ごごラジ!ブログ

2019年03月12日(火)ご当地お菓子物語 3

ご当地グルメ見聞録 パート2
「バター餅」(秋田県)
090shkaaa.jpg

もち米を一晩水に浸したものに、バターや小麦粉、砂糖・卵黄などを加えたお菓子。

005akitaokashi.jpg「チーズまんじゅう」(宮崎県)0909shioman.jpg

宮崎県内で200店以上の店で販売。誕生は1980年ごろ。宮崎県小林市が発祥。県内の和菓子店、洋菓子店、お店ごとに特徴がある。最近はマンゴーやチョコなどのアレンジを加えたものも。出るなど、現在も進化中。

006okashi.jpg「塩あんびん」(埼玉県)007okashi.jpg

埼玉県北東部の農村に昔から伝わる郷土餅菓子。砂糖を一切使用せず、塩だけで練り上げた小豆あんをお餅で包んだもの。砂糖が貴重な時代に小豆本来のうま味を塩で引き出すという、昔の人の知恵から生まれたもの。

syokuninsan.jpg312tsumamiii.JPG0909okashiii.jpg松本さん ありがとうございましたarigato0312.JPG