ごごラジ!ブログ

2019年01月09日(水)日本茶の魅力を発信中! 茂木雅世さん

茂木雅世さん09mokisan.JPG「急須でお茶をいれる」ことの魅力を発信しています

099kyuusu.JPGティーエッセイストで煎茶道東阿部流師範の茂木雅世さんが語る、日本界隈のトレンドは・・・

▼日本茶カフェ、出店ラッシュ!
・3年くらい前から増加中。
・1杯ずつ目の前でドリップ式で淹れてくれるスタイルや、ビールのような泡が載ったドラフトティーなど、個性的なお店も目立っている。
・昔からの「お茶屋さん」でない、アパレルやインテリア、デザイン会社などの出店も多い。

mokisanocha001.JPG▼おいしいお茶のいれかた♪
・お湯を冷ます
種類にもよるが、ちょっといいお茶だったら70度~80度。
玉露とか高級なものは50度くらいをオススメ。
・急須を揺らさずに置いておく 
急須を揺らすと、雑味、えぐみが出やすい。
・ピョコピョコ切りながら注ぐ 
最後の一滴に美味しさがあるので、出し切って。
最後に水分を出し切らないと、茶殻が急須に張り付いて捨てにくいという理由も。nomukaho.JPGnomikando.JPGmokisan990.JPG

▼シチュエーション別にお茶を選んでみよう!
・「胃がもたれる」「ちょっと胃が痛い」という人に⇒ほうじ茶
・二日酔いの人や喉が痛い人に⇒上級煎茶や深蒸しのお茶を濃いめに
・大事な会議など、メンバーに気合を注入したいときに⇒エスプレッソ風煎茶001espcha.JPG

▼コンビニスイーツとのペアリングもオススメ!
・こってりシュークリーム×深蒸し茶を濃い目で 
・ポテトチップス×玄米茶 
・チョコレート×ほうじ茶022chocook.JPGhoujicya09.JPG

▼”香り”に特徴ある日本茶が注目されています
・数年前から「ほうじ茶」ブーム。若い人は香り強いものを好む傾向。
・最近では、桜餅風やマスカット風の香りがする品種なども人気。
・茂木さん注目は「和紅茶」。これまで煎茶のみだった茶農家が紅茶にも参入中。
・茂木さんイチオシは「いり番茶」。茶葉を炒って作った超スモーキーなお茶。なかなか個性的な香りだが、実はカフェインもカテキンも少なくて優しい。