二百名山一筆書きルート

第5集 2015年12月26日(土)
晩秋・北アルプスから西へ!
これまでのルート

    10月上旬、北アルプスを縦走中の田中。後立山連峰・雪倉岳へと向かう途中、天気が急変。猛烈な吹雪に見舞われ、白馬山頂直下の山小屋で停滞を余儀なくされてしまう。もしこのまま雪が降り積もれば、アルプス縦走の続行は不可能になる。

    だが、その翌日、天候は奇跡的に回復。田中は20cmの積雪の中、無事雪倉岳の山頂に立つことができた。
    続いて田中は、標高差2000mの黒部峡谷を越え、奥大日岳へ。黒部峡谷では、断崖絶壁に100年以上前に作られた水平歩道を歩き、スリルを味わう。昨年登った剱岳を間近に見ながら、奥大日岳へ登頂。さらに毛勝山へと登り、田中は1ヶ月間かけ、日本アルプス大縦断を達成した。

    そこから田中は休むことなく北陸の二百名山を目指す。金剛堂山を登り、目指すは難関・笈ヶ岳。ヤブに囲まれ、積雪期しか登ることができないという「道のない山」だ。田中はかつてない強烈なヤブを掻き分け、無事登頂する。

    続いて大日ヶ岳、能郷白山を踏破し、西日本へ。武奈ヶ岳からは、念願の琵琶湖を望むことが出来た。さらに南下し、紀伊半島へ。御在所岳、そして世界遺産となる紀伊山地の霊山・釈迦ヶ岳、伯母子岳を踏破する。

    そこから再び北上し、金剛山へ。さらに200kmロードを進み、氷ノ山。再び西へと進み蒜山を登り、最後は児島から瀬戸内海をカヤックで横断し、四国へ。

    旅も残すところあと12座。ゴールの鹿児島佐多岬まで2000km。いよいよ最後の旅が始まる。

    第5集のルート

    ルート地図

    第5集で登った二百名山

    No 山名 標高(m)
    074 針ノ木岳 2821m
    075 雪倉岳 2611m
    076 奥大日岳 2611m
    077 毛勝山 2414m
    078 金剛堂山 1650m
    079 笈ヶ岳 1841m
    080 大日ヶ岳 1709m
    081 能郷白山 1617m
    082 武奈ヶ岳 1214m
    083 御在所山 1212m
    084 釈迦ヶ岳 1092m
    085 伯母子岳 1344m
    086 金剛山 1125m
    087 氷ノ山 1510m
    088 蒜山 1202m
    これまでのルート
    PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
    インストールされていない場合にはこちらからダウンロードしてください。
    (※NHKサイトを離れます)