ごごラジ!ブログ

2017年12月15日

2017年12月15日(金)OA曲(12月15日)

1時台

「In My Place」(Coldplay)
「Papa’s Got A Brand New Bag」(Jimmy Smith)
「リメンバー」(The Privates) 

2時台

「Departures」(Globe)
「My Little Suede Shoes」(Grant Green)

「氷河戦士ガイスラッカー」(水木一郎)
「焦がれ星」(佐々木秀美)
「Shout It Out Loud」(KISS)
「ジプシー・サンディー」(Thee Michelle Gun Elephant)
「ロマンスの神様」(広瀬香美)1215ma88sao0844.gif来週22日はDJマサオタイム!
グルグルいっぱい回します。

3時台

「Happy Hour」(Ornette Coleman & Prime Time)

4時台

「大名行進曲」(「O.S.T. ジャズ大名」)より)
「Big Blue Hat」(Bill Evans)
「Joy To The World」(山田稔明)

2017年12月15日(金) 聴き逃し リスナーニュース

本日3時台にお伝えしたリスナーニュースの原稿です。rettoonews151215.jpg

【およそ35年ぶり!夫婦2人の生活に】
島根県のヒロリンママさん(55歳)の家庭には、子どもたちが同居していましたが、ことし、すべての子が独立しました。これにより、およそ35年ぶりに夫婦2人で生活することになりました。近所の人からは「まぁ!新婚生活だがねー」と声をかけられましたが、ヒロリンママさんはこの声に反論する形で、次のようにコメントしています。「無責任なことを言って笑っているけど、私にとっては重大な問題である。世に言う『熟年離婚』に発展するかもしれない。信じるか信じないかはあなた次第です」#

以上、ヒロリンママさんのニュースでした。

【厚生年金受給資格を取得!】
福島県の菜之花咲多(なのはな・さいた)さんは、ことし5月に62歳の誕生日を迎え、厚生年金の受給資格を取得しました。菜之花咲多さんは、去年3月の定年退職以降、預金を切り崩しながら生活をしていましたが、厚生年金を手にするようになり、「これで人並みの生活ができるかな」と話していました。今後は、孫とともに玩具店に行き、「おもちゃの2個買い」を楽しむ予定だということです。

【賞味期限切れのビールを飲む!】
奈良県のロマンチストあさきさん(54歳)が、先月、賞味期限から11か月経過したビールを飲んでいたことがわかりました。このビールは、あさきさんが去年4月に購入したもので、賞味期限は2016年12月と記されていました。あさきさんは、新しく始めた仕事で一定の成果を挙げられた際にこのビールを飲もうと決意していましたが、仕事が想像以上に難航したため、賞味期限の去年12月までに口にすることができなかったということです。しかし、その後、努力を続けたあさきさん。先月27日、ようやく目標を達成することができ、賞味期限から11か月経過したビールを飲むことができました。あさきさんは「感慨深い思いで飲みました。味なんか関係ありませんよ」と話しています。今のところ、あさきさんの体調に異常はないということです。ビールの賞味期限について業界関係者は、「安全性と品質が十分保たれる期限として余裕をもたせて設定しているが、期限を11か月も過ぎたものを飲むのはおすすめできない。これを聞いた他の方がマネしないようにお願いしたい」と話しています。

【ツイートデビュー!】
愛知県のこまこまさん(55歳)が、先月初めて「ごごラジ!」あてにツイートし、番組でメッセージが採用されました。採用されたのは、先月24日放送の「ゲーム想像と言葉」へのツイートで、多くの回答が集まる中、神門光太朗アナウンサーによってこまこまさんのメッセージが読み上げられました。こまこまさんは「息子の助けを借りて初めて参加したところ、神門さんに読んでもらえて感動に打ち震えました」と、「神門」と「感動」とをかけたダジャレをまじえてコメントしました。こまこまさんは、ことし、スマートフォンを初めて購入したのとあわせて、「デビューの年」と位置づけていて、スマホデビュー、ツイートデビューに続き、今月10日には東京ドームでのザ・イエロー・モンキーライブにも出かけ、「イエモンデビュー」も果たしたということです。 

【英検2級に合格】
静岡県の はらでぃあん同盟 さん(21歳)が英検2級の試験を受け、合格しました。はらでぃあん同盟さんは、高校時代から10回以上、英検2級を受験し続けてきましたが、ことし10月に初めて筆記試験を通過し、その後の面接試験にも合格しました。合格したことについて、はらでぃあん同盟さんは「長い道のりでしたが、あきらめなくて良かった」と話しています。このほか、はらでぃあん同盟さんは、10月に行われた保育士の筆記試験でも、全9科目中4科目で合格したということです。はらでぃあん同盟さんは、3年以内に、残りの5科目と実技試験にも合格したいと目標を立てています。

【10月に結婚】
栃木県のはっさく81(はちじゅういち)さん(29歳)がことし10月、結婚しました。お相手は12歳年上の41歳の一般男性で、交際期間は6年間でした。男性と同じ職場になった際に、はっさく81さんが一目ぼれしたことから交際が始まったということで、「出会ってすぐに、この人と結婚するかもと感じた。いわゆるビビビ婚ですね」と振り返っています。

【古希を祝う 花の旅】
京都府の南部稔枝(なんぶ・としえ)さん(70歳)は、ことし4月、高校時代の同級生4人とともに滋賀県彦根(ひこね)市を訪れました。これは、古希を祝う旅行で、彦根城の桜を見に行くことを目的にしていました。南部さんたちが彦根城を訪れたのは4月5日で、ちょうど彦根市での「ソメイヨシノの開花」が気象台から発表された日でしたが、南部さんたちは開花した桜を一輪も確認できませんでした。旅行を計画した南部さんは責任を感じ落ち込みましたが、友人から掛けられた言葉で救われたといいます。「桜の花は咲いていなかったけど、話の花がいっぱい咲いたからいいやん。楽しかった」南部さんは人の心のあたたかさを漫喫できた旅になったと振り返っています。

【公開生放送で感激】
香川県の皿盆(さらぼん)さん(41歳)は、NHKスタジオパークで行われた「ごごラジ!」公開生放送を観覧したほか、NHK高松放送局が制作するラジオ番組の公開生放送にも参加しました。この際、いつもはサスペンダー姿の瀬戸秀夫(せと・ひでお)アナウンサー(56歳)が、珍しく和服を着用しており、興奮した皿盆さんは「心臓が止まりそうになるくらい嬉しい」と、瀬戸氏とともに記念撮影をしたということです。

【詩集を買う】
奈良県の長風呂男子(ながぶろだんし)さん(16歳)は、ことし夏、書店で詩集を購入しました。長風呂男子さんが詩集を購入したのは初めてで、棚に並んだ淡いブルーのカバーにひかれ、何気なく手にとったということです。言葉が心のすき間に気持ちよく入ってきて、生まれて初めての快感を味わったという長風呂男子さんは、その後、夜、寝る前に詩を読む習慣ができたということです。長風呂男子さんは「ことしは詩やラジオを通して、言葉の持つ力に気づいた良い1年でした」と振り返っていました。

【ことしの漢字は「職」】
京都・清水寺(きよみずでら)で発表された「今年の漢字」は「北」でしたが、北海道のいろはにこんぺいとさん(48歳)のことしの漢字は「職」=職業のショク=でした。ことし11月に「ごごラジ!」のいきなり生電話企画で、いろはにこんぺいとさん自身の自動車関連の内職の話をしたほか、6月には夫が配置転換に伴い「ちょっとだけエラく」なり、9月には娘の就職が内定したということです。

【3世代18人で温泉へ】
東京都の斎藤一夫(さいとう・かずお)さん(70歳)は、ことし8月、山梨県の石和(いさわ)温泉へ出かけました。これは、斎藤さんの古希の祝いと結婚40周年を記念した旅行で、66歳の妻から生後3か月の孫まで、3世代あわせて18人が参加しました。旅行は、斎藤さんの39歳の長男など4人の子どもたちが企画したということで、1泊2日の旅行から帰ってきた斎藤さんは「ことしは特別良い年だった」と話していました。また、「火曜日の杜けあき様も好きだが、金曜日の高橋久美子様もグッド!」とも話していました。

【リュックサックを忘れる】
島根県のしんじ湖しじみさん(67歳)は、東京都内を走る電車に、リュックサックを置き忘れました。ことし夏、東京・羽田空港から千葉県の成田空港に電車で向かっていたしんじ湖しじみさんは、途中、乗り換えのため日本橋駅で降りました。海外旅行に向かうためスーツケースなど多くの荷物を携えていましたが、そのうちリュックサックを網棚に置き忘れました。リュックサックには飛行機のチケットを入れていたため、しんじ湖しじみさんはすぐに駅員に連絡しました。鉄道会社で調べた結果、30分経過したころ、リュックサックは無事発見され、しんじ湖しじみさんの元に返ったということです。しんじ湖しじみさんは「親切に対応してくださった駅員さんのおかげで、無事に旅行を楽しむことができました。ありがとうございました」と話しています。

【映画に出演!】
山口県のひらたまさん(52歳)が出演した映画が、ことし1月、劇場公開されました。映画は山口県でロケーション撮影が行われ、ひらたまさんはエキストラとして参加し、道路を歩くシーンがカットされることもなく無事上映されたということです。ひらたまさんは初めての映画出演に「飛び上がるくらいにうれしい体験でした。これからもいろいろなチャレンジをしていきたい」と、来年に向けて意気込んでいました。 

【ギネス世界記録を樹立!】
長野県のなをさん(41歳)が、「けん玉」でギネス世界記録を達成しました。

達成したのは「大勢の人が一斉にけん玉の玉を皿の部分に乗せる」という記録です。世界記録に認定されるには、参加者が一斉にけん玉を行い、250人以上が同時に、皿の部分に玉を乗せることが求められます。ことし10月、長野県上田市の小学校に、なをさんを含む あわせて400人以上が集まり、記録達成のために一斉にけん玉を行いました。その結果、目標の250人を大きく上回る312人が同時に皿に玉を乗せることができ、ギネス世界記録に認定されました。上田市での記録会の開催は、これで2回目でしたが、なをさんは初めての参加でした。記録認定証を手にした なをさんは「娘との良い思い出が増えました」と話していました。

【フラワーバレンタインに参加!】
花の栽培が盛んな埼玉県鴻巣(こうのす)市で、ことし2月、男性から女性に花束を贈るイベントが初めて開かれ、森田セツ子さん(78歳)が参加しました。鴻巣市は、日本一の広さのポピー畑があるなど花の栽培が盛んです。イベントでは4組のカップルが選ばれステージに上がりました。このうち森田さんは、「結婚は恋愛ですか? それともお見合い?」とか「結婚何年目ですか?」などの質問を受け、恥じらいながら答えたあと、バラ・カーネーション・カスミソウなどで彩られた大きな花束をプレゼントされたということです。森田さんは「イベント当日が私の誕生日だったので、二重の喜びとなりました」と話していました。

【大学時代の仲間に50数年ぶりに再会!】
富山のタイガースファンさん(73歳)は、先月、大学時代の仲間とおよそ50年ぶりに再会しました。タイガースファンさんは、平成26年、地元のウオーキング大会で歩行中に転倒し腰を痛め、およそ3年間にわたってリハビリを続けてきました。ことしに入り、少しずつウオーキングができるようになったことから、気力も高まり、先月、大学時代に所属していた富山大学工学部 準硬式野球部のメンバーと再会することができました。卒業以来、およそ50年ぶりの対面でした。タイガースファンさんは、「とても楽しい時間を過ごせました。ことし一番の出来事です」と話していました。

【東海道五十三次を歩き切る】
愛知県の泉原実(いずみはら・みのる)さん(66歳)は、ことし、「東海道五十三次」のルートを歩ききりました。泉原さんはおよそ500キロに及ぶ東海道を5つの区間にわけ、それぞれ3日から4日ずつ歩きました。すべてのルートを歩くのにはおよそ3か月間かかりました。のべ日数は18日間で、途中、宿場町の食べものを味わいながら歩きました。6月8日に東京・日本橋にゴールした際には、自宅のある愛知県から新幹線でかけつけた妻と、東京・板橋区に住む娘夫婦と食事を楽しんだということです。泉原さんは、2年前のホノルルマラソン完走、去年の琵琶湖自転車1周につづく快挙達成に、「来年は鹿児島県の屋久島に行きたい」と話していました。

【結婚55年!】
ことし4月15日、福岡県の入江タツ子さん(80歳)夫婦が結婚から55年を迎えました。入江さんは「エメラルド婚です。55年、よくもったなぁと感無量です」と話しています。 

【ストレスがたまり、イライラしています!】
石川県のシルクばあさん(67歳)は、ストレスがたまっています。ことし夏、シルクばあさんの夫は定年退職しましたが、ほとんど外出することもなく、朝から焼酎を飲み、1日2箱のタバコを吸うこともあるということです。シルクばあさんは「私は食事の支度と買い物だけで、楽しみもなくイライラしている」と話すなど、ストレスをためこんでいる様子です。しかし、シルクばあさんは、京都に紅葉見物に出かけたり、大好きなラジオを聞いたりして、ストレス解消に努めているということで、NHKラジオでは「マイあさラジオ」「すっぴん!」「ひるのいこい」「ごごラジ!」「ラジオ深夜便」がお気に入りだということです。

【女性の自宅に、突然、複数の女性が押し掛ける!】
今月、東京都に住む30代女性の自宅のインターフォンが鳴り、女性が応答したところ、「忘年会にお邪魔しました」と複数の訪問者が自宅に侵入しようとしたということです。これを受け、女性は、外出中の夫に電話をかけ、「たいへん!」と非常事態を知らせました。それと同時に、インターフォン越しに訪問者とも会話を続けた結果、この日、女性は自宅での忘年会を自ら企画し、訪問者たちはそれに招かれた客であったことが明らかになりました。つまり、女性が、訪問者たちを招待したことをすっかり忘れ、不審者扱いしただけだったということです。幸い、女性はパジャマ姿ではなく、迎え入れた客を作り置きのおでん でもてなしたということです。夫は、「また、妻がやらかしました。最近物忘れがひどく、心配しております」とコメントしました。(30代女性=高橋久美子氏であることが判明しました)

【Eテレに 助けられた!】
長野県の とろ さん (41歳)は、今年10月、これまで愛用してきた携帯電話、いわゆるガラパゴス携帯からスマートフォンに機種変更しました。はじめてのスマートフォンの操作に慣れることができず、とろさんは四苦八苦していたということです。この際、おりしも、NHK・Eテレの番組『趣味どきっ! はじめようスマホ』が放送されていることを知り、とろさんは、「なんとタイムリーであることか」と番組の視聴を始めました。その結果、「ごごラジ!」宛てのメールもいまではスマートフォンを自在に駆使して送ることができるようになりました。この2か月でスマートフォンを使いこなすようになったとろさんは、「さすがNHK」とヨイショともとれる発言をしています。なお、次回の『趣味どきっ! はじめようスマホ』は、今月18日午後9時30分から、第7回「SNSに初挑戦」を放送する予定です。

【57年ぶりに奈良と京都へ】
ことし9月、「きんの娘さん」の元に、1本の電話が入りました。電話の主は「きんの娘さん」の、ことし5月に亡くなった夫が独身時代に親交があった人で、現在は奈良に移り住んでいるということでした。「奈良に来て欲しい」と誘われた「きんの娘さん」は、姪(めい)とともに11月、奈良に出向きました。奈良では、その人が描いた絵を鑑賞したほか、奈良公園の散策を楽しんだということです。翌日は修学旅行生で賑わう京都観光も楽しんだという「きんの娘さん」は、「1本の電話から、思いがけず57年ぶりに奈良と京都に行くことができました」と感慨深げでした。

2017年12月15日(金)私の1枚「師走といえば~贈り物編~(お歳暮・おもてなしなど?)」②

29岩手県・だん吉さん20171215164423.jpg

高校入学祝いに、今亡き父が買ってくれたものです。45年前のものです。さすがに動かなくなっていたのでしたが、 10数年前に時計職人のいとこが修理してくれて、今も動いています。クオーツではない、自動巻の腕時計です

28群馬県・さんにんのかあちゃん20171215164455.jpg

幼稚園から帰宅した次女からの贈り物。私は、甘いものが苦手なので、大量のアイスクリームを折り紙で作ってくれたそうです。うれしいな!ありがとう!

27埼玉県・にゃおさん20171215145313.jpg

今年頑張った自分へ自分で作ったクリスマスの飾りです。処分しようとしたクリスマスグッズが生まれ変わりました~。

26岡山県・アンチ・メジャーさん20171215140550.jpg

10年前に父が亡くなり母が一人で寂しそうだったので、”猫”をプレゼントしました。その母も4年前に亡くなったので、今は私が猫の世話をしてます。

25福岡県・たまごのきみこさん20171215134407.jpg

嫁さんが届けてくれた3人の孫の手形で作ったクリスマスツリーの絵?(オブジェ?)です。3人の大きさが感じられて見ているだけで笑顔に。子供たちが家を出てからクリスマスらしいイベントも飾りもしなくなった我が家でしたが 久しぶりにクリスマスらしい玄関になりました。

24岩手県・フニフニさん20171215133905.jpg

誰からプレゼントされたかは秘密!「起きるなりー!」と言って起こしてくれます!

23三重県・坂キョンさん20171215134000.jpg

もう36年も前かしら?  お付き合いしてた頃もらいました。背丈が50センチの大きなペンギンちゃんと共に お嫁に来ました。息子も幼い頃よく格闘してました。今も部屋の棚の上から 見ています。主人には 聞けないけど、クリスマスプレゼントだったかしら?それとも 年が明けてからの私のバースデープレゼントだったかしら?

21愛知県・ピクルスさん20171215132611.jpg

友人から、ゆずをたくさんいただきました。ナマスを作ったり、お風呂に入れたり、ちょっと皮をむいて玄関に。ゆずの香りが漂って、癒されています。

20福島県・育休中のどらねこどんどんさん20171215132644.jpg

一歳になった娘へのクリスマスプレゼントは、お母サンタの作るフェルトの野菜、果物などの詰め合わせ。夜な夜なお母サンタは、チクチク夜なべ中。

19香川県・皿盆さん20171215132652.jpg

さっき、みかんの産地三豊市の叔母が持ってきてくれました。なお、この立派なみかんは明日の法事の御供えになる模様。

18静岡県・静岡のカニ取り爺さん20171215131642.jpg

ただいま、カニ取りシーズンです。画像だけで、すみませんねえ~  美味しいですよ… 

17福島県・猫の名前はエマ太郎さん20171215125306.jpg

結婚前、スノーボードに行くために手作りケーキと一緒にいただいた手袋です。まだバタバタで2回ほどしか使ってませんが大事にします。

16富山県・わたなべあきこさん20171215123732.jpg

12月に誕生日を迎えた友人に、クリスマスプレゼントも兼ねて贈ったウサギです。羊毛フェルトをカルチャーセンターで教えてもらいました。来年は犬年なのに、なぜ?って感じですが、かわいく作れて友人も喜んでくれました。

2017年12月15日(金)キラキラネームは官職から!?

居島一平さんDSCN9121.JPG

「主税」とくれば大石内蔵助の息子で赤穂義士の一人大石主税良兼を連想しますよね。
そもそも「主税」とは何を意味しなぜこの字でちからと読ませるか?
もともとは平安時代の朝廷の官職名「主税寮」から。
当時の税金はお米、お米は民の力、ゆえに田租(主な税)を「ちから」と呼ぶそうです。

 

2017年12月15日(金)列島リスナー リレーニュース

みなさんのニュースは おまかせくださいfutari1215.JPG神門キャスター1215kando.JPG高橋キャスター1215kumikosan.JPGコメンテーター飯塚1215iiduka.JPGnews1215.JPG今、入ったニュースですnomuraana1215.JPG野村正育アナウンサーに伝えていただきました。nihonntizu.jpgまたやるかもしれない…osimai.gif

2017年12月15日(金)クミメシ~3時のお昼~

kumimeshi01215.jpgきょうの愛夫弁当は何かな?1215kumimeshi.JPGおいしそうです。kumikomeshi01215.gifありがとう1215kumimeshii001.JPGサラメシスタッフさん、こんな夫婦物語どうですか?

2017年12月15日(金)列島リレーな金曜日!

久美子さん きょうの1枚1215kumiko01.JPG名古屋城もらっちゃった

今週は画像投稿ウィーク!
「師走といえば~贈り物編~」

2時台は「高橋久美子の旅をすみかとす」
「ウィンタースポーツの旅」だよ。

3時台はTwitter5000フォロワー達成企画!
「列島<リスナー>リレーニュース」
あなたの今年の出来事をニュース風にアレンジをしてお伝えします

キャスターの高橋久美子ですhirahira02.JPGヒラヒラ着てきましたのよDSCN9098.JPG背中も見てくださ~いhirahira03.JPGみんなのニュース読んじゃうわよ

4時台は居島一平さんの「ニッポン☆歴史再発見」
「キラキラネームは官職から!?」 

5時前まで久美子と神門でお送りします

2017年12月15日(金)私の1枚「師走といえば~贈り物編~(お歳暮・おもてなしなど?)」①

15山梨県・むーむーさん20171215114920.jpg

見栄えの良くない写真ですが、編みかけのセーターです。娘に贈ろうかと思っていたのですが、袖(そで)はおろか身頃(みごろ)も途中。これではクリスマスプレゼントではなく、4月の彼女の誕生日に間に合うかな?

14石川県・ねこ山ねこ太郎さん20171215113618.jpg

クリスマスの前倒しで、ダンナさんからいただきました。革製品のリュックサックです。とても使い勝手のいいバックで、お気に入りです。使いこむうちにいいあめ色になっていくそうです。もともとリュック派なのですが、なかなか A4サイズの入る気に入ったのが無くて、今はとても楽しく使わせていただいております。

13福島県・ふくちゃん20171215105843.png

これから遊びにくる四歳の孫娘へのプレゼントです。孫娘へとつくり始めたのですが作ることが楽しくなりました。次の雪だるま製作が楽しみ。今年の冬 雪だるまを何回作るのかしら?ウフッ(チャームポイントはつけまつげとほっぺ)

12愛媛県・お兄ちゃんと双子のパパさん20171215104851.jpg

師走の贈り物と言えば、やっぱりこれ!「サンタさんのプレゼント」。我が家では、これまで16回連続でサンタがやって来ましたよ。サンタさん!今年のクリスマスはどうしましょうか?

11熊本県・しゃおんさん20171215110231.jpg

2年前のクリスマスに、彼女にベルリンの壁のカケラをプレゼントした事があります。自分の場合は遠距離なので、そういう問題だったり、色んな壁を乗り越えようという意味で贈りました。本物かはわかりませんが、オークションでもまだ手に入ると思いますので、普段のプレゼントに加えて、メッセージと共に贈ると、変わった感じで喜ばれると思いますよ。

10岐阜県・麻婆豆腐カレーさん20171214222800.jpg

師走といえば僕の誕生日がありまして、仕事から帰ると息子が手紙を書いててくれました。
「おとうさん いつものおしごとがんばってくれてありがとう でもきょうわおとうさんのたんじょうびだから きょうたのしみにかえてきてね おたんじょうびおめでとう(原文ママ)」
幸せです。

9愛知県・ろすとまんずさん20171215011616.jpg

祖父から成人式を控えた年末にもらったお酒のボトルです。中にはウイスキーが入っていたのですが私はボトルの方にしか興味がなく、お酒もあまり好きではなかったのでふたを開けた瞬間「くっさ!」と言ってジョボジョボと中身を流して捨ててしまいました。お酒の味が分かるようになった今ではこのボトルを眺める度に中身を残しておけば良かったなーと後悔しています。

8石川県・全自動車さん20171215020914.jpg

我が家の冷蔵庫です。11年前の今頃、私が家族にプレゼントしました。今年の夏に製氷機能に不具合が出て、チルド室の温度調節も怪しくなってきました。今年度中に買いかえる予定です。家族は私が買った事を覚えていません。少し悲しいです。

7鳥取県・わかばさん20171215115510.jpg

毎年師走に届く山盛りのジャガイモです。娘が帯広の大学在学中に実習でお世話になった牧場で作られた物です。紅白で、レッドムーンと北あかりです。20キロ以上ありますね~。毎年富有柿を贈るのですが、それ以上に頂いています。このジャガイモを使って、娘の好きないも餅を作って、と片栗粉も入っています。いつもありがとうございます。

6北海道・あのねさん20171215085142.jpg

マフラーの贈り物もらって良かったね。函館にあるパブリックアートのひとつ『ぼくたちの旅』。

5北海道・いろはにこんぺいとさん20171215085420.jpg

我が家にオホーツク海から毛ガニがやって来ました。ありがたや、ありがたや??!!でも今すぐには食べないで、お正月に夫の実家への手みやげとして持参しみんなで食べようと思います♪

4群馬県・はるなのこまちさん20171215093525.jpg

今年も福井からカニのお歳暮が届きました!!家族8人でおいしくいただきました!

3長野県・小林聖子さんkiyokosan.jpg

師走のこの時期、私は、自家製のフジリンゴ、シナノゴールド、長いも、干し柿、りんごジャム、栗の渋皮煮、はちみつ、野沢菜、大根漬けなど、信州の味を箱に詰めて知人や友人に信州宅配便と称して送っています。信州を離れ都会に住む人は毎年心待ちにしてくれています。

2長野県・おーさん20ss1712122024sd39.jpg

師走の贈り物、お歳暮といえば「りんご」だとりんご農家の私は勝手に思い込んでいます。最近は写真のようなりんごも登場しました。赤い果肉が目をひくのはもちろん、食べても非常においしいです。この果実はサンプルとしてのもらい物ですが、今年苗木を植えて栽培を開始しました。赤い果肉色をきれいに出すには課題も多く、栽培は一筋縄ではいかないんだろうなぁ、と思いますが数年後いい果実がとれるように、販売できるように小さい農家ながら挑戦できればと思います。

1愛知県・たましまづまさん20171211140635.jpg

娘が2人とも12月生まれです。上の娘が1歳の誕生日を迎えた時にミニピアノを贈りました。今年、下の娘が1歳になったので色違いのミニピアノを贈りました。

このページのトップへ