週刊グレトラ日誌

今週のヨーキさんとゆかいな仲間たち

2015年6月

2015年06月26日 (金)

今週のヨーキ(6/15~21)

6月15日(月)「花粉症」

0615_1.jpg0615_2.jpg

静かな新得の街を出ると、昨日よりも暑くなりそうな気配。国道はすでに賑わっていた。

道路沿いの雑草を見て、ドキッ。花粉をびっしりと付けたイネ科の植物がずらーと生えていた。途端に鼻水が出て、目が痒くなった。

「ヤバい!!」

いよいよ花粉症の症状が本格化しそうだ。風にたなびくイネ科の植物たち、その度にくしゃみが止まらない。止まらない鼻水と目の痒みで集中力が低下。仕方がないとわずかな花粉症の薬を飲んだ。

途中、コンビニエンスストアでマスクを買って、サングラスとマスクで花粉症をガードしたが・・・あまりにもその姿が怪しすぎた。変な人に見えるかもしれないが、本人はいたって真剣。花粉症の人はこの気持ちがわかるはずだろう。

格好なんて気にしてられない!

→続きを読む

投稿時間:11:00 | カテゴリ:今週のヨーキさん(2016) | 固定リンク


2015年06月26日 (金)

ヨーキさん観察日誌(6/15~20)

6月15日(月)

翌日から奥深い日高山脈に入るヨーキさん。

日高山脈の二百名山は、(読むのも登るのも難しい)カムイエクウチカウシ山。そして、難攻不落の遥かなる山と称されるペテガリ岳。

この2座踏破をすべく、麓にある帯広八千代のユースホステルに到着したヨーキさん。ここで装備の準備を念入りに行い、山の情報を入手します。

IMG_8158.jpg

IMG_8160.jpg

カムイエクウチカウシ山で最初の難関とされるのは、この旅はじめての沢登り。足元が滑りやすい沢では専用の沢靴で登るのが一般的ですが、ヨーキさんが持ってきたのはまさかのトレランシューズと登山靴。一方、スタッフ全員が沢靴を用意してきたことを知ると、ヨーキさんの表情が曇ります。果たして、この靴で無事に沢を突破することができるのでしょうか・・・。

→続きを読む

投稿時間:11:00 | カテゴリ:今週のゆかいな仲間たち(2016) | 固定リンク


2015年06月19日 (金)

今週のヨーキ(6/8~14)

6/8(月)「急がば回れ」

0608_2.jpg0608_1.jpg

石狩岳登頂から一夜明け、体にはかなりの疲労感と筋肉痛が残っていた。

ニペソツ山の登山口までは林道を歩く、途中キタキツネやその子供、さらには熊の足跡と遭遇しながら、ドキドキして進んだ。十六沢登山口に、8時半に到着して山頂に向けて出発。

北海道の二百名山の中で唯一の2,000メートルオーバーとなるニペソツ山。石狩岳から見たときも、北海道のどっしりとした山々とは異質な山容だとイメージしていた通り、手前の天狗岳辺りから山の雰囲気が一変し、アルプスを彷彿とさせる岩山だった。さらに天狗岳からの登り返しはさすがに厳しい戦いとなった。

曇り空が広がっていたが、山頂からの展望は険しい山であることをより実感させた。わずかな時間の滞在で下山。下山は幌加温泉へ続くルートを選んだが、分岐に着いて唖然…道がない。地図にはしっかりとルートの線が書かれているが…あとから分かったことだが、このルートは今は廃道となっているそうだ。

道を探しながら最短のルートを進むか遠回りとなるが登山口に戻るか選択になったが、すぐに「急がば回れ」だと判断して、十六沢登山口に戻ることにした。糠平温泉までの距離が10キロ以上長くなり、1日の総距離が55キロほどになったが、結果的にはいい判断だと思っている。まだ明るい時間の午後7時過ぎに宿泊先の湯元館に到着した。最後の5キロはかなり厳しい時間となったが、もし、幌加温泉ルートを選択していたら、まだついていなかっただろう…今後も今日のような判断が必要になりそうだ。

→続きを読む

投稿時間:11:00 | カテゴリ:今週のヨーキさん(2016) | 固定リンク


2015年06月19日 (金)

ヨーキさん観察日誌(6/8~14)

6/8(月) 104座目 ニペソツ山

2日連続の登山。この日は、北海道の二百名山で唯一の2000mを超える山、ニペソツ山。

8時半、登山開始。しかし前日の登山の疲労から、重い体を息を切らしながら運びます。スタッフの声かけにも「しゃべる余裕がありません・・・」と一言。厳しい一日となりそうな予感です。

登山道は倒木も多く足場の悪い急斜面が続きます。

IMG_7646.jpg

IMG_7667.jpg

稜線に出ると風が強くなり、気温も急激に低下。すると、ようやく現れたニペソツ山!どっしりとしたピラミッドのような山容は、まるでアルプスを思わせる威厳を放っていました!そして午前12時に登頂。強い風に追われるように、足早に下山を開始。ところが下山に思わぬ落とし穴が!

なんと、下山ルートに選んだ道が、不明瞭でわからないとのこと。しばらく辺りを見渡すものの、ハイマツが生い茂り、道が消えているらしい。実は、この道はここ何年も登山者が通っていない道だったのです。迷ってしまえば、登山口に出るまでに大幅なタイムロスが生じてしまう…しばらく考えた結果、舗装路の距離は10キロほど長くなるものの、来た道を戻る選択をしました。

糠平湖の温泉宿に着いたのは午後7時過ぎ。この場所で最も古い温泉宿に宿泊し、2日間の疲れを癒したヨーキさんでした。

→続きを読む

投稿時間:11:00 | カテゴリ:今週のゆかいな仲間たち(2016) | 固定リンク


2015年06月12日 (金)

いざ、二百名山踏破へ!

みなさん、お待たせしました!
 
昨年、百名山一筆書き完全制覇を成し遂げたヨーキさんが、新たな挑戦をスタートさせました。その名も、「グレートトラバース2~日本二百名山一筆書き踏破~」!
 
ということは・・・
 
ヨーキさんによる「今週のヨーキ」ブログ、現場で密着していたスタッフによる「ゆかいな仲間たち」ブログ、共に再開です!
 
前回に引き続き、ヨーキさんと私たちの生の声を通して、挑戦するヨーキさんの(時には私たちの?)喜怒哀楽をお届けしていきます。ぜひご期待ください!
 
※今回の更新では、スタートからこれまでをまとめてお伝えします。
 
 
DSC00030.jpg

 

→続きを読む

投稿時間:11:00 | カテゴリ:今週のゆかいな仲間たち(2016) | 固定リンク


2015年06月12日 (金)

今週のヨーキ(5/25~31&6/1~7)

5/25(月)「北海道宗谷岬から再び」

0525_1.jpg0525_2.jpg

昨年の10月26日に日本百名山ひと筆書きの旅を終えてから、あっという間に月日は流れ、中210日で日本の最北端、北海道宗谷岬から再び本日5/25に日本二百名山一筆書きの旅へ出発しました。朝の4時、宗谷岬を赤く染める朝日に包まれ、昨年とは違い、20人ほどの応援の方々に見送られてのスタートになりました。
 
はじめは、静かな宗谷湾に朝早くから漁をしている船と納沙布岬越しにそびえる利尻岳を眺めながら、久しぶりに歩く体の反応を確かめつつ歩いた。
 
初日からいきなりの60キロ、経験抜きに、意外だろうが実は不安で一杯だった。快調に距離をのばしていくが、心は「歩みを止めたら、目的地までたどりつけないのでは…」。早速、アスファルトの洗礼を受けながら、我慢の時間が続いた。

→続きを読む

投稿時間:11:00 | カテゴリ:今週のヨーキさん(2016) | 固定リンク


▲ページトップへ

新着記事

カテゴリー

カレンダー

2015年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

検索