ごごラジ!ブログ

2018年07月10日(火)ご当地レスラー列伝BEST5

第5位「愛澤No.1」 (宮城・山形/フリー)aizawanumber1.jpg

実際に歌舞伎町でのホスト経験を持つホストキャラレスラー。シャンパン片手に入場し、リングサイドの女性ファンと乾杯してからリングイン。チャンスになると客席にシャンパンコールを煽る。

第4位「吉田和則」(栃木/イーグルプロレス所属)yoshidakazunori.jpg

リング内にトランポリンを持ち込み、トランポリンとトツプロープ上を自由自在に飛び回る。彼独自の空中殺法はもはや説明不可能!?「百聞は一見にしかず」を地でいくレスラー!

第3位「“救世忍者”乱丸」(大阪/フリー)ranmaru.jpg

決め言葉は『今日もプロレスせぇへんぞー』。プロレス技を全く使わず、関西弁バリバリな話術と忍法(?)のみで、相手を精神的に追い込んでいく技術は彼女特有。

第2位「レイパロマ」(広島/ダブプロレス所属)reiparomas.jpg

沢田研二の「ストリッパー」でくねくねと踊り狂いながら入場。いかがわしい手つきと目つきで女子レスラーからは警戒されるも、なぜか女性ファンからは人気が高い。普段はメキシコ料理屋を経営。

 第1位「グルクンマスク」 
(沖縄/琉球ドラゴンプロレス所属)gurukunmask.jpg

沖縄の魚グルクンをモチーフにしたマスクマン。40代後半とは思えないシェイプされた身体と俊敏な動き。常に沖縄愛を口にし、沖縄のテレビやラジオにも多数出演。老人介護施設や児童養護施設への慰問も多数行い、プロレスでの地域貢献を本気で考え、実践している。

・・・・・・

佐々木貴さんありがとうございましたsasakisanarigatou.JPG

2018年07月10日(火)ご当地プロレスならではのユニークな試合!

sasakitakashisan09.JPG

ご当地プロレスの特徴“地域密着型”
商店街やショッピングモールに特設リングを設置して、観戦無料で試合を行い、通りすがりの方々に見てもらう。そこで募金を募り、災害で被害を受けた自治体や役所へ寄付。児童養護施設、老人ホームへの慰問プロレスなども行います。

【佐々木さんの団体で行ったご当地密着型試合の実例】
●Jリーグ「湘南ベルマーレ」とのコラボプロレス

05syonan02.jpg

●地元小学校での道徳プロレス06doutokup.jpg07doutoku02.jpg

 

【各地のご当地プロレスが行った地域密着試合の例】
●北海道・北都プロレス/札幌国際スキー場での雪上プロレス

01hokkaidoo.jpg

●岩手・みちのくプロレス/山形鉄道・フラワー長井線ローカル線プロレス02yamagatapro.jpg

●沖縄・琉球ドラゴンプロレス/読谷村残波ビーチ・海上プロレス03uminoueprow.jpg●茅ヶ崎・湘南祭 プロレスリングFREEDOMSの試合04k55uprow.jpg

 

2018年07月10日(火)がんばれ プロレス!

佐々木貴さん(殿)sasakitakashi0710.JPG

1975年 岩手県生まれ。大学在学中に現役プロレスラーが経営するジムのプロレスラー養成コースに入会。大学4年の秋にプロデビューを果たす。その後、所属プロレス団体の移籍、倒産などを経験し、2009年に自らプロレス団体(プロレスリングFREEDOMS)を設立。選手としてリングに上がる一方、会社の経営者としても奮闘。昨年から、地方在住プロレスラーが一堂に会する“ご当地プロレス夢の祭典”とも言える試合をプロデュースされています。

710sasakitajasshi.JPG

★ご当地プロレス(地域密着型プロレス)の先駆けは、岩手で旗揚げした「みちのくプロレス」です。この団体は、東北のみならず全国のメディアから注目されました。その後「大阪プロレス」や「沖縄プロレス」が旗揚げ。その地域でしか見られないというプライオリティーが人気を呼び、他の地域からの集客もあり、地域密着型プロレスとして認知されるようになったそうです。
そして、「みちのくプロレス」のモデルケースを参考に、地域密着型でも興業が成り立つようになりました。昔プロレスラーに憧れた世代が、再チャレンジという形で旗揚げするケースも増えています。現在、大小含めると、都道府県に最低一つは存在するのではないでしょうか。

2018年07月10日(火)がんばってますか?

火曜ごごラジ!は「ご当地情報局」
きょうは「ご当地プロレス」だーっ!
“情報通”に神奈川県・茅ヶ崎市を拠点とするプロレス団体の代表、佐々木貴さんをお迎えし、
ご当地プロレスの現状について語っていただきます。kandopro0710.gif

おたよりテーマは「がんばってます!」
あなたは何をがんばっていますか?mahoganba.JPGリクエストのテーマは「プロレス!」です。
スター選手の入場曲はもちろん、意外なプロレス関連の曲など、プロレスにまつわる曲をお待ちしています。

2018年07月09日(月)OA曲(7月9日)

1時台
「Take On Me」(a-ha)
「ひと夏の経験)(山口百恵)
「1986年のマリリン」(本田美奈子)
「Astral Traveling」(Lonnie Liston Smith)
「Wake Up」(チューリップ) 

2時台
「黒猫のタンゴ」(皆川おさむ)
「Wave」(Stanley Turrentine)
「青いゴムゾーリ」(バーブ佐竹)

3時台
「Tropical Love」(Doc Powell)
「太陽のかけら」(Orange Pekoe)
「Along The Bay Side 19990617 Rio Mix」(Delighted Mint)
「ふれあい」(中村雅俊)

このページのトップへ