ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

聴覚障害

聴覚障害「これだけは知って欲しい」コミュニケーションの悩み(2015年6月)

番組スタッフ

聴覚障害と言っても、まったく聞こえない人、補聴器をつければ少し聞こえる人、生まれたときから聞こえない人や途中で聞こえなくなった人など、その状況や状態はさまざまです。聴覚障害の人は日常生活でどんな悩みを持っているのでしょうか。

「救急車が電話でしか呼べずに困る」「マスクをしている人が増えて、口の形が読み取れず困る」「職場での大勢の会議で内容が分からず情報共有できない」など、 聞こえる人に「これだけは知ってほしい!」という悩みについて当事者の方からご意見をお寄せいただきました。

※このカキコミ板は、2015年6月のハートネットTVで募集したものです。番組の記事はこちらから。
※聴覚障害に関する記事はこちらから。

番組スタッフより
◆カキコミではなく メールでのメッセージはこちらをクリック 。(別ウィンドウ)

◆過去の放送・関連ページ
2015年6月25日放送 WEB連動企画“チエノバ”これだけは知ってほしい!―聴覚障害の悩み―
◆みんなの手話
内容:手話を学びたい、でもその機会がなかなかない…そのような方が日常生活で使う手話を、楽しく学ぶ初心者向けの番組です。
放送:Eテレ・毎週日曜夜7時30分~7時55分
公式ホームページはこちらをクリック 。(別ウィンドウ)

◆ろうを生きる難聴を生きる
内容:聴覚障害者の生活に必要な情報や、各界で活躍する聴覚障害者を取り上げます。
放送:Eテレ・毎週土曜夜8時45分~9時

投稿日時:2015年05月14日 21時42分

投稿日時:2015年05月14日 21時42分
カキコミ件数:55件
聴覚障害者の心理をケアするカウンセラーの存在
ふらんさん/


聴覚障害者といっても、生まれつきのろう者ですが、
音声を主とする心理カウンセラーを取得されている方がいます。
日本で第一号者です。
日本で唯一の聴覚障害者心理協会を立ち上げ、理事長を務めていらっしゃいます。
そういう方にクローズアップし、ろう者視点での心理カウンセリングをお聞きしたいです。
音声を主とするカウンセリングに、ろう者がどのような想いで取得されたのか、苦労談、今後の希望等という取材をお願いし、テレビの力をお借りし、聴覚障害者の心理について広めていってほしいものです!

聴覚障害者は目に見えない障害であり、情報障害とも言われています。
コミュニケーション方法も、聞こえ方も人それぞれで、もっとも取り扱いにくい障害のひとつともいわれています。
そんな彼らが抱く悩みは健聴者では思いもつかないほど、残酷なものばかりです。
是非、ろう者の心理カウンセラーという存在を広めていき、多くの聴覚障害者や彼らに関わる健聴者たちへの救いの場、情報提供の一つとなれたらいいと思い、ここに投稿し
ました。

投稿日時:2015年06月11日 15時23分

聴覚に限らず発話も障害があると・・
エムさん/愛知県/30代/

聴覚障害があると電話や会話のコミュニケーションが取れないことが多々あります。
そこに見過ごされてしまうのが、「言語の障害」。発話や発声に障害のある人は、聴覚障害のある人と同じように電話や会話でのコミュ―ニケーションが取れません。
電話に出ることができませんから、聴覚障害のある人と同じように電話サービスや電話でのお問い合わせなどもできません。
「筆談ですればいいじゃん」という声もあるかもしれません。筆談は常に手を動かして書かなければならないので、手が痛くなってきます。また、筆談は電話越しではできません。あくまで向かいに相手のいることで成立するコミュニケーションです。
「メールがあるじゃん」という声もあるかもしれません。メールは便利ですが、電話番号でしか明記されていないケースや、そもそもメールが相手に届いているか・ちゃんと呼んでくれているか自分で確認する術がありません。

聴覚障害も言語障害も、それらの障害を持っている人にとって筆談とメールはあくまで限られた一手段にしかすぎません。

投稿日時:2015年06月11日 07時35分

覚えてもらえると嬉しいです
ばんぶーゆうきさん/東京都/20代/学生

聞こえのレベルは人それぞれであることを知ってほしい。あと聞こえにくい人でも口形で読み取れる人と読み取れないひとも人それぞれです。「あの人はできるのにキミはできないの?」「面倒臭い」など思わず丁寧に対応していただければ嬉しく思います。

投稿日時:2015年06月10日 18時40分

疑似体験してみてください。
葉桜さん/東京都/40代/聴力障碍者

耳栓をしたまま、24時間を過ごしてみて欲しい。
目に見えるだけの情報がいかに少ないか。
聞こえないと車や自転車が行き交う道を歩くのが、どれだけ危険を伴うか。
そして、聞こえないだけで想像以上の孤独を味わわなくてはならないかを、体験してください。
緊急サイレンも危険を報せる放送も、耳に入ってこないことがどれだけ不安になるかも。
「(聞こえない人の)気持ちは分からない」なんて、簡単に言わないでください。皆いつかは耳が聞こえなくなるんです。
聞こえなくても、私は目の前の貴方に笑顔になってほしくて笑っています。こんな気持ちを隠しながら。

投稿日時:2015年06月09日 20時10分

  • みけねこさん/千葉県/40代/

    手話学習歴5年生で、手話通訳士とパソコン要約筆記奉仕員目指して勉強中の健聴者です。
    私自身、手話サークルで聴覚障害者の人たちと手話おしゃべり、略して「手話べり」を積極的に頑張っています。
    千葉県のホームページで障害者差別事例で聴覚障害者について読んでいたら、「手話通訳者が見やすいようにしてくれない会場スタッフの行動」「いきなり殴られた」「口話の声が変だ、宇宙人みたいだなって言われた」と言う辛辣な差別を受けられているらしいので私は、涙を流して文章読んでいました。
    私の周りの聴覚障害者も解ってくれない苦悩を感じていると日々思います。
    私も疑似体験をしてみたことありますが、聞こえない、解ってくれない、通じないは本当に辛いなあって思います。

    投稿日時:2015年06月10日 07時59分

二人の難聴児を持つ保護者の悩みです
人工内耳は湿気に注意さん/岡山県/30代/父親

我が家には3人の子どもがいますが、そのうち下の2人が先天性聴覚障害です。
ちなみに夫婦ともに聴覚障害はありません。
周囲の人たちには、「聴覚障害=手話」というイメージが強いようで、
よく「○○ちゃんの、お父さんもお母さんも、手話がお上手なんでしょうね!」「今度、手話を教えて下さいね!」「○○ちゃんと、お話しができるように、手話を勉強してきます」って、言われることがあります。
我が家の場合、人工内耳を装用し聴覚活用で口話でコミュニケーションがとれるので、実は手話を使っていません。私たち夫婦も、子どもも手話はできません。
また、時には手話ができる方が、手話のできない我が子に一生懸命に手話で話しかけられ、キョトンとしていることも有ります。
最初のうちは「実は、手話ができないんです…」と、その都度説明していました。
相手に対する申し訳なさと、説明するめんどくささでいっぱいになります。
人工内耳に認知度も低く、「人工内耳ってなんですか?」と聞かれると「補聴器がグレードアップしたようなものです」と、適当な答えをしています。
「人口内耳」という誤字も時々、見かけますよね!
取りとめのない文章になりました、難聴児をもつ父親の素直な悩みです。



投稿日時:2015年06月08日 11時36分

  • みけねこさん/千葉県/40代/手話勉強中

    手話通訳士目指して勉強中の健聴者です。
    聴覚障害者にもパターンが色々というのを理解して欲しいですね。
    世間では「聴覚障害者=手話」と思いがちですが、ろう者の他に中途失聴者、難聴者の存在を忘れていけないです。
    私の知り合いでろう者なのに口話がとてもうまい人がいます。
    健聴者と見劣りないくらいです。
    私自身、ろう者、中途失聴者の仲間たちと一緒に手話の勉強の他に、生活、社会、性格を全て知らないといけないと思います。
    手話サークルや千葉県通訳者養成講座や千葉通研の集まりに行くと色んな聴覚障害者の人たちに出会います。
    みんなそれぞれです。
    私は、聴覚障害者から好かれる手話通訳士になりたいですね。

    投稿日時:2015年06月25日 00時48分

  • み〜さん/千葉県/50代/当事者&支援者

    いろいろお困りのことも多いことと思います。
    でも、なぜお子さんに手話を覚えさせないのか、ご両親が手話を思えようとされないのかわからないのです。
    今後お子さんたちも、成長とともに困ることも増えると思います。聞こえるお子さんとの今後の関係も考えると、ご家族のコミュニケーションの幅を広げておいた方が安心ではないかと。
    音声言語と手話と両方を使えるといいのではないかと思います。

    投稿日時:2015年06月20日 08時13分

  • ろう者さん/

    その子と人工内耳で会話できているから手話を覚えなくていいと思っているお父さんに聞きたいです
    人工内耳が使えないときの状況での会話方法は?
    例えば何かがで長い間電池を変えられなかった時とかうるさいところに長時間いなければならない時とか、色々とあると思います

    投稿日時:2015年06月18日 05時35分

ろう者ではありませんが…
さくらさん/神奈川県/20代/

高校生の頃から手話を勉強しています。

何度かろう者の方とお話しする機会はありましたが、最近はめっきり減ってしまいました。
この機会にろう者の方が聴こえる側に求めること知りたいです。

普段から手話を使うように心がけたほうがやはりうれしいのでしょうか?

投稿日時:2015年06月07日 21時04分

  • いとむしさん/

    失礼しました。

    現役の高校生じゃなくて20代の方ですね。

    聾者と触れ合う機会が減ったのであれば
    仕事が忙しくなった
    環境の変化によるもの・・・などあると思いますが
    手話そのものは聴覚障害者全体の2割しか使えないので
    必要というよりも
    万が一のことと考えればいいと思います。

    私はデシベル上聾の範疇にある重度難聴者なので
    手話は使えませんし
    むしろ要約筆記を使う方です。

    どこかで聾者が困っていれば
    手助けをするだけで十分です。

    重ね重ね失礼しました。
    ご容赦ください。

    投稿日時:2015年06月22日 11時33分

  • いとむしさん/

    書き込みを拝見しました。

    文面を見ると
    どうも聴覚障害者と言えば
    聾者ばかり限定しているようですが
    手話自体
    使える聴覚障害者は全体の2割しかいないのです。

    聾学校を出た聾者の使う手話は「日本手話」で
    それ以外は「日本語対応手話」なのです。

    >何度かろう者の方とお話しする機会はありましたが、最近はめっきり減ってしまいました。

    何故減ったのでしょう?
    高校生なので受験などもあるし減ってもおかしくないと思いますよ。
    ただ、目的もなく手話を覚えるようであれば
    いったん手話を忘れて
    自分のことを考えたほうがいいと思います。

    きつい言い方で申し訳ないですが
    私は重度難聴でデシベルは聾に入っています。
    しかし聾学校ではなく普通学校に通っていましたので
    手話そのものには触れていません。

    高校時代は手話部がありましたが
    私は勧誘されませんでした。
    むしろ手話のコンクールで優勝して大学受験に箔をつけるために
    結成された部だったのです。
    実際、教師でさえ誰一人私に手話や聴覚障害について
    尋ねてくる人はいなかったのです。

    貴殿はまだ若いので手話にかかわらず
    自分のしたいことや生きる場所や未来を大事にして
    そこで聾者に会うことがあれば手話を使ってください。

    私はデシベル上では聾という範疇にありますが
    重度難聴なので
    聾者とはまた違いますが
    学業や仕事などで大事な時に
    筆談なり手話なり何かちょっとした気遣いがあれば
    ありがたいと思っています。

    投稿日時:2015年06月22日 11時27分

  • みけねこさん/千葉県/40代/

    高校生で手話の勉強しているって、普通の高校生では立派ですね。
    ずっと勉強し続けると、きっとイイ事ありますよ!
    私は44歳で手話学習歴5年生で下手だけど、手話通訳士とパソコン要約筆記奉仕委員目指して勉強中です・・・
    「聴覚障害=手話」と思いがちかもしれないけれど、聴覚障害というのは様々なタイプを持っています。
    大きく分けるとろう者と中途失聴者と別れますが、ろう者は手話、中途失調者は要約筆記というのがあります。
    手話にもろう者が使っている日本手話、私たち健聴者が勉強しやすいようにできていて難聴者が使う日本語対応手話があります。
    ろう者の中にも口話がうまい人もいるし、健聴者に合わせて日本語対応手話を使うろう者もいます。
    本当にタイプが様々で見ていると面白いですよ。

    投稿日時:2015年06月10日 08時10分

知ってほしいこと。コミュ編
ごうさん/埼玉県/30代/当事者

・騒がしいところの聞き取りは困難
・マスクは外して、外せないなら筆談を
・耳元で大声出してもわからない
・何度か聞き返したら「ビールのびだよ」とか言ってみて
・職場の飲み会、実は苦痛
・聞こえない=手話ができるではない
・後ろや遠くから話しかけても気がつかないよ。近くで肩をたたいて
・雨の日など聞こえにくい日もある
・補聴器つけっぱなし疲れます
・一般に聴力は落ちていくものなので前と違っても驚かないで
・聞きやすい声と聞き取りにくい声があるだけで、好き嫌いに誤解しないで
・声で会話するだけが会話じゃない。色々手段があるよ
・無視したり聞こえないふりをしてると思う前にもしかして聴覚障害あるのかな?と思ってみて
・聴覚障害者だって音楽を楽しむよ
・レストランや洋服屋さんで色々説明されても聞いてないのでごめんね
・補聴器は高いからスペアありません
・登山中、挨拶を無視した形になってごめんなさい
・知らない人に会わせるときは、聞こえないことをその人に伝えてほしい。自分で言うの苦痛
・発音がおかしくても笑わないで
・読み方を間違えていたら教えて
・ごめんいま耳鳴りひどかったから聞いてなかったと言えない
・人の表情に敏感です
・手話通訳さんとなにかの集まりに行くと遠巻きにされてさみしい
・いつも通訳がわりにしてしまってごめんなさい。感謝しています
・聞き取りがいい耳のほうに立ったり座って話してほしい
・電車で座席がひとつ空いても座らないのはあなたと話がしたいから
・見本を見せてくれると一発でわかることが多い
・小耳にはさむということがありません。なんでも教えてほしい。

投稿日時:2015年06月07日 20時12分

常につきまとう寂しさ
柏葉さん/神奈川県/20代/OL

軽度の混合性難聴のOLです。

「音としては聞こえるが言葉としては聞き取れない」ことが説明しにくい&も理解されにくく、生き辛さを感じています。

日常生活を過ごす中で、健聴者であったらこんな辛い思いや苦労をすることはないのにと思うこともしばしばです。ざっと思いつく限りでも、
○職場の雑談に入れず、コミュニケーションがとりにくい
○会話を振ってもらっても、何回も聞き返して迷惑がられるのが怖くて、聞こえたふりで返事をしてしまう
○朝礼が聞き取れないため、朝礼後、毎回同僚や上司に内容を聞かなきゃいけないのが負担
○電話が怖い(話している途中で、聞き取れなくなるかもしれない)
○会議で聞き取れず、ただその場にいるだけになる
○気軽に買い物ができない(店員の言葉が聞き取れず、話していることを推測するのに疲れる)
○気軽に友人と遊べない(人数が多いと会話に入れない。1対1でも場所と相手を選ばないと聞き取りに疲れる)
○字幕がないテレビ番組やDVDが楽しめない


今の世の中は健聴者前提の社会になっていると感じます。
周りがみな健聴者なので、みんなが当たり前にしていることができないことに孤独感と寂しさを感じています。
身近な相談相手もおらず、どうすればいいのか分かりません。

投稿日時:2015年06月07日 12時58分

  • 音楽好きさん/新潟県/20代/独身

    私もほとんど同じ状況です。
    辛いですよね。

    私も同じような軽度難聴の方と会って交流したいのですが、なかなかそういう場所が見つからないんですよね。
    障害者手帳レベルの難聴者はそれなりに居場所はある気はするんですが。軽度難聴だと、健聴者になりきって背伸びして生きなくてはいけない状況というか。

    個人的な話で恐縮ですが、公務員で6年ほど勤めて来たのですが、難聴のこともあり、仕事はもうすぐ辞めることになっています。
    雑談できないと居場所がないですからね。

    辞めたら、軽度難聴の方が集まれるようなコミュニティを作りたいと思っています。
    需要があるのかと、生きていくお金が稼げるかは分かりませんが、自分自信そのような場所が欲しかったので。
    今のところカフェくらいしか浮かばないんですけどね。

    投稿日時:2015年06月20日 21時52分

なかなか理解されない苦悩
めぐみんさん/東京都/40代/パート主婦

中途は言葉の取得、発声出来るため、本当は聞こえてる、聞き間違いでないのかとか、本当に理解されにくく、辛酸なめることしばしば。どれだけ傷ついて生きてきたか、当事者でなければわからないこと。人として扱って貰えず、犯罪者のように扱われた会社員時代。そのことは一生忘れられません。皆さんの声を聞くって、ありきたりな声聞かれても理解されないこと過多ありますよ。

投稿日時:2015年06月04日 22時38分

人工内耳でも楽じゃない
くらげさん/30代/

バリバラに出たりしてたクラゲと申します。

人工内耳をつけて仕事していましたが、逆に「聞こえすぎる」という問題が発生し、非常にストレスが溜まってしましいました。

今は上司やカウンセラーと相談し、人工内耳を外して仕事をすることになりましたが、こっちのほうが逆に楽。仕事ははかどっています。

でも、生活する上では人工内耳は便利なので、なんとも面白い世界の行き来をしてるなーと思ってます。

投稿日時:2015年06月04日 22時22分

現在のカキコミ55件中 21 ~ 30 件