ごごラジ!ブログ

2016年04月14日(木)集まれ!オトコめし部

 きじまりゅうたさん(副部長)kijima414.JPG

とんかつのレシピ
■材料(2人分)

豚ロースとんかつ用:2枚 
千切りキャベツなど:適量 
揚げ油:適量 小麦粉:適量 パン粉:適量 
A 塩:小さじ1/4 胡椒:少々
B 卵:2個 水:大さじ1 
C とんかつ用ソース:適量 
  塩:適量 カットレモン:適量
  溶きがらし:適量

作り方
1. 豚肉の両面を包丁の背で軽く叩き、肉の繊維を柔らかくする。
2. 肉の脂身と赤身の間にある筋を包丁の先端で切る。
3. 豚肉の両面にAを振る。
4. Bの卵を解きほぐして水を混ぜる。
5. 豚肉に小麦粉をまぶしつけて余分な粉を払い落とす。
  続いて4.の卵液を絡めてパン粉をまぶしつける。
6. 再度卵液をくぐらせ、パン粉を多めにまぶして軽く押さえる。
  そのままパン粉が馴染むまで10分ほど置く。
7. 揚げ油を揚げ鍋の3cmくらいまで注ぎ、160℃に熱する。
   肉を入れて3分ほどしたら裏返す。
8. 更に2分ほどしたら、一度火を強め、きつね色になるまで1〜2分揚げる。
9. 取り出して1~2分ほど置いて油をきり、食べやすい大きさに切る。
   千切りキャベツなどを添え、Cの調味料を好みでかける。

調理のポイント

①お肉は冷蔵庫から出してすぐではなく、常温にしておくと良い。
・指先で触ってヒヤッとしない程度に。 ・夏場に出しっぱなしにするとダレて水分出やすくなるので注意。
②お肉は「スジ切り」をキチンとすれば、揚げたときに反らない。
・「肉叩き」で繊維は叩き切れるが、筋は包丁で切らないと切れない。
・2本指で触診して固い所に包丁を縦に入れて筋を切る。ピンク色の部分と脂身の部分の境目には筋多い。
③下味の塩が、脂身の甘みを引き立てる。
・下味はシンプルに塩と胡椒。・塩をシッカリめにすることで脂が甘く感じられる。
④パン粉を付けてから5分くらい置いてから揚げると、衣がはがれにくくなる。
・ドライパン粉を付けてから5分くらい(触ってみると潤い感じる程度)置いてから油で揚げる。
・生パン粉を使う場合は、まとわせてすぐに揚げてもはがれにくい。
⑤揚げ終わってから1~2分落ち着かせてから切ると、ジューシーさがキープできる。
・肉汁が中で落ち着くので、切手も外に流失しない。 ・余熱で火が通るので生のリスクも減らせる。

igawatonkatu.gif井川部長 絶賛!

本日結成 オトコめし部DSCN0155.JPG

 入部者募集中