温かい資本主義を目指す

「自分」とは探すものではない、なるものだ!韓国の超名門ソウル大学の人気ナンバーワン教授からの熱いメッセージ。

キム・ナンド教授

ソウル大学 キム・ナンド教授

世界有数の過酷な競争社会である韓国。誰もが生き辛さを抱えている。 白熱の議論から浮かび上がる韓国社会の等身大の姿。 「最高の先生」と呼ばれる教授が目指す温かい資本主義とは…

次回放送予定

2014年11月28日(金)Eテレ 午後11時〜午後11時54分

第4回 親が子どもにできる最善のこと

 悩み多い青春時代の子どもを育てる親にも悩みはつきない。最終回は、悩む子どもと親の関係について考える。教授がまず指摘するのは、親の世代の強すぎる現在志向。かつては、今を我慢して、子孫のためによりよい未来を作ろうというコンセンサスがあったはずだと言う。若者たちは、競争だけは厳しいのに、小さな希望しか与えられていない。
 では親が子どものためにできる最善のこととは何か。どうすれば素晴らしい大人に育てられるのか。教授は、「マシュマロ能力」という謎の言葉を提起する。マシュマロ能力とは一体…。
 ソウル白熱教室、感動の最終回は、子どもを自力で歩かせることの大切さ、そして大きな夢を持たせて欲しいという教授の力強いメッセージで締めくくられる。

お知らせ

  • 2014年10月31日
    11月7日から再放送を開始。
  • 2013年5月7日
    放送内容を公開しました。
  • 2013年5月7日
    「ソウル白熱教室」ホームページを公開しました。