生命操作 -復刻版-

新生児の治療停止

新生児とは出生してから4週間までをいう。

  • 新生児が重篤な障害をもって生まれた場合、どこまで治療すべきかという問題がおこる。障害の程度、予後、家族の考え方、医療スタッフの判断、医療資源の配分などからさまざまな選択がおこなわれている。
    積極的治療の見送り、中止、延命処置の放棄、中断、さらに薬などで死に導くといった実態があるが、明確な基準は定められていない。
該当するケーススタディ