連続テレビ小説 花子とアン

はなと花子の共演。「同じ役なので一緒のシーンはないと思っていたのに、今回のようなシーンがあると知って、何日も前からこの日の撮影をすごく楽しみにしていました」と山田望叶ちゃんのお母さん。そして本人は「吉高さんから夏休みの宿題は終わった?と聞かれたので、自由研究がまだですって言ったら、(スタジオの)セットの写真を撮ってそれを自由研究にすればいいのよ、とアドバイスしてくれました(笑)」。はなと、花子。ある意味、夢の共演でした。(吉高さんは望叶ちゃんを膝の上にのせて、2人でモニターチェック。)
8月15日の玉音放送。

昭和20年8月15日、日本は終戦を迎えました。
ラジオの前に一列に並んで、玉音放送を聞く花子たち。このシーンの撮影で出演者たちに伝えられたのは「みなさんは大事な放送があることしか知りません。玉音放送が流れたら、ラジオを見るのではなく真正面を見て、天皇陛下の声に姿勢を正してください。それぞれの表情はみなさんにお任せします」ということでした。
英治は、こぶしを握りしめ、旭は嗚咽をもらしていました。
平成26年8月15日、このシーンの撮影が行われました。

キャストボイス 46 醍醐亜矢子役 高梨臨「醍醐の胸騒ぎ。」

闇市で、吉太郎さんの変わり果てた姿を見て、醍醐はものすごく不安になったと思います。
南方に行って、戦地自体は見ていないけど、醍醐は戦争の悲惨さやむごさを体験しました。帰国時はそのつらい体験に打ちのめされてしまいましたが、時間をかけて何とか乗り越えることができた醍醐だからこそ、吉太郎のつらさや虚無感を感じとることができたような気がします。
あの経験がなければ、「自分には、行く所なんかありません」という言葉に胸騒ぎを感じなかったのではないでしょうか。

やっぱり安東家がいちばん。(撮影後には、みんなで記念撮影。)

「ここに、おじぃやんがいたら安東家に全員集合なのに」と誰かが言うと「きっと、おじぃやんのことだから、そのへんにいるわよ」と室井さん。吉太郎が入営のために家を出て以来、安東家のキャストが初めて勢ぞろいしました。
2時間かけた特殊メイク(首・目の周り・顔のたるみ・手・髪の白髪)で登場した伊原さんは「老けメイクをすると気持ちも年をとって、歩き方も自然とおじいちゃんになる」と。さらには娘たちに「ちょっと触ってみ」と特殊メイクを触らせるなど、にぎやかな雰囲気で撮影は続きました。

「吉太郎、おまんは俺の誇りじゃん」。

憲兵なんかしていたヤツには生きる資格はないと、死を覚悟した息子と、その気持ちを察した父。
吉平と吉太郎の2人のシーンは、切なく、そして希望にあふれていました。初めて父に自分の本音を打ち明ける息子に、父も本音で応えます。お互いの素直な気持ちが、長年の確執をゆっくりほどいていきました。
賀来さんは「涙が止まらなくてどうしようもなかった」と撮影を振り返り、そんな賀来さんに伊原さんは「最後に仲直りできて良かったな」としみじみと語りかけていました。

『土曜日の吉高』No.24 安東家が、やっと勢ぞろい!

山田望叶ちゃんを見ていると、第1週、第2週のキラキラ輝いていたはなのことを思い出しました。一緒にお芝居していると…続きを読む→

予告

コレ見てムービー