ごごラジ!ブログ

2018年9月 5日

2018年09月05日(水)OA曲(9月5日)

1時台

「不滅の男」(遠藤賢司)
「ダンス・ザ・ダンス」(ディメンション)
「駄目な時ゃダメよ」(美川憲一) 

2時台

「シーサイド・ウーマン・ブルース」(サザン・オールスターズ)
「スタミナ」(ヴィクター・ルイス)
「焼き肉プリンセス」(シシド・カフカ)

3時台

「イエスタデイズ」(バディ・デフランコ)
「ダイヴ!」(三浦大知)
「やさしい気持ちで」(スーパーフライ)

2018年09月05日(水)「焼肉」のコダワリ、アンケート!

これが俺のルールだ!
netubenryuuta.JPG

▼きじまさんの「焼肉」マイルール
・事前に焼き網をしっかりと熱くする。
・塩味を焼いてからタレ、最後に味噌系の濃い味。順番が大事。
・高い肉は早めのタイミングで食べる。
・食べる人数×2枚を超える量は同時に焼かない。

▼「人の分も焼く人」の是非、リスナーアンケート!
焼肉で人の分も焼く人を、どう思いますか? 

1位(34%)ありがたい
2位(25%)あまり ありがたくない 
3位(21%)ありがたくない! 
4位(20%)とても ありがたい!

焼肉行きた~い!yakinikutabetai.gifyakiyakimahoo.JPG

きじまさん特製「焼肉のタレ」
▽定番の焼肉ダレ
りんご:1/2個 
タマネギ:1/2個 
ニンニク:1片 
塩:適量 
白いりごま:適量
醤油:100ml 
酒:30ml 
ハチミツ:大3 
塩:小さじ1/2

▽ネギ塩ダレ  
長ネギ:太2本 
細ネギ:1束 
おろしニンニク:大さじ1 
鰹節:3g 
水:大さじ2 
酒:大さじ2 
醤油:大さじ1/2 
鶏がらスープの素:大さじ1/2 
塩:大さじ1/2

きじまさん ありがとうございましたarigatokijima.JPGmatakijimatareee.JPGgochikan.JPG

2018年09月05日(水)料理研究家・きじまりゅうたさん登場!

きじまりゅうたさん905kijima.JPG

疲労回復効果のビタミンB1が豊富に含まれる「豚肉」と、同じくビタミンB1が豊富で、胃腸の働きを助ける消化酵素も豊富な「長芋」を使ったメニューを作ってくれました!

 ▼きじまりゅうたさん特製『豚肉と長芋の黒酢酢豚』subuta905.JPG

☆材料(2人分)
豚ロース厚切り:1枚 

長芋:150g 
細ねぎ小口切り:適量

塩:少々 
片栗粉:適量 
サラダ油:適量

A・・・・・・黒酢(香醋):大さじ4 醤油:大さじ2 砂糖:大さじ2 水:大さじ2 サラダ油:大さじ1/2
B・・・・・・片栗粉:小さじ1 水:小さじ2

☆作り方       
【1】長芋は3cm長さのクシ型に切る。
 ☆ポイント:長芋は大きめに切って、半生に仕上げサクサクの食感を活かす。
【2】豚肉は両面に切り目をいれて一口大に切って塩を振る。
 ☆ポイント:豚肉は全体に切り目をいれると、食感が柔らかく、火通りも良い。
【3】長芋と豚肉に片栗粉をまぶしつける。
【4】フライパンに油を1cm深さまでいれ、長芋をいれて全体に焼き色がつくまで揚げ焼きにして取り出す。
【5】同じフライパンに油を1cm深さになるまで足し、豚肉の全体に焼き色がつくまで4分ほど揚げ焼きにして取り出す。
【6】あいたフライパンをさっとふき、Aを煮立て、Bを加えてとろみを付ける。長芋と豚肉をいれてさっと絡める。
 ☆ポイント:黒酢あんを作り、とろみが付いたら具材をいれてからめ、具材のカリカリ感を活かす。
【7】器に盛ってネギを散らす。

いただきまーす!
umasooomaho.JPGうまうま!umasubuta.gifkijimasan09090.JPG

▼自宅で美味しくステーキを焼くコツ
・焼く30分~1時間前に冷蔵庫から取り出しておく。(牛肉が冷たい状態で焼くと中が完全に生のままになりがち)
・肉の筋を包丁で切る。(筋がそのままだと反り返ってフライパンに均等に接地しない)
・下味の塩コショウは焼く直前に。(事前に塩を振ると、水分が抜けてパサパサになりがち)
・フライパンは分厚くて保温性が高いものを使う。自宅で一番重いのを。(薄いと肉を入れた瞬間に温度下がりバリッと焼けない)
・底面にバリッと焼き色がついたら裏返して、だいたい1分ほど焼く。
・揚げバットに取り出して、余熱で2~3分ほど中まで火を通す。(直接バットに肉がペタッと触れないので、温度が下がりにくい。休ませると肉汁落ち着く)

▼きじまりゅうたさんpresents 火を使わない「満足メニュー」
火を使わないメニューというと、生野菜が多くなりがちでサラダ感覚になったりおかずになりにくいが、「植物性たんぱく質」または「味わいが濃厚なもの」を加えると「食べごたえあるおかず」にできる。
・植物性たんぱく質…(例)豆腐、納豆 
・味わいが濃厚なもの…(例)チーズ、アボカド

☆『アボカドのねばねばスタミナあえ』
・混ぜるだけなので超カンタン。
・完熟のアボカドを切って納豆、生卵を混ぜて、醤油、柚子胡椒、ラー油を加えるだけ。
・ご飯にのせたり、そうめんつゆに混ぜたりもオススメ。焼き海苔で各自が巻くスタイルでも美味しい。
・更に、イカやマグロを加えると、完璧な一品に。

2018年09月05日(水)夏バテなんか怖くない

★お便りテーマ・音楽リクエストテーマは「夏バテ解消!
食事、運動、服装、入浴法など、あなたの夏バテ解消法やこの夏の「夏バテ」エピソードを教えてください。kaisyoo.gif

★2時台ゲストは料理研究家・きじまりゅうたさん
夏バテ解消メニューを教えてくれます。「料理」全般についての質問も募集。電話で相談したい方は電話番号を明記して応募を!

★あなたの「焼肉マイルール」教えて!
夏バテ解消メニューの定番「焼肉」。焼く順番や焼き方など、コダワリはありますか?

すべて宛先はこちら905bosyuemail.jpg

このページのトップへ