ごごラジ!ブログ

2019年02月13日(水)「食パンの美味しい食べ方」&「パン用語」レクチャー!

002ikedapan.JPG▼食パンを美味しくトーストするには
・火力が強い道具だと時間で焼けて、水分出ていきにくく美味。
・高価格トースター以外にも、魚焼き用グリルも火力強い。
・ガス火で網焼きも少し焦げてスパイスになって良い。
・切り込み入れてからトーストすると、簡単に裂けて食べやすい。カリカリ部分増える。     
・縦に2分割すると側面が増えて新たな「耳」誕生。
・スティック状に切ると、パンが苦手な子供でも食べやすくなる。
・切り方ひとつで味わいが変わる。00222idesa.JPG

▼池田さんオススメ、食パンアレンジ 
・刻んだキャベツやお好みの野菜、ベーコンを「チューブ入りニンニク」と「チューブ入りアンチョビ」で炒め、胡椒やお好みでワインを加えて仕上げ、トーストに載せて。

▼あなたは知っていた? 新顔「パン用語」

「リュスティック」
水分量の多い生地を切り分けた後に形を整えることをしないですぐに焼いたパンのこと。「Rustique」はフランス語で「粗野」「素朴」「野趣」という意味。

「ヴィエノワズリー」
パンと菓子の中間的ジャンル。鶏卵やバター、牛乳、クリーム、砂糖などを使ったパン。「Viennoiserie」はフランス語で「ウィーン風」「ウィーンの」という意味。ウィーンで昔から作られてきた、デニッシュやブリオッシュのこと。

「リーン」
牛乳、バター、生クリーム、油脂、砂糖が入っていないか少ししか入ってないパンのことを「リーンなパン」と言う。色々なおかずと合い、飽きずに毎日食べられるので、食事用に良い。食パン(ハードトースト)、フランスパン、ライ麦パンなど。rrrrrriiiinnnn.JPG