本文へジャンプ

ピープル

ピープルは3月末で連載を終了します。これまでご覧いただき、ありがとうございました。
また過去の記事に関しても、閲覧は5月末までとなります。ご了承ください。
(記事へのコメント募集についても終了させていただきます)

桜井 洋子「ハートをつなごう」収録を終えて

HIV-本当に何も知らなかった

〔写真〕新しいテーマ「HIV」を取り上げます。意外に私たちはHIVのこと知らないのではないでしょうか。今回の「ハートをつなごう」、それから7月4日(日)夜10時からの「ETV特集」でも「HIV」について考えていこうと思います。

 


全世界に衝撃を与えた「9・11」同時多発テロの後、ある詩人とミュージシャンが新聞誌上で対談をしていました。その中で、詩人は、「テレビで何度も何度もビルに航空機がつっこんで行く映像を見ていると、事件について何から何まで知っているように思ってしまう。でも、本当の意味の“知る”はその事件について、“どれだけ感じているか”“どれだけ痛みを感じているか”ということで、ただ“知識”だけでは、本当に知っていることにならない。」という趣旨の発言をしておられました。
“感じる”ことの大切さを改めて心に刻んだ記事でしたが、今回の収録で、そのことを痛感した次第です。

HIVについて、様々な情報の中に身を置き仕事をしてきた中で、実は、「知っているつもり」でした。
でも、よくよく考えたら、陽性者の方と同席するのは初めてですし、心の内面を伺うのももちろん初めてで、「本当に何にも知らなかった」というのが正直な感想です。

医療の進歩で、早い時期に適切な治療を受けていれば、3カ月に1回ほどの通院でほとんど問題なく日常生活を送ることができるにもかかわらず、差別や偏見で傷ついている人が多く、「病気」そのものより、現実とは違うマイナスイメージが陽性者の人たちを生きづらくしているということが理解できました。
少なくとも、スタジオに来てくださった陽性者の方はとても自然体で、陽性者の方々をサポートしている生島さんの「HIVをもっている人もそうじゃない人ももう一緒に生きている」という言葉を実感しました。

正しい情報、そして陽性者の方たちの気持ちを、この番組から発信して行けたらと思っています!

〔写真〕1日目に出演された、シングルマザーのかれんさん。


 

〔写真〕左から高久陽介さん(陽性者団体JaNP+所属)、生島嗣さん(陽性者を支援するぷれいす東京相談員)、下司有加さん(大阪医療センター看護師)。


 

〔写真〕2日目に出演のシンヤさん。ご自身の陽性者としての経験をもとに「LIFE東海」という陽性者の支援団体を立ち上げ運営しています。


 

〔写真〕3日目に出演された洋子さん。「陽性だとわかってしばらくは、人を好きになるということが恐怖でした」。


 

〔写真〕都立駒込病院医師の今村顕史さん。


 

〔写真〕生島さんは、Living Togetherという、陽性者の手記を朗読するイベントのことを話してくれました。

 

番組にあわせてHIVに関するページをつくりました!
HIVについて「知りたい・言いたい・話したい」

2010年05月31日(月)

桜井 洋子「ハートをつなごう」収録を終えてのほかのエントリーへ

コメント
  • 私も何も知りませんでした。桜井さんの正直な言葉に、助けられました。知っている振りはやめようと今日、心に誓いました。

    投稿者: Anonymous | 2010年6月18日

※現在新規コメントは受け付けておりません
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cgi2.nhk.or.jp/cgiblog/tb.cgi/23910

トラックバックについての注意事項

ピープルTOPにもどる