ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

双極性障害 双極性障害とは?

3. 「うつ」状態とは

意欲が低下し、何ごともおっくうになります。

気分がひどく落ち込み、憂うつな状態(抑うつ気分)が、二週間以上続きます。感情が振れなくなり、好きだったものに興味や意欲が持てなくなったり、何をしても「楽しい」と感じられなくなったり、おっくうで何も手につかなくなったりします。身体の面でも、眠れない、食欲がない、疲れやすいなどの症状が現れます。
誰にも会いたくなくなって部屋にひきこもる、食事や入浴といった基本的な生活行動への意欲も湧かなくなって一日中布団の中から出られない…というような場合もあります。さらに、ものごとを悲観的に考えがちになり、将来に絶望したり、自分自身を責めたり、自殺を考えたりすることもあります。
「うつ」状態の本質は、単なる気分の落ち込みではなく「心のエネルギーの枯渇」です。あらゆることが辛くなり、無理に何かをやってみても、かえって疲れてしまい、悪化するばかりです。