過去の放送

2013年3月18日(月)放送
「役立った!大成功ベスト10」
この1年間「テストの花道」で紹介したさまざまな『考えるチカラ』の中から"一番役に立った""成績アップにつながった"という意見が多かったものを、ランキング形式で発表!「面接のコツをいかして国家試験合格!」「リラックス法で志望校合格!」「ノート術で成績UP!」など、喜びの声を続々紹介したぞ。
― 番組概要 ―
第10位『キミの話は伝わらない!』
面接で上手く話せない、人に話を聞いてもらえない。そんな人たちの、伝えられない原因は「ひとりよがりの罪」だった。その罪に潜む、3つのズレを解明し上手に伝えるコツを伝授したぞ。

詳しくは、コチラをチェック!
新学期スタートシリーズ「キミの話は伝わらない!」
第9位『差がつく!段取り力』
毎日の勉強をやり残してしまう、友達と同じ時間、勉強をしたのに点が取れない。そんなとき、「段取り」の3つの極意を知れば日々の勉強や生活の効率を大きくアップすることができる!

詳しくは、コチラをチェック!
「差がつく!段取り力」
第8位『やる気アタマをつくる』
番組に多く寄せられる「やる気が出ない」という悩み。番組では「マイナス7」、「視点変換スケッチ」「妄想ムフフ川柳」という"やる気アタマ"をキープする方法を紹介したぞ。

詳しくは、コチラをチェック!
「やる気アタマをつくる」
第7位『徹底活用シリーズ』
身の回りのありとあらゆる要素を勉強に役立てよう、という3回シリーズ。『人』編では先生、友達を上手に活用、『モノ』編では勉強道具、家にある身近なものの意外な使い方、『場所』編では場所と勉強の組み合わせなどを紹介した。

詳しくは、コチラをチェック!
「徹底活用シリーズ第1弾 "人"」
「徹底活用シリーズ第2弾 "モノ"」
「徹底活用シリーズ第3弾 "場所"」
第5位『緊張に勝つ!5つの方法』
受験に大敵の"緊張しすぎ"を"適度な緊張"に戻し、本番で最高のパフォーマンスを発揮するための5つの方法を紹介した。
入試やテストで見事に緊張をほぐし成功をおさめたという喜びの声が届いたぞ!

詳しくは、コチラをチェック!
「緊張に勝つ!5つの方法」
第4位『集中のスイッチON!』
なかなか集中できない!という多くの悩みにお応えして、集中のスイッチを入れる方法を「脳」「体」「食」という3つのアプローチで紹介し、その効果をベンブ部員が体当たりで実証した。
「後出し負けじゃんけん」のほか、特に好評だったのが「割り箸を噛む」!
キミもぜひ実践してみてくれ!

詳しくは、コチラをチェック!
「緊張に勝つ!5つの方法」
第3位『先輩ドキュメント』
3人の先輩が、受験勉強でぶつかった壁をどうようにして乗り越えたのか、そのノウハウを届けたぞ。
東京都の成蹊高校でも、花道の『先輩ドキュメント』を見て発奮したことをきっかけに、去年11月に勉部(勉強部)が誕生した!! 勉部に入ったことで生徒たちの意欲も成績もアップしているようだ!
キミもぜひ実践してみてくれ!

詳しくは、コチラをチェック!
「先輩ドキュメント 壁を乗り越える3つの方法」
第2位『AO・推薦入試対策シリーズ』
志望理由書・小論文・面接と3回にわたり、AO・推薦入試に必要な極意を紹介したところ、ホームページにはたくさんの喜びの声が届いたぞ。

<AO・推薦入試の3回のポイント>

詳しくは、コチラをチェック!
「AO・推薦入試対策シリーズ(1)"顔が見える"志望理由書」
「AO・推薦入試対策シリーズ(2) いいね!と言われる小論文」
「AO・推薦入試対策シリーズ(3)"伝わる"面接」
第1位『授業が身につくノート術』
ノートの取り方1つで授業がしっかり理解できて、"花道流"で成績もグンっとアップ!
和歌山県立伊都高校に通う高校2年生の森田恵美里さん。ノート術を活用し、板書はもちろん2分割した片側に先生が言った事や自分の感じた疑問などが書き込んでいる。さらに、ツッコミなどを書きこむことで勉強に興味が湧き、理解も深まったという。その結果、3つの科目で学年トップ! 中でも得意な生物はテストで常に95点以上を記録した。


神奈川県の中学2年生上の野智子さんはノート術の放送を見て、ペンの色使いに気をつけるようになった。さらに、智子さんはノート術を自分流にアレンジし、先生の似顔絵キャラををノートに登場させた。これにより更なる成果アップにつながったという。その結果、クラスで1人か2人しか取れないという、ノート提出点で満点を5教科で記録。先生からも絶賛された!

詳しくは、コチラをチェック!
新学期スタートシリーズ「授業が身につくノート術」
新学期スタートシリーズ「授業が身につくノート術パート2」
今日の一言
『考えるチカラ』は、必ず成果につながる!!