ごごラジ!ブログ

2016年6月27日

2016年06月27日(月)リオ!

中原仁さん627nakaharajin.JPG

ブラジル音楽を長年にわたって日本に紹介してきた第一人者。現地でのレコーディングやコーディネート、イベントなどの企画プロデュースの他、日本のFM局でラテン音楽の専門番組を制作するなど、多方面に渡って活躍されています。

中原セレクション

1「ジェット機のサンバ」(ミウシャ&アントニオ・カルロス・ジョビン)
2「マンゲイラ讃歌」(コンジュント・ア・ヴォス・ド・モーホ)
3「カリオカの夜」(ジャコー・ド・バンドリン)
4
「私のカナリア」(マリーザ・モンチ)
5
「フェリシダージ」(セウ・ジョルジ)
6
「チキ・タキ」(アルベルト・コンチネンチーノ)
7
「タンボール」(フェルナンダ・アブレウ featuring アフリカ・バンバータ)

kaorijin0627.JPG

 中原仁さんありがとうございました

明日は稔幸さんとお送りします。
火曜プレミアムトークのゲストは講談師の神田鯉栄さんです。
お楽しみに~

2016年06月27日(月)「終活」を考える

金子稚子さん627kanekowakako.JPG

リアルボイスでは2週に渡って「終活」を考えます。金子稚子さんは、2012年に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さんの奥様

終活ジャーナリストでライフ・ターミナル・ネットワーク代表の金子さんは、「死ぬことと、生きることは、同じ」という考え方のもと、死に関するあらゆる情報提供とサポートをしています。
 終活で、まず、すべきことは、最期の医療を選択すること。そのためには、現在の終末期医療や緩和ケアがどうなっているか、知らなくてはいけないし、自分の意志をどのように伝え、残すか方法も考えなくてはいけません。必ずくる「その時」に、慌てず対応するためにも、心の体力のあるうちに始めるのがベターです。「終活」について、お聞きになりたいことがある方は、ぜひメールで質問をお寄せください。

2016年06月27日(月)嫌われる勇気

岸見一郎さん627kisimiichiro.JPG

今、空前のブームとも言われるアドラー心理学の第一人者として、2013年12月に『嫌われる勇気』を共著で出版。今年は、続編ともいうべき『幸せになる勇気』を2月に出版。電子書籍『生きる勇気とは何か』『人生に悩んだらアドラーを読もう』を発表されています。627kisimi.JPG

 番組の最後で、山口さんが尋ねた「岸見さん、今、お幸せですか」という質問に、「幸せです」と即答した岸見さん。「幸せじゃない人の話を聞いても、説得力ないでしょ?」と穏やかに笑顔でおっしゃいました。アドラー心理学が日本でブームになってまだ三年ですが、それに先立つ数十年、研究とカウンセリングを続けながら、私生活でも、子育ての場面、介護の場面などで実践されてきたから、どんな質問にも揺らぐことがないのですね。
どんな人間関係でも、いつでも「はじめまして」の気持ちで、「過去を手放して、今に集中することで、もっとよい関係にしていこう」~このように考えれば、「変える勇気」を持つことができるかもしれません。

2016年06月27日(月)元気ですか?

山口香さんgenkikando0627.gif元気ですよkaorikando0627.gifおたよりテーマは
「私の元気の素!」

2時台のゲストは、今話題のアドラー心理学を日本に広めた哲学者の岸見一郎さん。

3時台後半の「リアルボイス+(plus)」のテーマは『終活』。葬儀などご自身の死後の準備を全部整えて2012年に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さん奥様、金子稚子さんを迎えします。

4時台は月イチ企画「音楽の日スペシャル!」。音楽プロデューサーの中原仁さん。リオをテーマにトーク&音楽カーニバル!

5時前まで元気にいきましょう!kaoriyamaguchi0627.JPG

このページのトップへ