カレンダー
loading
アナウンサー・キャスター
過去に在籍したアナ・キャス
新着記事

桜で盛り上がる森町

※クリックするとNHKサイトを離れます

区切り
先日、桜が満開の森町を訪ねました。

青葉ヶ丘公園とオニウシ公園合わせて
30種類、1500本もの桜がある森町。
訪ねた時は、
ちょうど桜まつりの真っ最中でした。
20160519-chujo1.jpg
20160519-chujo2.jpg まつり会場で出会ったのは、
「観光ボランティアガイドの会」のみなさん。
まつりの期間中公園に常駐していて、
訪れるお客さんに桜の案内をしています。

私も案内してもらうことに・・・

大正4年に初めて植えられた桜、通称「103年桜」
今でもソメイヨシノの美しさは変わりません。

20160519-chujo3.jpg 20160519-chujo4.jpg

そのほかには、森町の固有種もたくさん。

濃いピンクと薄いピンクのグラデーションがきれいな「森小町」

20160519-chujo5.jpg 20160519-chujo6.jpg

駒ヶ岳が見渡せる場所に植えられている「駒見桜」

20160519-chujo7.jpg 20160519-chujo8.jpg

それぞれ特徴があって、見ていて飽きることがありませんでした。

この日、桜のガイドを初めて体験した高校生もいました。
森町の桜が好きで魅力を知ってほしいという思いから参加。

20160519-chujo9.jpg 20160519-chujo10.jpg

みんな上手に紹介していました。


カメラを片手に桜を撮る小学6年生の女の子にも出会いました。
実はこの子、町が主催する桜の写真コンテストで2年連続で入賞している腕前の持ち主。
真剣なまなざしでシャッターを切る姿が印象的でした。

20160519-chujo11.jpg 20160519-chujo12.jpg
20160519-chujo13.jpg 好きな桜は?と尋ねると
「御衣黄」という答えが。
5月中旬から咲く
遅咲きの黄緑色の桜です。
いろいろな種類を知っている
小学生に感心しました。
20160519-chujo14.jpg そして森町の桜は見る以外の楽しみ方も!

おじゃましたのは
公園のすぐ近くにある和菓子屋さん。
なんと塩漬けした森町の桜や葉を
和菓子に使っているんです。
桜のあんのどら焼きパイ
他には、もなかようかん

どれも本当においしかったです!
20160519-chujo15.jpg
20160519-chujo16.jpg お菓子を通じて
地元の自慢である桜を
感じてほしいという
ご主人の強い思いを感じました。
ちなみに使われている桜の塩漬けは
ご主人とボランティアガイドのみなさんが
1年前に近くの公園で集めたもの。

ガイドのみなさんは、塩漬けにお湯を注いだ
「桜湯」をまつり会場でふるまっていました。
20160519-chujo17.jpg

100年以上にわたり、世代を超えて愛されている森町の桜。

今回の旅でお世話になったみなさん、ありがとうございました。

20160519-chujo18.JPG 20160519-chujo19.JPG 20160519-chujo20.JPG
アナウンサー・キャスター,中條 奈菜花,記事テーマ,取材日記・番組情報_取材日記・番組情報
区切り
前のページへ戻る