すぐ来る津波すぐ来る津波

津波ひとくちメモ
地震と津波のメカニズム
2018年7月6日放送
津波ひとくちメモ
「地震と津波のメカニズム」です。
津波は、海底で起きる地震によって発生します。
海底で地震が起き、海の底が盛り上がったり、沈み込んだりすると、海面が大きく変動します。
池に石を投げ入れた時のように広がり、沿岸に押し寄せるのが津波です。
津波は、震源が海底であること、それに震源が比較的浅く、地震の規模が大きい場合に津波が起きるとされています。
地震の規模が大きくても、震源が深い場合は、津波は起きないとされています。
津波ひとくちメモ
平成5年に起きた「釧路沖地震」はマグニチュード7.8と、大津波を引き起こした「北海道南西沖地震」と同じでしたが、震源の深さが103キロと深かったため、津波は起きませんでした。
津波の速さは、水深が深い沖合ではジェット機並みに進み、浅瀬になるにつれて遅くなる一方、急速に津波の高さが増していきます
津波ひとくちメモ
東日本大震災の津波では、陸上でも自動車並みのスピードを保っていたことがわかっていて、海の近くで大きな揺れや長い揺れを感じたら、海の様子を見に行ったりせず、速やかに高いところに避難してください。
トップページへ