ページトップへ

これって“依存症”? ―“やめたいのにやめられない” あなたへ―

これって“依存症”?

―“やめたいのにやめられない” あなたへ―

やめられないのはなぜ?

「分かっているのにやめられない」はなぜ起こるのでしょうか?

アディクションに見られる特徴のうち、その中核ともいえるのが「コントロールの喪失」、すなわち「分かっているのにやめられない」という点です。本人や家族の多くがこのことに苦しみ、振り回され、生活を脅かされていきます。
いったいなぜ、こうしたことが起こってしまうのでしょうか?その鍵は「脳」にあります。

アルコール・薬物などの「精神に作用する物質」を体に取り込むと、その物質は脳に侵入します。脳の中では神経細胞がさまざまな情報伝達を行っており、私たちが物事を考えたり感じたりするのもその働きによるものです。外から侵入してきた「物質」は、その働きに影響を与えます。例えば、お酒を飲むと緊張が解けたり、いつもより気が大きくなったり、興奮したりする人を見かけますが、これらはアルコールという「物質」が脳内の情報伝達に作用しているからです。
こうした「精神に作用する物質」には、その種類によって、一時的に気分を高揚させたり、落ち着かせたり、緊張や不安をやわらげたりするなどの作用があります。そうした感覚を、脳が報酬(ごほうび)というふうに認識すると、脳内にそれを求める回路ができあがります。
そして、「物質」を取り込む行動が習慣化されると、脳本来の情報伝達がうまくいかなくなり、勝手に暴走するようになります。報酬を求めて行動はどんどんエスカレートし、自分では制御できない状態になってしまうのです。
ギャンブルで味わうスリルや興奮、食事を抜いて体重を落とした時の達成感、リストカットをしたときに辛い気持ちがやわらぐ感覚・・・体に「物質」を取りこまないこれらの行動も、脳の中で報酬を求める回路が働いていることが少しずつ分かってきています。

つまり、アディクションは、本人が最初から「依存しよう」と思ってなるものではなく、なりたくてなっているわけでもないのです。生きていく中で、さまざまな趣味・嗜好、習慣などを試しているうち、たまたまその人にとってピッタリくるものに出会い、脳に報酬を求める回路ができあがったということなのです。ですから、「はまるもの」も人によって違い、一人の人が何にでもはまるわけではありません。また、条件さえ揃えばアディクションには誰でもなる可能性があり、特別な人だけがなるわけではないのです。

いったんこのような状態に陥ると、自分の意志でコントロールすることは非常に困難です。脳が勝手に暴走しているのですから、本人が「やめたい」と思ってもどうにもならないのです。そのことでもっとも苦しんでいるのは本人です。
こうした仕組みを知っていないと、家族や周囲の人たちは「だらしない」「意志が弱い」「努力や根性が足りない」と本人を責めてしまいがちです。そして、本人も「やめられない自分はダメな人間だ」と自分を追い詰めたり、周囲を拒絶したり、隠れてやろうとしたりして、ますます泥沼にはまっていくことになります。
しかし、やめられないのは意志の弱さや性格の問題ではありません。「コントロールできない」ということそのものがアディクションの「症状」なのです。苦しんでいるのは何よりも本人であり、必要なのは「叱責」や「処罰」ではなく、「助け」なのです。