過去の放送

2011年 8月1日(月)放送
テストの花道スペシャル「この夏!できることを考える」
今年の夏スペシャルは、盛りだくさん!
まずは「花道の先輩、出張相談会」。全国各地の学校へ「花道の先輩」が出かけ直接指導!勉強の悩みを一挙解決する。
そして、夏の恒例「英単語100コ暗記!」。今回は、全国3か所の中高生とスタジオをつなぎ、BENBUメンバーと共に、一斉テスト! 「花道の先輩」直伝の、それぞれに異なった暗記法で、対決する。
さらに「所顧問のありがた~いお話」や、震災の被災地に明るさを届ける「笑顔プロジェクト」などなど…。
アタマも心も熱くなり、めきめき力がつく「夏スペシャル」を見て、キミもこの夏、自分に何ができるのか考えてみよう!
― 番組概要 ―
英単語暗記選手権
全国4つの会場に分かれて「英単語暗記選手権」を開催!
花道の先輩がそれぞれの会場に出向いて、暗記法を伝授してくれたぞ。
東京Aチーム
机に向かいたくない人へおススメ「スピード暗記法」
花道の先輩
長谷川 将己くん(早稲田大学 創造理工学部)
飯田 陽一郎くん(東京大学大学院 情報理工学系研究科)
使うもの
単語帳・単語カード
実践
まずは英単語帳を使う、早稲田大学の長谷川流のエア書き暗記から。
発音をしながら手でそのスペルを5回ずつ空中に書く。紙に書くよりもスピードUPだ。
続いて単語カードを使う東京大学の飯田流で、英語を見て、一瞬で日本語が出るかを確認!
分かったら右、分からなかったら左とカードを分けていく。
さらに分かるカードと分からないカードを選別したら分からないカードだけで繰り返し覚え、全てマスターするまで続けるのだ。
単語カードさえあれば出来るのでいつでもどこででもできるお手軽暗記法だぞ。
東京Bチーム
自分をイジめて覚える「スパルタ暗記法」
花道の先輩
八角 梨紗さん(早稲田大学大学院 先進理工学研究科)
兒玉 俊一くん(慶應義塾大学 総合政策学部)
使うもの
単語帳・ノート
実践
ノートの見開き左ぺ―ジを半分に折り、半分に折ったその左側に英単語、右側に日本語の訳を書く。
右ページに日本語と英語をそれぞれ5回書き練習する。
まず、これを1から25の単語で行うぞ。
ひたすら書いて覚えたら、いったんテストで確認。
次に、テスト結果で間違えた単語、そしてさらに次の新たな25個を加えて、また5回ずつ書く練習だ。
終わったら今度は、最初からここまでの50の単語をテスト。常にテストは1から戻ってやることが重要なんだ。
とにかくたくさん書いて、その代わり達成感が得られる勉強法だぞ。
岩手・釜石チーム
単語の絵を描きながら覚える「ビジュアル暗記法」
花道の先輩
菊地 昌吾くん(早稲田大学 社会科学部)
秋田 紗矢子さん(慶應義塾大学 法学部)
使うもの
単語帳・ルーズリーフ・ノート
実践
まずは覚える単語を絵にする。この時に大切なのは自分でドンドン想像して描く事! 考えれば記憶にも残りやすいぞ!
そして裏には英語のスペルを書く。これで大きな単語カードのようなものができあがった!
ちなみに余白には例文や活用形などを書き込もう。そうすれば単語を深く確実に覚える事ができるぞ。
すべての絵が描き終わったらスペルをノートに書いて覚える。
英単語は5つずつ反復しながら覚える。一つの単語につき5回、絵を見ながらそして声を出しながら書くようにしよう! そうすれば絵と英単語が頭の中で結び付くぞ。
宮城・石巻チーム
妄想好きなあなたへ「イメージ暗記法」
花道の先輩
山田 有紗さん(お茶の水女子大学 理学部)
杉本 昌毅くん(早稲田大学 政治経済学部)
使うもの
単語帳・英単語が収められたCDとプレイヤー
実践
まずCDで英単語を聴きながら単語帳の空いているスペースに、思いついたイメージを書き込んでいく。
発音・絵・語呂・スペルなど、頭に浮かんだものなら、なんでもOK!
例えば、distort(ディストート)。
「ゆがめる」という意味の単語ならば、「ディス」「トート」と分けて、「この」「トートバッグ」が「ゆがんだ」、というような絵を描いてみるのもいいぞ。
熊本チーム
インパクト重視「ヘンテコ例文暗記法」
花道の先輩
太田 千裕さん(お茶の水女子大学 理学部)
使うもの
カード・ペン・ノート
実践
ヘンテコ例文とは、複数の単語を自由に組み合わせて1つの例文を作り、いっきに暗記するという方法だ。
まず、覚えたい単語を1語ずつカードにする。
この時、品詞ごとに色分けして作るのがポイント。こうすることで品詞の違いや使い方がより理解しやすくなるぞ。
次に、作ったカードを自由に組み合わせて自分なりの例文を考えよう。
笑えるユニークな例文だと、インパクトがあって、より記憶に残りやすいぞ。
うまく組み合わせられない単語は1語で例文を作ってもOK。
あとは作った例文をノートに書いて暗記する。ノートの使い方は…まず、見開きを4分割にして使用。
ノートの左上に例文と日本語の意味を書く。
そして、1マス目にひたすら例文を書いて覚える。ポイントは書きながら音読することだ。
すべての例文を1マス目いっぱいまで書いたら、暗記できているかどうかテスト。同じように、2マス目も書いてはテスト。それでもダメなら、3マス目・4マス目も続けよう。
問題ダウンロード
番組でみんなが挑戦した問題(事前テスト・事後テスト)は、こちらからダウンロードできるぞ。 キミも是非チャレンジしてみてくれ!
キミもこの夏できることを考えて何かに挑戦してみないか?
今までと違う夏休みになるかもしれないぞ。
スペシャル版 所顧問のありがた~いお話
【石巻の植木さんからの相談】
私、あがり症で悩んでいるんですよ。それで、人前に出るときに緊張しない方法を教えてください。
【所顧問の回答】
あがり症でなやんでいる・・これはね簡単なんですよ。
例えば、自分が良く見られたいとか、覚えたものを100%伝えたりとか気持ちが高まれば高まるほどドキドキする。あと、自分以上の評価を得たいときドキドキする。
あとガラス細工みたいなものを運ぶ時ドキドキするでしょ? ところがそこらへんに落っこちている石ころだどドキドキしないでしょう。
自分をそんなにすごいものじゃなくて、石ころくらいの分際だと思ってでると、そんなに緊張しない!
あたしなんかそういうもんなんだからと思えばドキドキしない。
その方がリラックスして点数は良くなる。すごいものを想像しちゃうとドキドキしちゃう。
【釜石の大野くんからの相談】
僕はここ数年異性からモテたことが無いんですけど・・
どうしたらモテますか?
【所顧問の回答】
モテるって言うのは、結果モテるってことだから!
何かをしていて結果モテるってことだから。何かをしていないのにモテる方法はないかってのはおかしいのよ。だから、一生懸命何かをやってれば、その人は、結果モテるってことなの。
それはキレイなものを身に付けるとか、モテる用の事をするのじゃなくて、自分が今やってることを一所懸命やってる人は結果モテるんだよ。