ごごラジ!ブログ

2018年9月11日

2018年09月11日(火)OA曲(9月11日)

1時台

「旅の宿」(森進一)※吉田拓郎のカバー
「コスモス街道」(狩人)
「トゥエンティ・ファイヴ・マイルズ」(ロニー・スミス)
「東西南北ひとり旅」(ジェロ)
「ドライヴ」(ニコラス・エドワーズ) 

2時台

「山の温泉旅館」(ゴンチチ)
「青い車」(スピッツ) 

3時台

「烈車戦隊トッキュウジャー」(伊勢大貴)
「映画「私を旅館に連れてって」から、エヴリディ・イズ・ライク・ア・バースディ」(オリジナル・サウンド・トラック)
「風立ちぬ」(松田聖子)
「ワイルドで行こう」(ステッペン・ウルフ)
「浪漫飛行」(米米CLUB)※BGM

2018年09月11日(火)ご当地いちばん賞!(古いけど大切)

ichibban911.jpg本日のいちばんさんは・・・9111ban.JPG

この人!ebisusan.JPG

「古宿といえば 地元花巻の大沢温泉自炊部でしょうか。木造の建物で築200年・・・男女混浴の露天風呂。1週間単位で利用する湯治客が多いです」

若年寄ゑびすさんおめでとうございます

2018年09月11日(火)郷愁を誘う宿2

 上明戸聡さんkamiakitosan.JPG

「忍者の町で歴史を刻む宿(三重県・伊賀市)05kuranso.JPG06kuranso.JPG中村元彦さん 朱美さんご夫婦002kunrakufuuu.jpg

伊賀の町で創業100年以上。襖に書かれた漢詩や、凝った欄間の造りなど、古さの中に風情を感じる旅館。経営者ご夫妻が若いせいか、休憩スペースや食堂など、細かいところまで気配りが行き届いた感じ。伊賀忍者の里にあるいかにも古い和風建築なので、現在は外国人客に大人気。

。。。。。

映画「犬上家の一族」のロケ地になった宿(長野県・佐久市)01ideno.JPG02ideno.JPG03ideno.JPG

旧中山道望月宿に立地。大正時代創業で前身は芸者を置いていた料理屋だった。戦後は下宿屋から宿に開業。大正時代としては豪華でモダンな建物であったと思われる。映画「犬神家の一族」では、金田一耕介が宿泊する古びた旅館「那須ホテル」として、ロケが行われており、ほぼその時のままの作り、風情が残っている。


古宿を尋ねる心得3ヶ条!

その⓵
最低限のアメニティ(歯ブラシ、タオルなど)は常に携行。
食事をしそびれることもあるので、できればスナック菓子とペットボトルも。 

その②
なにか不便があっても、ゆとりを持った心で“不便さ”を楽しむ!

その③
もし機会があれば、ご主人や女将さんに宿の歴史を聞いてみる!
意外に興味深い話が多い!!

2018年09月11日(火)郷愁を誘う宿1

上明戸聡さん911kamiakitoakira.JPG

上明戸さんのブログが注目されるきっかけとなった温泉宿(栃木県・那須町)

03kiraku.jpg02kiraku.jpg03kiwwraku.jpg酸性の名湯が多い那須湯本温泉では珍しいアルカリ性の温泉として知られる宿。強い温泉成分の影響か、古い建物はボロボロで、一見、廃墟のように思えてしまう旅館。なんとか浴舎といくつかの客室、2階の食堂などが使用できる状態だが、泉質は非常に良く、お肌がつるつるすべすべに。現在、宿泊は受け付けていない。温泉入浴のみ。

。。。。。

明治の遊郭が転業した宿(青森県・八戸市)01mutsu.JPG02mutsu.JPG女将の川村紅美子さん
kawamurasan.jpg

明治31年創業の貸し座敷業(遊郭)「新陸奥楼」が戦後に転業した宿。外観は古びてしまっているが、二股に分かれるY字型の階段や、吹き抜けを渡る空中回廊など、迷路のような造りに遊郭らしい華やかさを感じる。床の間、欄間などの細工も見事。食事はイカなどが大変おいしい。

2018年09月11日(火)古いけど大切です

火曜ごごラジ!は「ご当地情報局」
「ご当地探訪シリーズ第2弾~懐かしの古宿を訪ねて~」
全国の古宿を旅するフリーライター上明戸聡さんをお迎えします。

おたよりテーマは「古いけど大切にしています!」
大事に使い続けている品物など、古くても大切に守り続けていることや、教えや伝統などを教えてください。
リクエストテーマは「旅のお供にこの1曲」
旅のお供に 旅を感じる曲をお待ちしています。mawarumaho.gif番組最後には「ご当地いちばん賞」を決定します。
こりゃメールを出すっきゃない!mawwarikando.gif

2018年09月11日(火)北海道胆振東部地震 被災地からの石垣リポート

地震が起きた9月6日の夜、ラジオ第1の災害報道番組でラジオ中継リポートをする為に、札幌市へ向かいました。
ほとんど電気がついておらず、市内中心部も点灯していない信号が多くありました。コンビニなどもほぼ閉まっていて、わずかに開いている店では、ごはんやおかずになる食べ物、乾電池が売り切れていました。

▽「9月7日午前0時過ぎ すすきの中心部の様子」P11q80733.JPG

翌朝から、液状化現象の大きな被害があった清田区の現場や避難所を訪ね、伺ったお話を中継でリポートしました。

▽「9月7日午前9時過ぎ 札幌市清田区里塚の様子」P1180747.JPG

「今一番足りないものは(携帯などを)充電できるバッテリー。乾電池式や手回し式のものを用意しておけばよかった」
「飲料水を全く用意していなかった、必要だと感じた」
「いざという時に持ち出すものを、1つにまとめておくべきだった」といった声を紹介しました。

また、様々な情報を得るためにラジオがとても役立っているという声も聞きました。「ラジオで、近くの避難所が開いたことを知って来た」、「普段はラジオ聴かないけれども、やっぱりこういう時はラジオ!NHKラジオを朝からずっと聴いている」と言ってくださった方も。
受付でNHKラジオが流している避難所もありました。

「ごごラジ!」では皆さんの声をお待ちしています。私たちの取材が届いていないことや、全国に伝えたいこと、今の状況、思いなどを、ぜひお寄せください。

NHKラジオ「災害列島 今、知りたいこと 伝えたいことHPからでもお送り頂けます。

このページのトップへ