読み込み中です...

特集

コラム

美術セット 秋風ハウス

「半分、青い。」の世界観をつくる要素の一つ、美術セット。
今回は、アシスタント時代の鈴愛・ユーコ・ボクテが暮らしていた「秋風ハウス」について、美術担当の掛幸善デザイナーに聞きました。

菱本(井川遥)が晴(松雪泰子)に「最も美しいと言われている恐竜」と説明していた、プテラノドンのトピアリー(樹木を刈り込んで、幾何学模様や動物の形などにしたもの)。中庭の象徴的存在。

中庭で特に印象的だったシーンは、七夕の日に鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)が別れるシーン。庭の照明をつけることによって、ムードを作り出しています。

  • ▲共同で使う台所。中に何が入っているかが分かるように、貼り紙があちこちに。
  • ▲冷蔵庫の中。菱本の言いつけ通り、食べ物には名前を書いて入れています。
  • ▲廊下にある共用のピンクの電話。「長電話禁止」です。
  • ▲お風呂は、モザイクタイルが貼られたレトロな作り。浴槽も昔懐かしいバランス釜です。

▲秋風ハウスの中で、一番古びているのが鈴愛の部屋。ふすまや畳などは特に年季が入っています。
  • ▲上京したばかりの、まだ荷物が片付いていない頃の部屋。
  • ▲プライベート確保のため、たくさんの紙やチラシが貼られたガラス戸。
  • ▲漫画家デビューしてから7年後の部屋。冷蔵庫など、大きな荷物も増えました。
  • ▲秋風ハウスがリフォームされたタイミングで、引き戸からドアに変わりました。

▲ユーコの部屋は、緑とピンクがメインカラー。3人の中で一番女の子っぽい部屋にしています。大好きな漫画がたくさん並ぶ本棚が目を引きます。

▲ボクテの部屋は、赤がテーマカラー。「バラ」もデザインモチーフの一つになっていて、ふすまやワードローブの衣装にもバラが描かれています。

特集一覧

    全ての特集を見る