本文へ

認知症キャンペーン「認知症 その時、あなたは」

「認知症とともに生きる社会」に向けて、私たちができること
NHK福祉ポータル ハートネット

認知症お役立ち情報

認知症関連図書

NHK厚生文化事業団では、認知症についてわかりやすく説明した冊子を作りました。
無料(送料のみご負担)でお分けしています。

NHK厚生文化事業団 冊子

番組制作の参考にした図書の一部から、認知症を知り、理解するために役立つ本を紹介します。

認知症専門医の図書

  • 小阪憲司『認知症はここまで治る・防げる 大活字版』(主婦と生活社)

認知症のことがわかる基本図書

  • 小澤勲『痴呆を生きるということ』(岩波新書)
  • 斎藤正彦『親の「ぼけ」に気づいたら』(文春新書)
  • 新井平伊 監修『アルツハイマー病のすべてがわかる本』(講談社)
  • 遠藤英俊 編『認知症・アルツハイマー病がよくわかる本』(主婦の友社)

MMSE(認知機能検査)テストが記載されている図書

  • 長谷川和夫『「名医に学ぶ」認知症診療のこれまでとこれから』(永井書店)

介護施設の運営に役立つ図書

  • 『きなっせ発 寄り添うケアとは何か−宅老所・グループホームのケアマニュアル』
    (2003年 全国コミュニティライフサポートセンター)

認知症関連ビデオライブラリー

NHK厚生文化事業団の「福祉ビデオライブラリー」では、
NHKで放送した以下の認知症関連番組の貸し出し(無料)を行っております。ご利用ください。

「福祉ネットワーク」(2007年10月放送)の「シリーズ認知症」

  • “かかりつけ医”がくらしを支える
  • 早期発見で先手をうつ

「きょうの健康」(2007年3月放送)の「認知症 予防・治療の最前線」

  • もの忘れ?アルツハイマー病?
  • 増えているレピー小体認知症
  • ここまで防げる 脳血管性認知症
  • 早期診断が大切

など、認知症をテーマとする番組30本以上を貸し出しています。


関連イベント

NHK、NHK厚生文化事業団では、認知症キャンペーンの一環として、NHKハート・フォーラムの開催を予定しています。

認知症チェック項目

認知症は、あなたの気づかないところで進行しているかもしれません。
早期発見のためにも、「あれ、おかしいな?」と思ったら、まず、下の質問でチェックしてみましょう。
(この認知症チェック項目は、あくまでも目安です。認知症の診断をするものではありません)

(国立長寿医療センターで使われているチェックリストより)

(1) 同じことを言ったり聞いたりする。
(2) 物の名前が出てこなくなった。
(3) 置き忘れやしまい忘れが目立ってきた。
(4) 以前はあった関心や興味が失われた。
(5) だらしなくなった。
(6) 日課をしなくなった。
(7) 時間や場所の感覚が不確かになった。
(8) 慣れた所で道に迷った。
(9) 財布などを盗まれたという。
(10) ささいなことで怒りっぽくなった。
(11) 蛇口、ガス栓の締め忘れ、火の用心ができなくなった。
(12) 複雑なテレビドラマが理解できない。
(13) 夜中に急に起きだして騒いだ。

3つ以上あてはまった方は、専門医に相談を。

認知症の診断には・・・

  • 精神科 神経内科 老年科
  • もの忘れ外来 認知症外来 などの専門外来

それぞれの医療機関にお問い合わせください。