二百名山一筆書きルート

第2集 2015年9月12日(土)
夏・東北~新潟18座に挑む
これまでのルート

    季節は7月に入る。世界遺産白神山地の主峰・白神岳で、ブナの森に東北を感じる田中。
    続く森吉山でも山頂付近の花畑で、田中は東北の自然を満喫していた。
    だが、この頃、田中をかつてない頭痛が襲う。原因は副鼻腔炎。疲れが溜まり、症状が悪化していたのだ。

    姫神山、秋田駒ヶ岳と踏破し、和賀岳へ。ここでも二百名山ならではの薮漕ぎや危険な岩の稜線が待っていた。
    東北の山の奥深さを実感しながら、焼石岳、栗駒山を歩く。

    続く神室山では、登山口の集落で総出の歓迎を受ける。神室山に伝わる番楽と呼ばれる舞を見ることで、田中は神の山であることを知る。

    船形山を経て、東北の巨大山脈、朝日連峰の以東岳、飯豊連峰の朳差岳を次々と踏破した田中。
    梅雨明けとともに新潟県へ。二王子岳、御神楽岳では暑さとの戦いとなる。
    だが田中に立ち止まっている暇はない。のんびりしていると、10月の北アルプスが雪に閉ざされてしまうリスクがある。

    会津朝日岳、守門岳を経て、いよいよ今回最大の難関である八海山、中ノ岳、荒沢岳の縦走へ。
    垂直な岩壁、鎖場の連続する八海山の難所・八ッ峰、そして中ノ岳への長い稜線では猛暑の中、水が尽きかけてしまう。
    だが、最後の難関と考えていた荒沢岳への道はきれいに整備され、気持ち良く登り切ることができた。

    第2集のルート

    ルート地図

    第2集で登った二百名山

    No 山名 標高(m)
    011 白神岳 1235m
    012 森吉山 1454m
    013 姫神山 1124m
    014 秋田駒ヶ岳 1158m
    015 和賀岳 1439m
    016 焼石岳 1547m
    017 栗駒山 1626m
    018 神室山 1365m
    019 船形山 1500m
    020 以東岳 1772m
    021 朳差岳 1636m
    022 二王子岳 1420m
    023 御神楽岳 1386m
    024 会津朝日岳 1624m
    025 守門岳 1537m
    026 八海山 1778m
    027 中ノ岳 2085m
    028 荒沢岳 1969m
    これまでのルート
    PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
    インストールされていない場合にはこちらからダウンロードしてください。
    (※NHKサイトを離れます)