週刊グレトラ日誌

今週のヨーキさんとゆかいな仲間たち

今週のヨーキさん(2016)

2015年12月29日 (火)

今週のヨーキ(11/16~11/22)

11月16日(月)「日本昔ばなしの世界」

1116_01.jpg1116_02.jpg

「花御所柿」という柿が有名な八頭町(やずちょう)を3日ぶりに気持ちよく晴れた空の下歩いた。朝早くから、空の道ではたくさんの飛行機が北に南に足跡を残していく。主要道の国道29号は通勤ラッシュで世話しなく県外県内の車が走り去る。

国道からそれると、平和な時間に包まれた。ローカル線の若桜鉄道の無人駅、安部駅は昔ながらの雰囲気を残す駅舎だ。もちろん今でも現役!無人駅は珍しくはないが、駅の壁には「男はつらいよ」の映画で寅さんが来たことが書いてあった。時刻表を見るとあと15分で若桜行きの電車が来ることが分かった。駅のホームで寅さんをイメージした人形と一緒に電車を待ってみた。

待っていると近所のおばちゃんが現れた。「こんにちは!」と挨拶すると、ゆっくりと微笑んで「こんにちは♪」と返ってきた。毎日ように若桜に行くためにこれから来る列車を利用していると教えてくれた。おばちゃんと世間話をしていると、一両編成のディーゼル列車がけたたましいエンジン音をあげて停車した。車両の写真を撮って、出発する列車に目を向けるとおばちゃんがニコッと笑い手を振った。イイ時間だった。

そこから、3つの峠を越えて、国道53号沿いの用瀬(もちがせ)に出た。用瀬で昼食をすませて、佐治に向かった。今は鳥取市と合併してしまったが、以前は佐治村だった。食堂のおばちゃんに辰巳峠を越えて蒜山を目指していることを話すと、佐治から先は日本昔ばなしに出てくるような、山間に佇む集落があって、素朴で良いところよ~と教えてくれた。期待を胸に佐治村を闊歩した。

歩いていると第一村人発見!地元の子供たちだ。「こんにちは♪今日は学校は?」と聞くと、「昨日学習発表会があったから休みです!」とハキハキと教えてくれた。学習発表会とはいわゆる学芸会のような感じらしい。一緒に遊んでいた子供たちは3人でみんな学年が違う。下は1年生から上は5年生まで、兄弟ではないが兄弟のように自然と上の子が下の子を気にかけていた。全校生徒が58人の小さな学校だ。自分が卒業した母校を思い出した。部活は野球をやっているらしい。お決まりの好きな子はいるの?と聞くと、みんなウンとは言わないがニヤニヤし始めた。
どうやらいるようだ♪

子供たちとの会話を楽しんだあと、さらに山奥へと道は続いていく。佐治村の中心部に近づくと、再び地元の子供たちが自転車に乗って前から坂を下ってきた。どうやら帰る途中のようだ。「うわーテレビだぁ♪」同行していたカメラマンに興味津々。一度は走り去った子供たちだったが、カメラが気になるのか再び現れた。歩く僕の横を器用にバランスを取りながら、ゆっくり自転車をこいでついてくる。さっき会った子供たちの話をすると、やっぱり友達だった。

子供たちから、どこから来たのか、どこまでいくのかなど聞かれたので、「北海道から来て、鹿児島まで歩いていくんだよ」と教えると、すっげぇ~と子供らしい素直な反応が返ってきた。ハキハキと元気な子供たちとは旧道から国道に合流したところで別れた。「頑張って下さい!」の言葉が嬉しかった。

谷間を抜ける川沿いに寄り添うように建つ家々、見上げると山がすぐ近くまで迫っている。谷間のわずかな平らなところにぽつりぽつりとある集落が、長い間この地の山や川などの自然と上手く付き合いながら、生活してきた感じがあった。一見すると山深く、何でも揃う町からはかなり離れ、不便かもしれないが、この地にしかない自然からの恵によって、ここで生活する人たちは支えられていることは確かだろう。去年も山陰を歩きながら、感じた素朴ではあるが、大切なことがいっぱいつまった暮らしのあり方がここにもあった。


11月17日(火)「これぞ山陰!」

1117_01.jpg1117_02.jpg

今日は時間と共に天気は崩れ、蒜山の麓につく頃には雨が本降りとなる。昨日の道のりよりもさらに山陰の奥深くに入り込んで行き、峠は3つ越える。ほぼ町と町をつなぐ主要な国道を歩くが、その間は民家は少なく、蒜山までは店もない。

昨日は日本昔ばなしの世界を歩いたが、今日は、雨の中山間を抜ける国道をただひたすら歩くだけとなった。雨も降っているので、レインウエアのフードをかぶり、顔に吹き込んでくる雨を避けるために、視線は自然と下に落ちた。

黙々とアスファルトを流れる雨水を眺めながら、時間と進んた距離はあっという間に過ぎていった。久しぶりにただ歩くことだけを考えて、集中することができた蒜山の麓に着くと、山々を濃い霧に包んでいた♪

明日は岐阜県を出てから、3週間ぶりの休養日となる。ゆっくりしよう♪


11月18日(水)「3週間ぶりの休養日」

1118_01.jpg1118_02.jpg

今日は3週間ぶりの休養日となる。思い返せば能郷白山を登った次の日に岐阜県で休養して以来だった。外は朝から雨が降り続いており、まさに部屋でマッタリ日和♪

今日まで3週間で約800キロを歩いてきた。1日平均40キロということで、当初のスケジュールが1日平均50キロの予定だったこととと比べると、この3週間はかなりのんびり歩いてきたことになる。1日の移動距離が10キロ少ないことで、旅終盤でここまで休みなく歩いてこれたとも言えるだろう。

1日の移動距離は、日照時間の短い今の季節を考えても40キロが妥当なんだと、マッタリと体を休めながら、今日までの3週間を少し振り返った。
明日は88座目の上蒜山に登る!


11月19日(木)「上蒜山へ」

1119_01.jpg1119_02.jpg

休養日はあっという間に終わった。休み明けは毎回同じだが、朝起きると体が重い…シャキッと寝起きから絶好調ということは滅多に無い。朝食を食べながら最新の天気予報を見ると、岡山県北部は曇りのち晴れ、気温は暖かい1日になるとあった。だが、準備を整えて宿を出発すると、外は霧雨で吐く息は白かった。

蒜山の標高は400メートルほど、高原とはいうもののそれほど高くない。恐らく朝の気温は7~8度という感じだ。山頂は麓から800メートルの標高差、朝は2~3度位だろう。雨風があるので体感気温はもっと低い事が予想できた。

この時期の今日のような天気では、ウエアの選択が難しい。雨で気温が低く、湿度も高い、風もありそうなので、体感気温はかなり低くなりそうだ。レインウエアは必須にはなるが、問題は中に着る服のチョイスだ。寒いからと保温性を重視すれば、想定以上に汗をかきすぎてしまいに汗冷えを起こしかねない。かといって、レインウエアを脱ぐこともできない。僕の場合はレインウエアの中は、水分を保持しにくいPP(ポリプロピレン)100%のメッシュTシャツを毎回愛用して着ている。今日も同じだ。どんな環境でも耐えられる信頼性はかなり高い!

登りはじめは、気温も低いのでそれほど汗はかかない予想だったが、中蒜山までの急登と意外と風がなく、湿度が高かったため蒸し暑くなった。そのため、多量の汗をかいた。寒さは無かったが、山頂稜線に出てから、中蒜山山頂避難小屋で着替えをするか考えることにした。

山頂稜線に出ると、風があり濡れたレインウエアが冷えて、上蒜山の手前で体が冷えてしまうことが予想されたので、避難小屋で着替えることにした。着替えて正解だった。中蒜山からは途中吹きさらしの所もあり、風をもろにうけた。体を冷やすことなく出発から約2時間で上蒜山の山頂に到着した。

山頂には予想以上の人が応援登山していた。正直ビックリした。晩秋の平日、雨天で気温も低いとなれば、普段は誰もいない山頂だろう。そこに20人くらいの応援登山の方々が集まっていた。皆さん、僕が到着すると笑顔で喜びの声をあげていた。しかし、よく見ると中には、濡れた服のまま「寒い寒い」と言いながら体が震える人やチアノーゼが出ている人もいた。低体温症の初期症状だ。

最近の登山者を見ていると、リスク(熱中症や低体温症、高山病など)に対しての認識が低い印象がある。ちょっとした気付きで防ぐことができることも、自分がリスクの一歩目に足を踏み入れていることに気づいていない。

今日みたいなコンディションで、予見できるリスクをしっかりと把握して、それに見合った装備や知識、技術がある人はどれくらいいるのだろうか。ただ、体力がある、登山をした経験がある、標高が低いから、簡単な山だから、という理由だけで登ってないだろうか。

山頂の応援登山の方々が笑顔だったからほっとはしたが、登りはじめは正直、山頂に誰もいないことを望んでいた。久しぶりにその想いが強かったからか、初めて応援登山の方々に正直な気持ちを伝えた。(今までは日記やネットのみでは訴えてきたことではあったのだが。)「今日は雨の中、山頂まで応援に来ていただきありがとうございました。まさかこんなにたくさんの人が山頂にいるとは正直思ってませんでした。ビックリしてます。でも、上蒜山の山頂は雨風をしのげる場所もありません。僕を待つために濡れた服のままで震えている人もいます。応援のために登ってきていただくことはありがたいことではありますが、事故が起きてはもともこもありません。いつもと違う登山になっていることを十分に理解して、気をつけてこのあと下山して下さい。皆さん、寒くても笑顔なので大丈夫だとは思いますが。本日はありがとうございました!」と伝えた。ちょっとストレートには言えなかったが、これからさらに寒くなり、暖かい地域ではあるが、山は別世界になる。自分自身も含め、応援登山には十分慎重な判断をしてもらいたいと思う。

ジャージー牛が有名な蒜山、下山口では、そのジャージー牛からキスのプレゼントをもらった!結局、1日の終わりまで、天気は回復せず、終始霧雨が舞った。僕の記憶にもう一度登りに来なくちゃいけない山として刻まれた。

下山途中に一瞬見えた眼下の牧草地帯が、故郷の北海道を思い出させてくれた。次は蒜山から見渡す中国山地の展望を期待しよう!


11月20日(金)「わぁ!!コウモリだらけだ!!」

1120_01.jpg1120_02.jpg

真庭市の美甘を7時過ぎに出発。季節が進み、最近はこの時間でも6月の朝4時頃の雰囲気だ。今日は所々に昔の出雲街道の名残がある道を歩いた。

そのなかでも衝撃的だったのは、「鬼の穴」と呼ばれる小さな鍾乳洞だ。本当の「鬼の穴」の手前にある、違う鍾乳洞に間違えて入ると、鍾乳洞の壁には小さな鍾乳石できていて、コウモリの糞が所々に着いている。さらに奥へ進むと入り口の光が届かず、真っ暗だ。仕方なくヘッドライトを出す。鍾乳洞に光を当てると!黒いモノがぶら下がっていた!!よーくみると、コウモリだった!思わず「うわぁ!コウモリだぁ~」と叫んでしまった。

恐る恐るカメラを近づけてみるが、身動き一つしなかった。まさに爆睡中だ。奥にも鍾乳洞は続いていて、さらに静かなのでもっとたくさんのコウモリが寝ていることを予想した。
ヘッドライトを当てると…予想通りの光景が広がっていた。予想通りすぎて、ここでも声が大きくなった。「うわっ!!うわっ!!」と驚いた。その数にこれが起きて動き出したらと想像すると、鳥肌がたち、身震いした。自然の光景ではあるのだが、見慣れなさすぎて、自分にとってはすごく不自然な感じだ。

アドベンチャーレーサーになって、最初の海外レース舞台は中国だったが、大きな鍾乳洞のセクションで、コウモリの糞が堆積しているなかを歩いたときのことを思い出した。大声を出しても、ライトを当てても全く微動だにしないコウモリとの衝撃的な出会いが今日一番の出来事になった。

到着が遅れて、夕暮れの高梁の城下町を歩くことは出来なかったが、歩きながら歴史の一端を感じる1日となった。


11月21日(土)「3連休初日」

1121_01.jpg1121_02.jpg

おはようございます!世間では今日から三連休♪今年最後の大型連休ですね~。残念ながら、高梁の町は雲海の下になっていて、備中松山城を見ることはできませんでした(・・;)

3連休初日は晴れて暖かいということからか、米子へ抜ける国道180号線は朝から車の数が多かった。多いことが問題ではなく、歩道が無く路肩が狭いことが、歩く僕にとっては大問題だ。何度もヒヤヒヤしながら歩いた。蔵屋敷が有名な観光地となっている倉敷市内に入るまで、車に注視しながらの歩きが続いた。

倉敷駅周辺は休日にしては少ないと思われる人通りだったが、蔵屋敷のある美観地区に入るとすごい人の多さにビックリした。さすが倉敷市を代表する観光地だ。ふと、情緒ある観光地を歩いていると自分の格好がかなり浮いていることを悟った。(浮いていることを気づかない方が怖いくらい浮いていた!)

人通りの多い水路沿いのメインストリートよりも少ない裏路地に自然と足が向いた。恥ずかしさもあったが、裏路地の方が蔵屋敷の雰囲気がしっかり残っていたからでもある。
カメラマンやスタッフが同行していたため、数人の観光客の方に気付いていただき、「頑張って」と声をもらった。短い間だったが、迷い込んでみてよかったと感じる時間になった。次はもう少し、浮かない服装をしてゆっくり散策してみよう。

蔵屋敷街からジーンズの町児島まではまだ20キロ近くあったので、すこしでも早く着くために走った。児島までの道が狭かったので、暗くなる前に抜けたかったという方が正しいかもしれない。

児島までの道中、暗くなっているにも関わらず、たくさんの人が応援をしてくれた。やはり休日ということで、今日はたくさんの子供たちとも言葉を交わすことができた。

明日は約半年ぶりのシーカヤックとなる。四国香川までは10キロほどだが、潮の流れは複雑で、大型船から小型船までたくさんの船が往来するエリアを行くので、シーカヤックのスキルよりも、常に他の船に気を向ける集中力が求められそうだ。初めての瀬戸内海は僕にどんな姿を見せてくれるだろう。


11月22日(日)「瀬戸内海横断」

1122_01.jpg1122_02.jpg

緊張の朝がやって来た。海上の波風ともに天気は安定!津軽海峡を横断して以来、約半年ぶりのシーカヤックとなる。距離は約10キロと今までの海峡横断の中では最短となるが、島が多く、潮の流れも複雑なため、決して簡単ではない。また、狭い海峡を行き来する船は、小型船から大型船まで様々だ。特に、与島から先は大型船の本線航路となり、見た目以上にスピードがあるため、横断のタイミングが難しい。一歩間違えれば、取り返しのつかない結果となる。

今回の瀬戸内海横断は、昨年に続いて、アドベンチャーレース仲間がサポートしてくれる。カヤックや装備の運搬から回収まで、彼らのサポート無くしては、この海峡横断も実現しない。さらに、忘れてならないのは、使用するカヤックを貸してくれるカヤックビルダーさんだ。昨年の和歌山県への横断の時も貸していただいた。さらに今回は、船脚の速い改良型のカヤックをこの海峡横断のために用意していただいた。どのくらいの速度が出るか楽しみだ。

三連休中日ということもあり、朝早くからたくさんの人が瀬戸内海へと漕ぎ出す僕を見届けるために集まっていた。その人数は、最終的には50人以上となっていた。出艇する場所は公にしていなかったのだが、準備している間に、電話やメールなどを使って集まった感じだ。集まった人の中には、カヤックそのものを見るのも初めてという人もいたようだ。登山以外にも自然を味わう方法が他にもあることを知ってもらう、いいきっかけになったかもしれない。久しぶりだったのもあり、装備の見落としがないか何度もチェックした。また、たくさんの人が見ている中での準備は、いつもと違うせいかちょっと落ち着かなかった。

出発は10時半になった。予定では着岸まで早くて2時間をイメージしていた。初めて使うカヤックがどれくらいのポテンシャルかは乗ってみないと分からないこともあったから、それくらいだろうと予測した。また、今日は若潮なので、それほど潮の動きは早くはない。最大でも2ノット(時速約3キロ)ほど、細かい潮の中にはそれよりも速いところがあるかもしれないが、警戒するほどではない。それよりも、行き来する船の方が気がかりだった。

出発して体の動きとカヤックとの連動(パドルで水をとらえてカヤックに力が伝わる感覚や体との一体感など)を確認。ラダー(舵)がないカヤックなので、進行方向の修正には、パドリングやリン(腰を左右に動かして、カヤックを傾けさせること)を多用しなくてはいけないが、フィーリングは幸先いい感じだ。

感覚を確かめている間に、いよいよ、岡山から離れてまずは瀬戸大橋の中間地点与島を目指した。細かいルートはその場の判断で修正しつつ、他の船に注意をはらいながら、潮の流れが速いところはペースをあげて一気に横切った。潮流は基本的には西から東に流れている。しかし、島が点在しているので、必ずしもそうとは限らない。漁のために停泊している場所は潮が動いていない場所になるので、漁船の動きや場所も参考にしながら進んだ。

今日一番の潮流は松島沖となる。幅は狭いが2ノットよりもあるような感じの流れがあった。面白いくらいに、潮流に入るとカヤックが左に持っていかれる。まるで川のようだ。流れがぶつかるところでは、三角波がたち、流れの境では渦が巻いていた。松島から櫃石島の間も流れが強く、岩黒島に近づいた所でようやく潮が止まり始めた。

出発してから岩黒島まで30分ほどの地点で、漕ぐのを止めて記念撮影をした。写真を撮っていると、初めて見上げる瀬戸大橋の内側を、ガタンガタンと大きな音をたてて電車が走っていった。瀬戸大橋に電車が走っていることを知らなかったので、ビックリした。渡りきるまでの間に何回も電車が通過していったので、かなりの利用があることが予想できた。

あとで地元の方に聞いたが、昔は橋がなかったので、岡山県に渡るにはフェリーが使われていて、フェリー会社もたくさんあったらしい。しかし、橋ができたことで利用者は激減して、今では2、3社しかないそうだ。フェリーだと高松から岡山まで4時間かかっていたが、橋が出来て、車や電車が走るようになってからは1時間で行くそうだ。そのため、高校生など学生や会社員は香川から通勤通学ができるようになったそうだ。ただ、強風でよく運休になることがあり、そうなると帰るのが大変となるとのこと。とにかくこの橋は四国と中国地方を結ぶ重要な役割を果たしているということだ。

前半の緊張するところを抜けて大分リラックスできた。与島からは橋の西側に進路をとるので、羽佐島と与島の間を抜けた。与島まで、約50分で到着した。与島から上陸地点の間が本線航路となる。ちょうど、大型船が瀬戸内海に入ってきた。タンカーだー!デカイだけでなく速い!間近でみると、迫力満点だ。海峡横断の時は大型船が実際にどのくらいのスピードで動いているのかを見ておくと、本線航路を横断するときなどに役立つだろう。実際にこのあと、横断の時にかなり遠くにいた大型船を待つか、先に横断するか迷ったが、結局待つことにした。このときもかなり微妙な距離感だったが、大型船の速度が頭に残っていたので、かなり参考になった。

与島で10分ほど、補給と大型船通過待ちをして、一つ目の本線航路を安定して渡り、もう一つの本線航路でもう一度大型船を待ってから、香川県坂出市の砂浜に12時過ぎに着岸した。

最終的に、緊張はかなりあったが、予想以上に快適な海峡横断になった。途中に休憩を入れても、わずか1時間半で横断できたのは、改良型のカヤックがかなりの速度が出せたからだと思う。カヤックビルダーの方は時速7キロを予測していたが、大幅に上回り平均で9キロを記録していた。MAXでは10キロ出るときもあり、かなりの活躍があったと言える。久しぶりの海峡横断が10キロ位だったのも、気持ちよく終われた一つの要因だろう。あまりの早さに、サポートのアドベンチャーレース仲間がビックリしていたのが印象的だった。

香川県坂出市の砂浜には、着岸を心待にしていた人たちが拍手を送ってくれた。また、瀬戸内海を漕ぎにきたいと思える時間となった。明日からは四国路を歩く。数日後には寒気が入る予報だ。ここまで季節外れの暖かさが続いたことに感謝ですね♪

投稿時間:19:15 | カテゴリ:今週のヨーキさん(2016)


▲ページトップへ

新着記事

カテゴリー

カレンダー

2016年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

検索