数学ミステリー白熱教室

フェルマーの最終定理 ガロア群 スーパーストリング理論…お見せしよう!“数学”という名の魅惑の“パラレルワールド”を!

番組詳細

第4回サムネイル

Eテレ2015年12月4日(金)午後11時放送

第4回 数学と物理学 驚異のつながり

最終回は「ラングランズ・プログラム」の考え方をさらに拡張して、理論物理学の世界へも橋をかける試みを見る。
フレンケル教授は、全ての物質の根源となる素粒子の性質を理解することが、いかに数学の理論(特に対称性)の後押しによって進展してきたかを強調する。
実際、クォークの発見は純粋数学の理論から予言されたものだった。
さらにこの10年間で、量子物理学やスーパーストリング理論の世界とラングランズ・プログラムとの関係が次々と発見されてきたという。
抽象的な数学を突き詰めれば、やがてこの宇宙の法則を次々と解明することに繋がるとも考えられるのだ。
それにしてもなぜ、抽象世界を描くはずの純粋数学が、現実を記述する物理学と深いつながりを持つのか…。
この「自然科学における数学の不合理なほどの有効性」はどこからやってくるのか…。
数学は単なる抽象的な存在ではないのではないか…。
フレンケル教授が、私たちのすぐそばにパラレルワールドのように存在する“隠された実態”としての数学を、私たちに気づかせる!

この番組をシェア

※NHKサイトを離れます

講義一覧