、これまで語りきれなかった「心のケア」の面にも目を向け、介護する人もされる人も「楽しく」「ラクに」介護する方法を学びます。そして介助法を毎回1テーマずつ分かりやすく紹介していきます。

実技指導/監修 青山幸広
介護福祉士・介護アドバイザー・保育士。
1966年、青森生まれ。短期大学卒業後、保育士勤務を経て、介護福祉士になる。
2001年、青森の老人保健施設を退職後、「おむつをしない」「機械浴に入れない」「閉じ込めない」「薬に頼らない」をモットーにした介護アドバイザーになることを決意し独立。
2004年、「ケア・プロデュースRX組」代表。2010年、京都・大徳寺近くに介護塾「紫野庵」を設立する。
腰を痛めない介護技術指導やゆったりとお年寄りと関われる介護業務改革など、独自の介助術と理論が反響を呼び、全国各地の施設から介護指導のオファーが寄せられているケア・アドバイスの第一人者。
実技指導/監修 福辺節子
理学療法士・介護支援専門員
1954年、大阪生まれ。同志社大学在学中に事故で左下腿を失い義足となる。障害者福祉センターでの勤務を経て、1992年よりフリーの理学療法士として地域リハビリテーション活動を開始。介護職・医療職だけでなく一般の人も参加できる「もう一歩踏み出すための介護セミナー」を主宰。2007年、和歌山県立医科大学医科学修士課程修了。
介助を受ける人の意欲と力を引き出す介助が支持を呼び、全国の自治体や介護施設での講演会・講習会の講師や、施設・在宅での介助指導やアドバイザーなどの活動を行っている介助指導のエキスパート。


楽ラク ワンポイント介護
本放送 毎週金曜日 21:55~22:00 Eテレ
再放送 翌週火曜日 15:25~15:30 Eテレ

番組内容

2012年度
第1回 力を使わない楽な介護とは
第2回 介護しやすいベッド選びのポイント
第3回 寝返りの楽ラク介助法
第4回 寝たまま枕元へ移動する方法
第5回 手足に力がある人の起き上がり介助
第6回 四股マヒの人の起き上がり介助
第7回 布団からの起き上がり介助
第8回 手足に力がある人の車イスへの移乗法
第9回 手足の力が弱い人の車イスへの移乗法
第10回 手足の力がない人の車イスへの移乗法
第11回 相手の力を引き出す介助とは?
第12回 相手への声かけ
第13回 動きを引き出す触れ方
第14回 体重移動を促す方法
第15回 相手が安心する支え方
第16回 イスから立って座る介助法~準備の姿勢を覚える~
第17回 イスから立って座る介助法~手足に力がある人の場合~
第18回 イスから立って座る介助法~足の力が弱い人の場合~
第19回 イスから立って座る介助法~体が突っ張る人の場合~
第20回 イスから立って座る介助法~片マヒの人の場合~
第21回 安全で快適なトイレの環境作り
第22回 車イスからトイレへの移乗法
第23回 狭いトイレでの介助法~手足に力のある人の場合~
第24回 狭いトイレでの介助法~手足の力が弱い人の場合~
第25回 ポータブルトイレの選び方と設置の仕方
第26回 ポータブルトイレへの移乗法~手足の力が弱い人の場合~
第27回 ポータブルトイレへの移乗法~手足の力がない人の場合~
第28回 車イスで段差を乗降する時の介助法
第29回 車に移動するときの移乗法
第30回 座席の高い車に乗るときの移乗法

 


 


三好流 ワンポイント介護

【実技指導/監修】三好春樹
理学療法士 1950年生まれ。74年から特別養護老人ホームに生活指導員として勤務後、九州リハビリテーション大学卒業。再び、特別養護老人ホームでPT(理学療法士)としてリハビリテーションの現場に復帰。85年退職後「生活とリハビリ研究所」代表。
現在、年間150回を超える講演と実技指導で絶大な支持を得ている介護技術の第一人者。

番組内容

2010年度

 


2009年度