ごごラジ!ブログ

このブログについて

2017年05月04日(木)オンナnoミカタ9:マエノリ流・エイジレスファッションの心構え!

3shot.JPG

●朝起きたら白湯を飲む→体温を下げないため

●野菜(温野菜も)、お肉を中心に!

●もちろん運動も!

●何が何でも最新ファッションを取り入れる必要は無い。
→ベーシックなファッションに今年の色や小物を取り入れてみる

●姿勢が良い人ってそれだけで若々しく見える。
→ファッションの着こなしも素敵に見える。

●若々しいと若作りは大きく違う。 

●アラを隠すための厚化粧は逆に老けて見えるのと同じで
ファッションもやりすぎは禁物。 

●頑張りすぎてない、自然体で、でも子供っぽくなく品がある。

●アラフォー以降は引き算上手に。
適度な肌見せで抜け感を作る。3首(首、手首、足首)出し。

●肌の露出もTPOをわきまえて。


DSCN8881.JPG前田さんがスタジオに持参してくれた切りっぱなしデニム
DSCN8870.JPG 

denimu1.JPG切りっぱなしデニム1
denimu2.JPG切りっぱなしデニム2
眠っていたデニムの裾に思い切ってハサミを入れたら今年復活!

DSCN8871.JPG今日のブルボンヌさんはガウチョ
ボトムスにワイド、ボリューミーなものが引き続き流行中。
トップスは短丈やコンパクトなシルエットのものが似合います。

gaucho.jpegワイドパンツ ガウチョ
gaucho2.JPGワイドパンツ ガウチョ(色違い)

DSCN8867.JPGDSCN8865.JPG

ゲストの前田さんはフレアーボリュームスカートで登場。
サッシュベルトもポイント!
ロマンティックなボリュームスカート。
女性らしいアイテムが流行。

DSCN8874.JPG村上アナはビックシルエットのトップスと
ガウチョの合わせ技!
上半身がビッグシルエットなら
下半身は細身のパンツがいいバランス。
体型カバーしたいけどビック×ビッグは大きな人に見えがち。
どうしてもと大きめサイズを着たいなら
Vネックにするのがオススメ!!

big2.jpegビッグシルエット+変形カットソー

big1.jpegビッグシルエット
シャツワンピをコート風に

hadesuka-to.JPGのサムネイル画像

派手カラープリーツスカート+サッシュベルト+かごバッグ

 

2017年05月04日(木)オンナnoミカタ9:始まります!

オンナnoミカタ第9回のテーマは
「アラフォーだからこそ考えたい“エイジレスな生き方”」

DSCN8886.JPG番組MCは女装パフォーマーのブルボンヌさん
DSCN8884.JPGゲストはファッションモデルの前田典子さん
DSCN8889.JPG進行はもちろん、年齢はアラフォー、気持ちは20代、
村上由利子アナウンサー!!

2017年02月11日(土)オンナnoミカタ:また次回!

DSCN4806.JPGまた次回お楽しみに~

2017年02月11日(土)オンナnoミカタ8:育毛レシピいただきま~す!

DSCN4803.JPGDSCN4802.JPGDSCN4800.JPGDSCN4804.JPGDSCN4801.JPGDSCN4796.JPG

2017年02月11日(土)オンナnoミカタ8:薄毛の原因は、"AGE"と"活性酸素"にあり!

「AGE」(終末糖化産物)

※タンパク質と糖質が結びつき、タンパク質が劣化した物質。

※頭皮にAGEが蓄積すると頭皮が老化し薄毛の元凶となる。

※(糖質の過剰摂取)白米、うどん、ラーメン等の食べ過ぎ。

 例:ラーメン・ライスといった組み合わせ。

※「揚げる」「焼く」よりは「蒸す」「煮る」「生」の方がベター。

「活性酸素」

※本来は、強力な攻撃力でウィルスや細菌を退治する役割を担う。

※必要以上に発生すると、健康な細胞まで犯し老化や病気の原因となってしまう。

※髪を作る毛母細胞と頭皮の血行の両方にダメージを与える。

※ストレスはもちろん、タバコや食品添加物、大気汚染、電磁波、

 AGEも体内の活性酸素を増やす。

→何か良い方法は?

白い主食を控えめにしてAGEの発生を抑える。

お米なら白米より玄米。 うどんよりお蕎麦を選ぶ方が良い。

おかずの調理法も「揚げる」「焼く」より、「蒸す」「煮る」「生」がベター。

活性酸素の発生量を抑える。

※毛髪は「森」。頭皮は「大地」。どちらにもダメージを与える活性酸素。

※活性酸素を減らす為に最も有効な手段は、腸内細菌の活性化!

※近年の研究で、腸内細菌には、活性化酸素を消す強力な抗酸化力が

  あることが分かってきた。

※具体的には、腸内細菌のエサとなる、海藻類、キノコ類、ダイズ、青魚、

  玄米などをたっぷりと摂取してあげること。

 →2つとも食事の工夫により改善される!

後半は検見崎さん育毛食をご紹介していただきます!

このページのトップへ