本文へ

虹色 - LGBT特設サイト

連載

第4回 ゲイにセクハラされたら、あなたはどうする?

2011年02月01日

もしも身近にゲイが現れたら…どうしたらいいかわからないというノンケ(注)なアナタにゲイとのつきあい方、ご案内します☆

(注)ノンケ……異性愛者のこと。同性愛者から異性愛者を呼称するときに使われることが多い。

今回は読者の方から寄せられた「ゲイにセクハラされたら、どう対処したらいいですか」というご質問をテーマにお送りいたします。

ゲイと直面しただけでセクハラされるのではないかと身構えるノンケの御仁がよくいらっしゃいますが、ワタクシの知りうるゲイ・ピープルの中にはノンケの御仁にセクハラする人などおりません。むしろ、無邪気に身構えられることに傷ついてしまうケースをよく耳にするのでございます。

しかしながら、男子生徒にわいせつな行為を行った教師ですとか、電車内で男性に痴漢行為を行った男性ですとか、ニュースでたまに目にしたりいたしますので、セクハラをするゲイが皆無ではないことも、変えようのない事実なのでございましょう。

確かに皆無ではないものの、相手がノンケだとわかっていて手を出すなんて、ゲイの中でも「そんなことするなんて、心臓に毛がはえてるんじゃない?」と思われるぐらいのツワモノでございますので、かなりニッチな存在です。身近にゲイが現れたというだけでは、「セクハラされるんじゃないか」なんて身構えたりする必要はないと言い切ってみます。

それでも、もし「いい加減にしろ」ぐらい、なにかにつけてさわってくるとか、性的なことをこと細かに聞きだそうとしたりとか、そんな不愉快なセクハラをゲイからされたらどうしましょう。

今回はそれをテーマにお送りいたしますが、一言でセクハラと言っても、シチュエーションが数多くありすぎるので、「職場などの身近な環境で、知人であるゲイからセクハラを受けた場合」に限定して書いてまいります。

セクハラはノンケだろうとゲイだろうと、やっちゃあならねえことでございます。
よってその対応は、ゲイだからという理由でノンケに対してより甘くする必要もしょっぱくする必要もありません。「そのようなことはやめてください」とハッキリと相手に伝え、それでもやめなければ上司などの第三者に相談して解決してもらいましょう。もし、それでも解決しないのであれば法的手段を用いることも可能。そこはノンケとゲイの違いはありません。ただ、よりクレバーに対処したいのなら、そのゲイの状況やセクハラの動機などを考えてみるとよいでしょう。

しつこく言って申し訳ないのでございますが、ノンケ男子を相手にセクハラするゲイはほんとに一握り。でも、現実にセクハラ行動をするゲイがいないわけではないので、ゲイの立場からその対処について回答してみました。

セクハラのほとんどが、「相手が心から嫌がっていることに気づいてない」で行われるもの。まずは「嫌なんだ」と、相手に気づかせることこそ肝要でございます。そこには、ゲイとノンケの違いは、まったくございません。

連載一覧へもどる