これまでの放送 ― 番組詳細

教授紹介

小林 傳司 (こばやし ただし)
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授

1954年京都市生まれ。78年京都大学理学部卒業。83年東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専攻博士課程修了。専門は科学哲学、科学技術社会論。福岡教育大学、南山大学を経て、2005年4月より現職。
社会における科学技術のあり方について、専門家と市民が同じテーブルで理解を深め提言する市民参加型テクノロジーアセスメント手法の「コンセンサス会議」を日本に紹介、実施。
2001年、科学技術社会論学会の設立にかかわる(初代会長)。
2009年COP15に向けて世界で実施された、地球温暖化をめぐる市民会議World Wide Viewsの日本代表を務める。
著書に「公共のための科学技術」(編著)玉川大学出版会、「誰が科学技術について考えるのか」名古屋大学出版会、「トランスサイエンスの時代」NTT出版など。

このページのトップへ