ごごラジ!ブログ

2018年3月 5日

2018年03月05日(月)「かとちえ短歌塾」「卒業」

2017年4月から、歌人で小説家の加藤千恵さんを講師に
お送りしてきた「かとちえ短歌塾」。
春の改編でレギュラー放送は一旦終了です。

0305katochie.JPG

 今日の「かとちえ短歌塾」は、
ふれあいホールから公開生放送の予定でしたが、
国会中継のためにイベントのみ開催しました。

katochee9.JPG

「卒業」をテーマに募集し、会場アンケートもあわせて
91首の作品を寄せていただきました。

 ★かとちえ短歌賞
卒業と言いわけをしてさようなら あなたと暮らした日々もまるごと(ミスターねぎたん塩)

★入選作
渋谷から奈良へ電波は二、三秒 今ごごラジ!を去るあなた 春(長風呂男子)
脱皮する生き物なんだ わたしたち この制服を脱ぎ捨てる時(りろん)
花びらと涙が舞った校庭で「またね」と言ってそっと消えたい(今井遼)
制服のボタンをくれと言い出せず いつものように別れたその日(レイチェル)
2番目のボタンどころか学ランをあげたあの娘も今は人妻(チャゲあんこ好きか)
もう2年経ったあの日の失態も全てまとめて卒業します(サラ・マイクロフォン)
これでいい?となりの女(ひと)にきく我が息子(こ) 母を卒業 結納の朝
保育園  卒園式の 歌声で 滲む涙は 花粉のせいだ(ざるそば)
逃げたんだ今いる場所から逃げたんだ卒業の名にすりかえて 卑怯(あきこさん)
卒業はまだ早いよと神さまに うったえながらあがいてみてる(猫の通路)
挨拶もしない程度の顔見知りだけど元気でやってるのかな(スーパーヤンバル)
後ろ髪 引かれながらも 前を見る 悲喜こもごもの 弥生の思い(奥山 鄙) 

★出演者の作品

詠もうとして詠めないの 心なんてまとまらない よぎるズッ友(犬山紙子)

5年間念入りに勉強したと強がりながらなんとか巣立つ(神門光太朗)

さよならは一生うまく言えそうになくて涙でにじむ三月(加藤千恵『卒業するわたしたち』収録)

↓ 加藤千恵さんからのメッセージ ↓katosanjikihitsu.jpg

↓ ↓ これまでの「かとちえ短歌賞」受賞作品(敬称略)↓ ↓

4月10日放送分 テーマ「桜」
満開の桜が笑う公園に子どもの笑う声がしてない(若爺)

4月24日放送分 テーマ「休日」
炭酸の気泡も消えて目立たないネイルに変える休日の夜(いちみ) 

5月8日放送分 テーマ「母」
ありがとうその一言が言えなくて未だ平行線の我が母(ふれぼ)

6月19日放送分 テーマ「父」
父の日に乗り継いできて父の家父に背を向けテレビに見入る(石英) 

7月3日放送分 テーマ「梅雨」
部屋干しの洗濯物に風送る中にKISSのTシャツ歌う(窓辺のカフカ)

7月31日放送分 テーマ「海」
東京に旨い魚はないと言う君の故郷の景色を想う(りろん)

9月4日放送分 テーマ「失恋」
録画したアメフト  鼻唄のpillows  今でも私あなたと生きてる(鳥肉レバー)

10月2日放送分 テーマ「食べもの」
晩飯に豚汁がでてくる日々は私がつかみとってきた日々(パンと緑茶)

10月23日放送分 テーマ「公園」
ちょうどいい距離に座れる思い出のブランコだったはずだったんだ(中田智史)

11月6日放送分 テーマ「映画」
「実写化が決まってため息ついた人国内だけで千人はいる」(青島早希) 

12月4日放送分 テーマ「星」
一番星みつけて急に怖くなる帰れる場所はあるはずなのに(抹茶金魚)

12月18日放送分 テーマ「クリスマス」
池袋アニメとホラー二本立てイブイブ終われイブイブ終われ(高橋たいげん)

 2月19日放送分 テーマ「お酒」
大人への入り口ですか(生ビール)さては大人の非常口ですか(長風呂男子)

3月5日公開イベント分 テーマ「卒業」
卒業と言いわけをしてさようなら あなたと暮らした日々もまるごと(ミスターねぎたん塩)

約1年間、沢山の短歌作品ご投稿ありがとうございました!nakayoshiii.JPGふたりはプライベートでもなかよし

2018年03月05日(月)公開ふれあいLIVE

ごごラジ!公開収録@ふれあいホール
司会は犬山紙子&神門光太朗0305kamikokando.JPG

ゲストは八神純子さん0305yagamijyunko.JPG0305inuyamasann.JPGたくさんの人にお集まりいただきました0305koukai.JPG八神純子ライブスタートyagamilive.gifyagamijyunko01.JPGpianoyagamisan.JPG0305yagamipiano.JPGpianoyagami.JPG八神さん ありがとうございました
kangekikamiko.JPGsotsugyou.JPG
八神さんから紙子さんへ歌のプレゼントがありましたsupri.JPG

この模様は今月中に放送予定です
。。。。。

雨の中 お手振り隊もやって来た!otefuruiri0305.gif



2018年03月05日(月)香先生からのメッセージ

山口香さん0305yamaguchi.JPG

「1年間、オリンピック・パラリンピックを様々な角度からお伝えしましたが、私自身も勉強することが多く、楽しい時間でした。2年後はあっという間にやってくると思いますが、その時がとても待ち遠しく楽しみです。私も含めて、一人一人が自分の関わり方を探し、大会に積極的に参加しましょう!2020東京が世界中の人々をインスパイアする大会となることを期待しています。1年間本当にありがとうございました」

山口さん ありがとうございました

2018年03月05日(月)「かとちえ短歌塾」作品募集!締切は本日午後3時30分 

 今日は国会中継で生放送が無くなりましたが、
「ふれあいホール」でのイベントで「かとちえ短歌塾」を開催します。
選者は、歌人で小説家の加藤千恵さん。
「卒業」をテーマに短歌を募集しています。

 締切は本日午後3時30分です!
→メールはこちらのページへ→投稿
→FAXは  03-3465-2360(ごごラジ!短歌塾係 と明記を)
→Twitterは  #nhk_gogoradi をつけてツイートを

※「季語」を使う必要はありません。
※普段使っている言葉のみを使って詠んでください。
(自分のことを「我」、 語尾に「たり」「なり」など古典調は避けてください)
※短歌の基本は「五・七・五・七・七」の音数です。
小さい「っ」や、伸ばす「―」は一音として数えて、
小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」は数えません。
(例)「ココナッツ」→「コ」「コ」「ナ」「ッ」「ツ」=5
(例)「チョコレート」→「チョ」「コ」「レ」「―」「ト」=5
※原則は「五・七・五・七・七」ですが、「字余り」「字足らず」もOKです。 

【作品例】
5年間念入りに勉強したと強がりながらなんとか巣立つ
(大学時代を振り返る神門光太朗)

このページのトップへ