過去の放送

2011年 5月9日(月)放送
「発想するチカラ(1)~「広げる」の段~」
キミも顧問の所ジョージさんに負けない発想力を身につけよう! 便利なツールはイメージの花火。これで「テストの花道の新コーナー」を考えてくれ。キミはどこまで発想を広げることができるかな?
― 番組概要 ―
発想を広げよう!
小論文を書く時に「発想のチカラ」は役立つ。 テーマや条件がある中で自分の発想を広げてみよう。 受験勉強だけじゃなく、オトナになって社会に出てからも役立つチカラだぞ。
トレーニング
発想を広げるためのツール「イメージの花火」を使ってみよう!
今まで思いつかなかった発想に気づくはず。
ここでは「夏」をテーマに考えてみよう。 キミも紙と鉛筆を用意してチャレンジしてくれ!
<イメージの花火の使い方>
1.真ん中部分にテーマを書く
2.周りにテーマから思いついたワードを書く
花道の種 【1】順番を気にするな
「イメージの花火」は“ひらめき”が大切。 どのマスから書いてもOK! 順番にとらわれるな。 8マス全てが埋まらなくてもOK! 思いつくだけ書いてみよう。
3.発想したワードを外側のマスの中心に書き、2同様に思いついたワードを周りに書きこむ。
花道の種 【2】発想を止めない
発想につまったら、空欄は気にせず他のマスにチャレンジしよう! 大事なことは発想を止めないことだ。 他のマスを埋めていると、別のマスのワードを思いつくこともあるぞ。
花道の種 【3】ワードはかぶってもOK!
発想の過程が違うのであれば、ワードがかぶってもOK。 ただし、最初のテーマ(例題の場合は「夏」)に戻るのはNGだ。
<「イメージマップ」と「イメージの花火」の違いは?>
昨年紹介した「イメージマップ」は自分で発想を広げていくのに対して「イメージの花火」は発想する目標(マスの中央)が明確。マスを埋めていくのは目に見える行為でゲーム感覚でできるトレーニングツールだ。
実践 制限時間6分で発想を広げよう!
発想を広げるポイントは2つ。
  • じっくり考えない
  • 他人のことは気にしない
BENBUメンバーが「理想の恋愛」をテーマにチャレンジ!
みんなの回答はコチラから
「イメージの花火」を使って、制限時間を設けてトレーニングを重ねれば発想力が豊かに!
広げた発想をまとめるチカラを次回紹介するぞ。
今日の一言
発想を広げるにはイメージの花火
特別編 所顧問のありがた~いお話
【部員からの質問】
僕は成績が悪くて 彼女がとても成績がいいんです。
彼女にいいところを見せるにはどうしたらいいですか?
【所顧問の回答】
頭がいい悪いで付き合ってるわけじゃない。
何か魅力があって付き合ってる。
いい部分を見て好きになってる。

いいところを見せたいと思わない方がいい。

きれいに暮らしていれば、恋愛はきれいに動くと思いますよ。

いいところを見てくれているはずだから。