番組概要

北海道・宗谷岬から鹿児島・佐多岬まで 総移動距離およそ8000キロ、累積標高差およそ11万メートル! 200日以上をかけ、二百名山を人力のみで踏破する 前人未到のチャレンジに、あの男が再び挑む!

日本百名山人力踏破を完遂させた、プロアドベンチャーレーサー・田中陽希。 旅を終えた直後にこう語った。

『日本の自然は奥深い。その事をもっと知りたい』

田中が次の目標としたのが「日本二百名山人力踏破」。 作家で登山家の深田久弥が選んだ“日本百名山”。二百名山は、それに百の峰を加えたものだ。

あまりにも険しく奥深いなどの理由で、深田が百名山選考過程でやむなくはずした41座に加え、深田を慕う人々が「品格、歴史、個性」を元に選んだ名峰59座。

日本アルプス以上に難所が続く連峰あり、奇勝・奇観で名をなす山あり、奥深く道の無い幻の山あり、人々の生活を支える里の山あり・・・その多様性は百名山をはるかにしのぐ。

田中は新たな百座を、北海道・宗谷岬から、鹿児島・佐多岬まで、自らの足とカヤックだけで南下。 前回と逆ルートをいくことで、同じ地域の異なる季節を感じながら進むことになるだろう。

再び動き始めた、田中の前人未到の挑戦に、完全密着する。

田中陽希(たなか ようき)

プロアドベンチャーレーサー

1983年埼玉県生まれ、幼少期に家族で富良野へ移住。群馬県みなかみ町在住。学生時代はクロスカントリースキー全日本学生選手権で入賞。

卒業後、アウトドア業界で働きながらアドベンチャーレースの世界に飛び込み、パタゴニア・エクスペディションレース(2012、2013)で2位入賞、アドベンチャーレース・ワールドカップに出場をするなど、日本を代表するアドベンチャーレーサーとして活躍してきた。

2014年、前人未到の挑戦として、南は屋久島、北は利尻島まで「グレートトラバース~日本百名山一筆書き~」7800kmの旅208日と11時間で達成。