本文へ

虹色 - LGBT特設サイト

記事

国連総会で人権と性的指向・性自認に関する声明が提出

2008年12月24日

LGBTへの人権保護の促進を求める声明が初提出 66カ国が支持

国際連合総会議場

12月18日、国連総会に、性的指向と性自認に関する声明が提出されました。

この声明は、世界人権宣言60周年を記念して提出されたものです。性的指向や性自認による差別を行わない原則を確認し、全ての人への人権の促進と保護を訴えています。総会での採択などは行われませんが、声明は欧州連合を中心に主旨に賛同する66の国々による共同提出の形がとられており、日本政府もこの声明を支持しています。LGBTに対する人権保護の促進を求める声明が国連総会に提出されたのは今回が初めてのこととなります。

【声明文日本語訳】

1. 私たちは、第1条で「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利において平等である」と宣言する、今年60周年を迎えた世界人権宣言が掲げる人権の普遍性を再確認する。
2. 私たちは、世界人権宣言第2条と、自由権・社会権規約第2条、自由権規約第26条が明示するように、すべての人が人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治的意見やその他の意見、出身民族や社会階層、財産、出生または地位などによって差別されることなく人権を享受する権利を有していることを再確認する。
3. 私たちは、性的指向や性自認に関わらず、人権がすべての人に平等に適用されることを求めた無差別の原則を再確認する。
4. 私たちは、性的指向や性自認に基づく人権と基本的自由の侵害を深く懸念する。
5. 私たちは、また、世界中のすべての国で、性的指向や性自認を理由に暴力、嫌がらせ、差別、排斥、非難、偏見が人びとに向けられていること、そして、これらの行為が、暴力の対象とされた人びとの誠実さや尊厳を傷つけていることを憂慮する。
6. 私たちは、性的指向や性自認に基づいた死刑、裁判なしや略式裁判や独断による処刑、拷問、他の残忍で非人道的かつ人の品位を貶めるような扱いや処罰、恣意的な逮捕や勾留、健康に対する権利を含む経済的・社会的・文化的権利をはく奪するような人権侵害が行われた時には、いかなる場合でもそれを非難する。
7. 私たちは、2006年に54カ国が国連人権理事会に対して提出した、適切な時期に国連人権理事会のセッションでこうした人権侵害について話し合うように要請した声明を思い起こす。
8. 私たちは、国連人権理事会と条約に基づく機関がこれらの問題に対して採られた特別措置を称賛し、適切な権限のもとに性的指向や性自認に基づく人権侵害に関して引き続き検討するよう奨励する。
9. 私たちは、第38会期中の2008年6月3日に米州機構が総会で「人権、性的指向と性自認」に関する決議(Resolution AG/RES. 2435 (XXXVIII-O/08))を採択したことを歓迎する。
10. 私たちは、すべての国と関連する国際人権機構に対し、性的指向と性自認に関わらず、すべての人の人権の促進と保護に務めるよう求める。
11. 私たちは、各国に対し、いかなる状況下であっても性的指向や性自認が、刑罰、特に処刑、逮捕、拘束の理由とならないよう、特に立法化または行政的に必要な措置を講じることを強く求める。
12. 私たちは、各国に対し、性的指向や性自認に基づく人権侵害が確実に調査され、加害者が責任を問われ、法に基づいて裁くことを強く求める。
13. 私たちは、各国に対し、人権活動家に対する十分な保護を確保し、人権活動家が人権と性的指向・性自認の問題のために活動する際の障害を除去するよう強く求める。

【声明賛同国】 *アルファベット順

アルバニア、アンドラ、アルゼンチン、アルメニア、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルガリア、カナダ、カーボベルデ、中央アフリカ、チリ、コロンビア、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ、デンマーク、エクアドル、エストニア、フィンランド、フランス、ガボン、グルジア、ドイツ、ギリシャ、ギニア・ビサウ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モーリシャス、メキシコ、モンテネグロ、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウェー、パラグアイ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、サントメ・プリンシペ、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、マケドニア旧ユーゴスラビア、東ティモール、イギリス、ウルグアイ、ベネズエラ


*この記事を読んだご感想をお待ちしています! ご意見・ご感想(別ウインドウ)

このカテゴリのその他の記事を見る: 時事

記事一覧へもどる